出産・育児

親子で楽しもう!幼稚園ライフ!!

この春から我が子が幼稚園!毎日ハラハラ・ドキドキの日々がつづきそう。でも一緒に幼稚園を楽しめば!なんだかとってもいい生活を送れそう〜。幼稚園についてや我が子の幼稚園生活も綴っていきたいと思います。これから幼稚園選びの方も必見かも!

全て表示する >

親子で楽しもう!幼稚園ライフ!!

2005/09/15

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

          
      親子で一緒に楽しもう!幼稚園ライフ!!
                            

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【目次】

・ご挨拶
・シュタイナー教育とは

********************************

挨拶

こんにちは!みなさんいかがお過ごしですか?
管理人のメグです。

あっという間に長いと思っていた夏休みが終わりました〜。
子供たちも幼稚園が始まって、喜んで行く子。
その反対に嫌がる子・・生活リズムが崩れてなかなか朝起きれない子。


でも幼稚園に行くと優しい先生がおり、友達が居て
「楽しかったぁ〜」と言って帰ってきました。
普段の幼稚園の生活リズムに戻るまでは少し時間がかかるかもしれませんが
それまで、何とか優しく送り出せるようにしてやりたいと思ってます。


9月に入り、私立の幼稚園では見学会などの案内が出始めますね。
来年入園される方は、いろいろ調べてられる最中ではないでしょうか?
じっくり検討されて、見学会も是非参加してお子様に合う幼稚園が
見つかるといいですね。



それでは今回はいろいろな教育方針の一つから
シュタイナー教育を取り上げてみましょう!



----------------------------------------------------
パートを探しても時給700円でした。
いくら頑張っても月に5万くらいでした。

だから何とかして収入を増やしたかった
パートの収入以外にあと少し収入があったら・・
と思って始めました。

今まで何のプレゼントも買ってやれなかった娘に
ピアノを買ってやれました〜〜。
楽しそうにしている娘を見て
私は涙が出るほど嬉しかったです♪♪

http://f50.aaa.livedoor.jp/~lltrick/naop/

----------------------------------------------------

*******************************

[シュタイナー教育とは?]


最近かなり関心を寄せる人が多くなってきましたよね〜。
私もその一人でした!
最初何だろう??って思って少し調べたので簡単に説明しますね。
よければ参考になさってください。


ドイツで生まれたルドルフ・シュタイナー。
このかたは生まれた時から不思議な能力を二つ持ってたのです。
超感覚的な能力と数学や物理の方面での優れた能力です。
その能力をもとに「自由学校」を設立。
その後、シュタイナー学校が設立されました。

「子供が自分で自分をしっかりとらえ、
 心の奥深い欲求から視覚的に行動するようになる教育」

いわゆる子供の自主性を尊重する教育として定着しました。
では、自由教育なのかというと少し違って

「自由を自ら獲得する力を養う教育。
 自由への教育。         」

なのだそうです。


主な思想の中に
触覚、聴覚、視覚、嗅覚、味覚(熱感覚)、生命感覚、運動感覚等を
通して身体を育てる感覚教育の大切さをあげています。
そして幼児の目に映るすべてが模倣の対象であるとされてます。

中でも「知・情・感」の調和を学ぶことができることが
最近特に喜ばれているようです。

シュタイナーのメッセージとして

・子供の生活は静と動。それを繰り返すことによってバランスよく
 成長する。
・テレビは生きた命を伝えないので完成が十分育っていない時に
 見せるのは好ましくない
・リンゴジュースを欲しがる子供に缶ジュースを与えるのではなく
 リンゴをすって作ったものを飲ませよう。
・森の映像を見せるよりも1本の木をじっと見つめることから
 子供の感性は目覚めていく。

などがあります。
日常生活の基本中の基本を説いているのだと実感しました。
できているようで全く出来ていないことのほうが多いですね。

これを踏まえて、とあるシュタイナー教育で有名な幼稚園の
見学会に参加してみました。

建物は全て木で出来ており、コーナーは緩やかにカーブ。
ピンクのカーテンが壁にかけられてました。
棚には整理された遊び道具が並べられてました。
驚いたのはプラスチックや人工的なものは一つもなく
シンプルイズベスト!でした。
縦割りのクラス構成で、1クラス15〜25人。
普通の幼稚園ではあまり見られない光景でした。

午前中の少しだけの見学でしたが、かなり衝撃的な感じを受けました。
というのも普通の幼稚園の感覚でいると
全く違う世界にいるようで。
子供たちを出来るだけ自由にさせているという感じでした。

たぶん気になってる方もたくさんおられると思います。
でも噂だけでなく、是非見学に行かれてみてください。
もちろんお子さんも一緒のほうが望ましいですよね。
そうすると子供の感想も聞けるし、親のほうも自分の子にあうか
よくわかると思います。


少しは参考になりましたでしょうか?
では!今回はこの辺で!



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。