出産・育児

親子で楽しもう!幼稚園ライフ!!

この春から我が子が幼稚園!毎日ハラハラ・ドキドキの日々がつづきそう。でも一緒に幼稚園を楽しめば!なんだかとってもいい生活を送れそう〜。幼稚園についてや我が子の幼稚園生活も綴っていきたいと思います。これから幼稚園選びの方も必見かも!

全て表示する >

親子で楽しもう!幼稚園ライフ!!

2005/09/22

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

          
      親子で一緒に楽しもう!幼稚園ライフ!!
                            

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【目次】

・ご挨拶
・モンテッソリ教育とは

********************************

挨拶

こんにちは!みなさんいかがお過ごしですか?
管理人のメグです。

あっという間に長いと思っていた夏休みが終わりました〜。
子供たちも幼稚園が始まって、喜んで行く子。
その反対に嫌がる子・・生活リズムが崩れてなかなか朝起きれない子。


でも幼稚園に行くと優しい先生がおり、友達が居て
「楽しかったぁ〜」と言って帰ってきました。
普段の幼稚園の生活リズムに戻るまでは少し時間がかかるかもしれませんが
それまで、何とか優しく送り出せるようにしてやりたいと思ってます。


9月に入り、私立の幼稚園では見学会などの案内が出始めますね。
来年入園される方は、いろいろ調べてられる最中ではないでしょうか?
じっくり検討されて、見学会も是非参加してお子様に合う幼稚園が
見つかるといいですね。


では!はじめます!



----------------------------------------------------
パートを探しても時給700円でした。
いくら頑張っても月に5万くらいでした。

だから何とかして収入を増やしたかった
パートの収入以外にあと少し収入があったら・・
と思って始めました。

今まで何のプレゼントも買ってやれなかった娘に
ピアノを買ってやれました〜〜。
楽しそうにしている娘を見て
私は涙が出るほど嬉しかったです♪♪


http://f50.aaa.livedoor.jp/~lltrick/naop/


----------------------------------------------------

*******************************

[モンテッソリ教育とは?]


前回のシュタイナーに続きこちらも最近かなり関心をもたれてる方が
多いのではないでしょうか?

この教育はイタリアの女医マリア・モンテッソリさんが
知恵の発達の遅れている子供の教育を研究していく中で
その教育法が健常児にも効果的なことに気づいて
「児童の家」という用事の教育施設を開設したことが
始まりと言われてます。

なんと日本では大正時代にすでに伝わっていたらしいですよ。
戦争中はさすがにその教育はできなくなったそうですが
戦後の自由な思想の時代になり、モンテッソリ教育が
各地で実践されるようになったそうです。

その教育精神は
「幼い子供の自発的活動を尊重し、整えられた環境のもとで
 子供の無限の可能性を伸ばそうとする試みる教育    」
だそうです。

その整えられた環境とは子供の発達に合わせた環境・集中できる
環境を整えて支持したり、命令するのではなく
子供自身が自発的に自己教育をするのを可能にさせる教育。
これがこの教育のアウトラインです。


私もこのモンテッソリ教育を取り入れてる幼稚園に見学に
行って来ました。
その時の感想を私個人の意見ですが書かせていただきます。

モンテッソリ教育の幼稚園はたいてい「こどもの家」と
呼ばれていて、親しみやすく、総人数もわずかで教師の目も
届くので安心です。
異年齢の混合保育(縦割りですね)なので兄弟の少ない子には
良いと思いました。

一歩園に入ると、すべてが子供たちが興味を抱くように
作られてました。
教具がきちんと5つの分野に分類されており
「日常生活の練習」
「感覚教育」
「数の活動」
「言語の活動」
「理科や社会の分野の活動」
に分かれています。
全部手にとって触ってみたい!と思うようなものばかりでした。


子供たちはどれもとても楽しそうに作業してました。
先生方は一切指示する言葉を言われません。
子供たちもあまり質問をしません。
友達や年齢の上の子の真似をしたり、助けてもらったり。
すべてにおいて一生懸命でした。
これが自由教育なんだなぁ〜と実感しました。

しかしすべてが自由というわけでもなく
一定の秩序は守るという約束は守ってるいるようで
きちんとお片づけもできているし、順序も守っている。
すごいことですよね。

しかし、これには教師の努力があってこそだとも思いました。
モンテッソリ教育の幼稚園に入れたいと思ってる方は
是非その園の教師の方々の技量も必要だと思っておかれた
方がいいのではないでしょうか?


少しは参考になりましたでしょうか?
今回はこのへんで。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。