語学

絶対2ヶ月でTOEFL273点オーバー

2ヶ月間でTOEFL273点を獲得するためのメールマガジンです。

全て表示する >

絶対2ヶ月でTOEFL273点オーバー

2005/08/07

2日目(日曜日)

まずは第1週目にやるべき事の確認。

○TOEFL Power PrepのTest1を一度受ける。(L、S、Rのどこの分野で目標点数に達していないのかを確認、約2時間)←終了 
○TOEFLテスト英単語3800のRank1+Rank2、英→日、日→英の両方で100%完璧になるまで。(約6時間) 
○TOEFLテスト英単語3800付属のCDをステレオICレコーダーICD-SX55に録音しRank1+Rank2を1.3倍速で繰り返し聞き込む。(約3時間) 
○TOEFL Test Preparation KitのPractice, A, B, Cを徹底的に聞き込む。(約14時間)

さあ、今日は単語の攻略だ。今日はちょっと長くなるががんばろう。土曜日・日曜日で平日の勉強の下準備をすることがポイントだ。

1 3,800のRank1+Rank2、英→日、日→英を100%(約6時間)
(やり方)
絶対6時間以内で終わらそう。短距離走を走っている気分で。
まずは一回通しでクイックに英→日をチェック。
1単語1秒以内でクイックに。そうしないとRank2まで一気に終わらない。
間違えた単語には「正」の文字の「一」を単語のはじの空欄に記入。
「一」 がついたところをもう一度クイックに見直す。
再度間違えたところは「T」にする。正解したのは一に○を書く。
「T」がついたところをもう一度クイックに見直す。全単語に○がつくように。
同じ事を日→英でも行う。
(注)終わらなかったら?最初からそんなことでは困るが、後日予備の時間は用意してある。最悪そこで取り戻せる。

2  TOEFL Test Preparation KitのB, C (2時間半)
(やり方)
間違えた問題には×、あやふやな問題は△をつける。
聞けなかった箇所のスクリプトにはマーカーで線を引く。
その際知らない単語は単語カード(コレクト社)に書き込む。
単語カードの作り方は「TOEIC900点、TOEFL250点の王道」(http://blog.livedoor.jp/toefl/archives/12301373.html)のP63以降で確認する。
ICD-SX55付属のソフトを使って、CDよりコピーした音から質問及び空白時間をカットし、問題文だけの音源を作成する。(以降リスニング用音源という。)
ICD-SX55へリスニング用音源をコピーする。
リスニング用音源の1回のテストの長さは12〜15分程度になるはず。
1時間で4から5回繰り返し聞ける。
ICD-SX55で繰り返しリスニングする。(試験までに50回以上聞くことが理想。)
聞けなかったところは、ICD-SX55のリピート機能を使って繰り返し音を聞く。
どうしても聞けないところは自分で発音してみる。
最後に超集中して通しでもう一度聞いてみる。

2日目はこれでおしまいです。

********************************
2ヶ月でTOEFL(CBT)273点オーバー
http://blog.livedoor.jp/toefl/
********************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-30  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。