資格

公認会計士試験にイッパツで合格する法

公認会計士試験の勉強を本格的に始めたのは1995年。最初の短答式模試の成績は偏差値34。ところが、翌1996年、短答式・論文式を突破し、公認会計士二次試験に合格。まったくの劣等性だった自分が短期間で合格できた理由と勉強法をここに公開します。

全て表示する >

【公認会計士 #030】 環境を整え答練3回転 の話

2011/06/30



ジョージです。こんにちは。

暑くなってきました。受験生諸君は、論文式試験に向けて全力を注いでいる
ことと思います。

昔も今も、夏の暑さは変わりません。なのに昔の公認会計士試験会場に冷房
は効いていませんでした。

だから受験生は、答案用紙にしたたり落ちる自分の汗に気をつけながら、
問題を解いていたのです(節電ではありません)(東電は元気でした)。

どうやら慣例としてそうなっていた(無冷房)ようです。このていどの暑さ
に耐えられずして、日本の資本市場を支えられるとでも思っているのか、
という趣旨でしょうか。ただのいじわるかもしれませんが。

さいわい僕が受験した年は、冷房なしの意味が分からないということで、冷
房が導入されました(ラッキーです)。

とはいえ、大汗はかきました。冷房うんぬんは正直、思慮の外でした。合格
できるのなら冷房があろうがなかろうがどっちでもいいという心境です(当
然)。

(↓本編に続きます)
---
公認会計士試験にイッパツで合格する法 第 30 講
〜あなたの可能性は無限。加速学習メールマガジン〜
* 環境を整え答練3回転 の話 *
---
□本編

当時、東京の安アパートで受験生生活を送っていた僕に、救いの手が差しの
べられました。伯父が取り付け式のクーラーを送ってくれたのです(神か)。

受験で結果を出すには、環境を整えることが第一であるとはTAC斎藤学長の
言です。

受験仲間だった友人の一人(クーラーなし)は、TACを(閉館時間が過ぎ
て)追い出されるまで自習室で勉強し、その後は山手線でテキストを開いて
いました。
どうせアパートに帰っても暑いだけだからと山手線を何周もしていたのです。
移動自習室です。

少々気の毒ではありました。当時も今と変わらず東京は猛暑です。暑熱の中
ではからだも休まりません。しかし熱帯夜にエネルギーを奪われるのももっ
たいない話です。

もし当時の僕のように、クーラーのないアパートに住んでいる東京在住の
受験生がこれを読んでくれているとしたら、取り付け式クーラーを買うのは
立派な投資だとお伝えしたいです。

受験生時代の夏、どのように過ごしたかを書こうかと思ったのですが、夏だ
からどうこうという過ごし方はありませんでした。ただひたすら、合格する
ために必要と思われたことを、つまり答練を受けて、復習して、また答練を
受けてと、量をこなしたものでした。

具体的には、答練の問題を1年分、答えを見ずに正答できるようになろうと
したのです。そのための答練3回転(復習)です。

結局3回転はできませんでしたが、これで合格できたのは事実です。

つまり、答練に出題された問題をひと通り解答できるだけの解答力を身に
つけることができれば、合格することはできるのです(ここかなり重要)。

逆に手を広げすぎるのは危険です。範囲を定めてそれを着実に自分のものと
するのが良策です。僕の場合はそれがTACの答練1年分だったとうわけで。

同時に大切なのは、自分の自信の裏付けとなるだけの努力を重ねたという
自負心です。
自分のできることを120%やった。ここまでやったのだから結果はどうなろ
うが悔いはない。
ここまで思えるならば、まず通ります。天は自ら助くるものを助く、は真実
のことばです。

受験生のみなさんにとっては今が勝負の時です。自分を信じて目の前の答練
を回転させていってください。心から応援していますよ。(ジョージ)



---
(ジョージによるセミナーのご案内です)
■オーディオ・セミナー「公認会計士試験にイッパツで合格する法」
http://bit.ly/fa9zbV

あなたの潜在能力を全開にする!
オーディオ・セミナー「公認会計士試験にイッパツで合格する法」
あなただけにお伝えする、難関資格試験に短期間で合格する秘訣の数々。

ジョージが熱く語ります。

[ あなたに伝授される秘訣 ]

・潜在意識を活用して大量の情報を処理する方法
・加速度をつけて記憶する方法
・実力を最大限に発揮させる思考法
・勉強の効率を最大限に高める思考法
・絶対に合格する勉強法
・もうダメだ!と思ったときに立ち直る方法
・不安から立ち直る呼吸法
・合格を引き寄せるイメージング・メソッド
・運気を高める魔法のようなことば
・運気を高める生活習慣
・合格への障害を排除する方法

真剣に自分の人生と向き合い、チャレンジし続けるあなたを
応援しています。

ジョージより、愛を込めて。

お申込みはこちらから。
http://bit.ly/fa9zbV


□ 編集後記

私たちの祖先が遺した和歌、真夏の題材について詠まれた歌がほとんどない
といいます(某証券会社の社長に聞きました)。

暑いと何も考えられなくなる、知的活動のさまたげになる、というのは昔の
人も同じだったのかもしれません。

環境を整えることがいかに大切か、ということでしょう。



(↓もうひとつの編集後記あります)
---
発行者:ジョージ(公認会計士)

ご質問は常時受付中。返信していただくかブログにコメントをどうぞ。
いただいた質問は全部読みます。心を込めて。

当メルマガの解除はこちらから。
・まぐまぐ www.mag2.com/m/0000155840.html
・メルマ www.melma.com/mag/34/m00144034/
・めろん www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=011818

Copyright (c) 2011 All rights reserved by ジョージ
---
(もうひとつの編集後記)
棚卸の立会で冷凍倉庫に保管されている在庫をカウントすることがたまに
あります(これは涼しい)(むしろ寒い)。

真夏の棚卸が一番危険です。なぜなら薄着のまま冷凍倉庫に入ることになる
からです。
さっさとカウントを済ませなければ命に関わります。合格後はご注意いただ
きたい。



※このメールマガジンがお役に立てるようなご友人がいらっしゃるよう
でしたら、ぜひご紹介してあげてください。

※このメールマガジンの転送・転載はご自由にどうぞ。


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。