語学・言語学

TOEICで920点を取った医師の英語勉強法

英語や英会話は苦手だった医師が、バイリンガル実験、医学トピックなどからヒントを得て独自の英語勉強法を編み出し、超多忙の中TOEICで920点を取るまでに!さてその英語勉強法とは?

全て表示する >

Happy New Year!

2005/12/31

---------------------<PR広告>--------------------------
★年内販売終了お急ぎください。

「一年間でネイティブの英語感覚を手に入れる方法」

たった一年間でどうやってネイティブの英語感覚を手に入れる
ことができるのか?その秘密がついに封印・・・。

12月31日で販売終了!

http://mo-v.jp/?3b5a ←今すぐクリック

---------------------<PR広告>----------------------------

*************************************************************
  ★メールマガジン:TOEICで920点取った医師の英語勉強法★
                                       
                              著者・文責:Dr.Teruki 
                  

●Dr.Terukiの英語勉強法無料レポートはこちらから 

→ http://www.1englishdoctor.com

**************************第31号******************************

こんにちは、Dr.Terukiです。

今回のメルマガ、タイトルが "Happy new year" って?
まだ大晦日だよ、31日だよ・・・?

そう思った方もいらっしゃるかと思うので説明しますね。

もしあなたがそう思ったなら、あなたは

Happy new year=「あけましておめでとう」

だと思っていませんか?

そうですよね、年賀状なんかにも"Happy New Year" を
「あけましておめでとうございます」とか「謹賀新年」
と同じ感覚で書くのでそう思ってしまう人が多いようです。

でも、それは私がずーーーっと言っている、英語の範囲と
日本語の範囲を混同してしまっている例のひとつです。

Happy New Year! 

は、主に年明け2、3日前から年明け2、3日、から1週間くらいかな、
それくらいの時期に使う言葉です。

早ければクリスマス辺りからも使います。

だから、クリスマスソングで

We wish you a merry Christmas and a Happy new year.

という歌詞があるのですね。

海外からのクリスマスカードに

Happy new year!

も一緒に書かれていて驚く方もいるのではないでしょうか?

なぜこのようになるかと言うと、英語の

Happy New Year!

は日本語でいうところの

「あけましておめでとう」

「良いお年を!」

の両方を範囲として含んでいるからです。

どちらかだけで覚えていたら、混乱しますよね。

じゃあ、"Happy New Year"を

「良いお年を」と「あけましておめでとう」

でどちらも覚えておかないといけないのでしょうか?


そうではありません。

Happy New Year の感覚はあくまでHappy New Year で覚えないと
どうしようもないのです。

説明しますね。

"Happy New Year" = 「あけましておめでとう」+「良いお年を」

ではなく、ちょっとややこしい書き方をすると

"Happy New Year" =「あけましておめでとう」+「良いお年を」 +α −β

です。

「+α」は、日本語の上記2つの意味(感覚)に加えて別の意味(感覚)もあると
いう事。

また「−β」は日本語の「あけましておめでとう」「良いお年を」でしか
言い表せない、つまり"Happy New Year"では言い表す事のできない
意味(感覚)もある、という事です。

つまり、全く別の表現、別の感覚です。

英語を学習する時は、その感覚をつかむように
勉強しないと、どうしようもないのです。


以前からずっと言っている
英語の"green"と日本語の「緑」が違う!という例も

"green" = 「緑」+α、−β

と考えてください。
 
英語のすべての単語、全ての表現でこの「ズレ」が起こっているとすれば、
一般的な英語勉強法では短い文章ひとつ読んだだけでもネイティブの理解とは
相当理解が「ズレ」るのです。

ここをしっかりしなくても、一般的な勉強法でも、TOEICで800くらいまではいくかもしれません。特にTOEICは選択式なので、もっと取れてしまうかもしれません。

でも、それで本当にネイティブとコミュニケーションがちゃんと取れるかと言えば、
答えは

No!

でしょう。 

TOEICで点が取りたいだけなら私の勉強法は必要ありません。
しかし、本気でネイティブとコミュニケーションが取りたい、
本気で英語をマスターしたい、という場合は、絶対に必要なやり方なのです。

今年最後の記念に私のe-bookを手に入れてみようかな?
という人はこちらからどうぞ♪

http://www.1englishdoctor.com 

それでは、今年はここまでにします。
良いお年をお迎えください。

Teruki

以下は英語と関係ないですが、私のサイトです :-)

ステップメールとメールフォームが同時レンタルで「無料」
http://www.stepform.com

***********************************************
●発行者      Dr.Teruki
●Webサイト   http://www.1englishdoctor.com
●お問合せ    info@drteruki.com

英語勉強法無料レポートを申し込まれた方は、メルマガの
代理登録が条件となっております。「このメルマガ申し
込んだ覚えないんだけど」という方は、無料レポートを
申し込まれてないか、ご確認くださいね。

購読解除はご自分でお願いします。
上記アドレスは解除を受け付けるアドレスではありません。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-05  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。