雑学

絶望したらお終いだ!

ビジネスの世界だから、行き詰ることもある。焦るほど泥沼に足を突っ込んで苦い経験をしたことも数多い!そんな時こそ、焦らないことが一番の妙薬と知った。これは、勝負どこを掴むことを考えるメールマガジンです。


全て表示する >

絶望したらお終いだ!

2005/11/17


        ----- 絶望したらお終いだ! ------
                           第5号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】「困難に挑んで、自分を鍛える」    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


会社でもそうであるが、リスクの多い仕事にたずさわっている人間ほど、
危険に対し慎重で、ふだんから危険に対してよく訓練している。

これはM商杜の開発関係の仕事をしている渡部さんの話だが、
「新規開発の仕事は非常にリスクが大きい。失敗の可能性が多い。

失敗を恐れていては何もできない。
だから失敗を恐れず新しい仕事にとり組んでいくのだが、失敗を恐れないから
といって失敗するのは、やむを得ないのだとはけっして考えない。

そういう考え方をしていると失敗する公算が非常に多いからだ。
これは体験からえた教訓である。
われわれは慎重な準備と訓練さえ惜しまなければ失敗は避けられるという
信念をもっていつも事にのぞんでいる。
こういう態度をとって事に当っていると事実、失敗が避けられることが極めて多い。

百メートル上空から縛られたまま湖に落とされたり、ガラス板の上へ飛び降りたり
すれば当然、ひどい怪我をすると思われるのにちっとも怪我をしないのは、
ふだんからよく訓練しているからである。

もちろん、この訓練は最初はやさしいことからやっていく、
そしてうまくできるようになるにつれてだんだん難しくしていく。
この訓練中に怪我をすることはよくある。
__________________________________

 朝、寝起きが辛かったんです
 体調も悪かったなぁ
 
 そんな時、このHPに出逢いました

 簡単に痩せられました。
 運動も、我慢もしませんでした。

 健康を手に入れられたら、カッコよくなれてうれし〜
 
-----------------------------------------------------------
     http://glk.tsukaeru.jp/achieve/akusl/top.htm
-----------------------------------------------------------
__________________________________

映画のスタントマンの訓練でも同じである。
最初はやさしいことからはじめ、うまくいくにつれてだんだん難しくしていく。
この訓練中に怪我をすることはしよっちゅうある。だが、訓練中の怪我は
かすり傷ていどが多く、たまにはひどい怪我をすることがあっても、致命的という
までにはいたらない。

このような訓練をしているうちに危険に対する勘が自然と働くようになり、
体もまた危険に対し身を守るような働きができるようになっていく。

こうして危険への勘が働くようになり、体が危険を防禦するように本能的に動く
というふうに訓練されていくにつれて、だんだん危険度をたかめるようなことを
やっても失敗したり、怪我をするということがなくなっていく。

仕事の場合でも、やはりこれと同じなのである。
渡部さんが、慎重な準備と絶えざる訓練さえしていけば失敗は避けられるように
なるというのも、こういう訓練の結果、自然と危険への勘が働くようになるから
である。

勘が働くようになれば危険があらかじめ察知されるので敏速な対応策がとれ、
失敗を避けることができる。
だから非常に危険なことをやっているように見えても、失敗せず、
失敗をうまく避けて困難なことを成しとげることができるようになるのである。

ところが、失敗をこわがる人は、失敗する恐れのあることは絶対避けようとする。
いつも安全第一主義で行動する。
このため危険に対しては無知であり、危険への勘が働くことがない。

だからたまたま危険なことにぶつかった場合、全く無防備な状態になる。
このため手痛い失敗をするということになってしまう。

ピジネスマン社会ではいつ危機に遭遇するかわからない。
また、いつも安全本位、事なかれ主義でおれば、能力は伸びず、激しい競争から
脱落することになってしまう。
こういう憂き目を見ないためには、やはり困難なことに挑戦して自分を鍛えねば
ならない。

ところが自分を鍛えるつもりが大きなミスをやってしまえば、再び挑戦させては
貰えないハンディをしょいこむことになりかねない。

こういう微妙で危険な状況をうまく切り抜けるには、失敗を恐れないで、
失敗とできるだけ仲よくすることであろう。
恐れれぼ恐れるほど、相手は敵意をもって噛みついてくるのがこの世の習いである
逆に恐れないで、相手と仲良くし、実体を見きわめる。

そうすると失敗はけっしてこわいものではない、むしろ危機にチャレンジし、
周到な準備と訓練さえ怠らなければ危機を克服していくことができる。
それと同時に失敗は避けられ、能力は大いに飛躍して、サラリーマン競争を
いつも優位な姿勢で乗り切って行くことができるようになるのである。

今日は、この辺で!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 大金持ちなんて望んでません!月々5万円でいいんです!
 そうずっと思って探していたら、ここにたどり着きました。
  ⇒ http://adv.ciao.jp/wd/ac/index.htm


毎月5万円多いと、生活がとても楽です=*^-^*=本当にありがとう!

∧ ∧  《にゃんこ先生の小金持ち生活のすすめ》 
=^ェ^=

*************************************************************************

人生を丸ごと変えるチャンスが欲しかったんです!
    
    http://adv.ciao.jp/ac/grr1/form.htm

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■----- 絶望したらお終いだ! ------
■発行者Eメール jyunyacomeon@yahoo.co.jp
■発行者Webサイト http://www.geocities.jp/jyunyacomeon

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-30  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。