営業

仕事上手は説得上手

ビジネスの主導権を握るカギは、いかに相手を口説くかに尽きます。つまり「仕事上手は説得上手」というわけです。相手にYESと言わせる話の持っていき方、ペースの掴み方を、タイプ別に学び、仕事に生かしてくだされば幸いです。


全て表示する >

仕事上手は説得上手

2005/09/08

-----------------------------------------------------------------

       ******** 仕事上手は説得上手 ********      
                             第5号
-----------------------------------------------------------------
 

■目次


  1. 【どうして、説得がうまくいかないのか】

-------------------------------------------------------------------
■挨拶

ビジネスの主導権を握るカギは、いかに相手を口説くかに尽きます。
つまり「仕事上手は説得上手」というわけです。

相手にYESと言わせる話の持っていき方、
ペースの掴み方を、タイプ別に学び、仕事に生かしてくだされば幸いです。

__________________________________


【どうして、説得がうまくいかないのか】

説得というと、一般に、よく語してわからせる、説き伏せるという意味において、
特定の場面での出来事というふうに受けとりやすい。

確かにそうにはちがいないのだけれども、
しかし、説得が説得として効を奏するためには、日常の積重ねというものを
無視するわけにはいかない。
日々のちょっとしたことの積重ねが、相手との結びつきを深める。
そうした下地があれぱこそ、イザというとき、説得が説得として生きてくるのである。

このことは、次のようなことを考えれぱ、すぐおわかりいただけよう。
たとえぱ、日頃、嫌な奴だ、虫の好かない奴だと思っている相手から
何かをいいだされたとしよう。
あなたは、喜んですぐにその言葉に従うだろうか。

答はおそらくNOであろう。
たとえその話が自分に大変メリットのある話でも、何か裏があるのではないかと、
かえって勘ぐってしまうのが人間である。

逆に、日頃から好ましい人だ、信頼できる人だと思っている人から言われたことなら、
たとえ少々自分に損だとわかっていても受け入れてしまうかもしれない。

ある局面において説得が有効であるためには、
それを受け入れる「素地」がなければならないのである。
普段が大切なのである

今日は、ここまで!
----------------------------------------------------------------------
先月も赤字でした、
ボーナスだってぜんぜん足りないんです。

いろんな事をガマンして、それでも先が見えなくて
将来が不安でした!
何とかしたくて、でもどうしたらいいのかわからなくて

「生活って、そんなもんだよ!」っていわれたけど
家族にガマンさせている自分が情けなかったんです。

そんな時、出会いました!

http://adv.ciao.jp/wd1/ac/new1.htm
__________________________________

16:33 2005/09/07
 むくみとひどい肩こりで悩んでいました

 そんな時、このHPに出逢いました

【おいしく】【簡単に】【我慢せず】【短期間で】【健康的に】
 減量することができました。

-----------------------------------------------------------
     http://nourifusion.sakura.ne.jp/achieve/akusl/
-----------------------------------------------------------

***********************************

■仕事上手は説得上手

■連絡先:sugojyou@mail.goo.ne.jp

■本誌利用によって生じた結果に関しては一切の責任を負いません。
 
***********************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。