営業

仕事上手は説得上手

ビジネスの主導権を握るカギは、いかに相手を口説くかに尽きます。つまり「仕事上手は説得上手」というわけです。相手にYESと言わせる話の持っていき方、ペースの掴み方を、タイプ別に学び、仕事に生かしてくだされば幸いです。


全て表示する >

仕事上手は説得上手

2005/08/26

-----------------------------------------------------------

       ******** 仕事上手は説得上手 ********      
                          第3号
-----------------------------------------------------------
 

■目次


  1. 【情報しだいで説得の効果は大きく変わる!】

-----------------------------------------------------------
■挨拶

ビジネスの主導権を握るカギは、いかに相手を口説くかに尽きます。
つまり「仕事上手は説得上手」というわけです。

相手にYESと言わせる話の持っていき方、
ペースの掴み方を、タイプ別に学び、仕事に生かしてくだされば幸いです。

______________________________


【情報しだいで説得の効果は大きく変わる!】


職場で次のようなやりとりを見かけることがある。
あなただったら、こんな場合、どう話すだろうか。

「キミ、姿勢がよくないね。身体に悪いぞ」上司が部下に注意を与える。
「しかし課長、ぽくはこのほうが仕事がしやすいんですが・・・」
「だが、やはり身体によくないよ」
「というと、何か理由でもあるんですか」
「理由って、キミ、正しい姿勢はすべての基本だからだ。昔からよくいわれている
じゃないか、姿勢を正せって」
「でも、このほうが仕事がやりやすいもんですから」
「・・・」

身体に悪いといわれてせっかく部下もその気になりかげたのに、
以後の説得が弱くて、都下の気持ちは離れてしまった。

姿勢は、自然体を保ち、身体にムリのかからないようにしないと、内臓を圧迫する
から健康によくない。胃腸の弱い人はたいてい姿勢が悪い。

それに、オフィスでの仕事の姿勢をだらしなくしていると、他人に対しても、
くずれた印象を与えて好ましくない。
というように、以上の二点に関して説得すれば、部下も、
「わかりました。いや、よいことを教えていただきました」と、上司の言葉に応ずる
可能性は高まる。
上司に感謝するようにさえなるかもしれない。

これは一例にすぎないが、何事によらず、
思いつきやひらめきを口にしたのではイエスを得るのはむずかしい。

そんなことで簡単にイエスが得られると思うのは、相手をみくびっている証拠だ。
説得する以上、内容を十分検討すると同時に、必要な情報をより多く収集して、
裏打ちをしておかなければならないのは当然である。

同じようなことは、あるプランを上司に提案する場合にもいえる。

プランの内容自体に関する情報は当然のことだが、
さらに、プランに関連する情報を幅広く収集しておけば、上司から質問されても、
的確な答ができて、イエスが得られやすくなる。

部下が、新製品開発のアイデアとそのプランを上司のところに持ち込む。
「狙いは面白いがキミ、売り方はどうするのかね」
「売るほうは販売の仕事ですから」
「しかし、売り先の見通しが立たなけれぱ、製品化の段階で行き詰まるよ」

この場合、部下としては製品開発のアイデアとそれを裏づける情報は集めたのだが、
販売担当のところに行って情報を集めるところまでは、頭が回らなかった。
その点を上司に突っ込まれてしまったケースである。

そこで、上司にイエスをいわせようと思ったら、上司の質問を予想してかかることだ。
そうすれば、新製品の売り方、サービス体制、製造との関連など、
より幅広い情報収集も必要だとわかる。

たとえ上司が質問してこなくとも、収集した清報はムダにはならない。
プランがとりあげられてより具体化していく段階で、当然、必要な情報として
役に立つからである。

今日は、ここまで!

*****************************

■仕事上手は説得上手

■連絡先:sugojyou@mail.goo.ne.jp

■本誌利用によって生じた結果に関しては一切の責任を負いません。
 
*****************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。