時事・世論

このメルマガは現在休刊中です。
花岡信昭メールマガジン

政治ジャーナリスト・花岡信昭が独自の視点で激動の政治を分析・考察します。ときにあちこち飛びます。

全て表示する >

花岡信昭メールマガジン692号

2009/03/05


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
★★花岡信昭メールマガジン★★692号[2009・3・5]
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

<<敵失vs敵失の争いだ>>

 「やましいところは何もない」「すべて適正に処理している」「権力がほしいままにやるというのは民主主義ではありえない」・・・
 
 小沢氏は記者会見で疑惑を全面否定、代表辞任などの考えもないことを強調した。ときおり、横を向いてセキをしながらの会見だ。
 
 小沢氏の政治家としての最盛期を見てきたものにとって、なにやら痛々しい思いで中継を見た。
 
 小沢氏は「法的処理は適正」と強調したが、それはその通りだろう。政治資金規正法に違反しないような仕組みをつくって対応してきたのだから、当たり前だ。
 
 政治資金規正法では、企業献金は、政党、政党支部、政党が指定する資金管理団体だけしか受領できないことになっている。
 
 小沢氏は「企業献金と認識していたら自分の政党支部で受け取っていたらなんということはなかった」という趣旨の発言もした。
 
 ここが記者会見のポイントだ。西松建設としては、自分のところからの献金だと相手に認識させないでカネを出すわけがない。かといって、企業献金扱いにすれば、突出ぶりばかりが目立ってしまう。
 
 だから二つの政治団体をダミーとしてつくり、ここに西松の社員が会員となって、1口6万円を出した。その分を西松側は賞与に上乗せして支給していた。
 
 いわば、ある種のマネーロンダリングだ。政治団体からの献金という体裁をつくれば、小沢氏の資金管理団体「陸山会」が受け取っても違法でもなんでもないということになる。
 
 小沢氏は「献金をいただくのに、その出所を詮索するようなことはしない」とも述べている。
 
 このからくりを、逮捕された秘書や小沢氏がどこまで認識していたか、その立証ができるかどうかが、今後の捜査の焦点だ。
 
 かくして、これまでは麻生首相の失点・・・民主党からみれば「敵失」が内閣支持率の激減を招き、総選挙では民主圧勝といわれる状況にいたっていた。
 
 こんどは小沢氏の失点・・・自民党からみての「敵失」がどこまで大きくなるかが政治展開の行方を左右する。
 
 なんのことはない。敵失vs敵失の戦いだ。野球でいえばエラー続出の試合で、どっちのエラーが得失点差を決めるのか、ということになる。
 
 小沢氏は逮捕された秘書について、「起訴されるはずがない」とも言明した。この種の話では、秘書の責任として押し付ける政治家がとかく多い中で、いさぎよい態度ともいえる。
 
 だが、起訴されたら、この発言が重くのしかかることになる。代表辞任、後任代表選出という事態も十分予想できる。
 
 起訴までは最大22日間の勾留が認められている。となると、起訴されるかどうかは、今月25日ごろに判明することになる。ここが微妙だ。
 
 来年度予算の年度内成立の時期と重なるからだ。民主党は早々と年度内成立に協力する態度を決めている。こういう事態になったからといって、これを変えられるか。
 
 起訴が先か、予算成立が先か。その次第で政局攻防が微妙に変わってくる。
 
 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【お知らせ】
<<産経新聞コラム>>
 花岡のコラム『政論探求』は、2月25日付で終了しました。ご愛読ありがとうございました。


<<SAFETY JAPAN>>(日経BP社サイト)
<http://www.nikkeibp.co.jp/sj/>
花岡のコラム『我々の国家はどこに向かっているのか』連載中。毎週木曜更新。
<<Janet>>
 時事通信サイトJanetの花岡コラム『官邸ウオッチ・風測計』。月末に更新。
<http://janet.jw.jiji.com/apps/do/auth/login.html>

<<そのほか花岡の拙稿など>>
★正論(産経新聞社)2月号・1月号 「総力特集 田母神問題の本質」
★Voice(PHP)11月号 「決戦!総選挙」
★MAMOR(扶桑社)12月号 「だから、日本は補給支援活動をやめるわけにはいかない!」
★激論ムック(オークラ出版) 「反日マスコミの真実2009」「田母神論文問題」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/477551315X
★史(新しい歴史教科書をつくる会 電話03−5800−8552)1月号 「田母神論文が浮き彫りにした日本の病弊」
★JAPAN TAIWAN(日華文化協会)162号 「政治とネット社会が結びつく日」
★リベラルタイム3月号 「それでも自民党内で『麻生倒閣』は起きず」
★政経往来11月号 「『麻生vs小沢』歴史的決戦へ」
★時事評論(北潮社・2月20日号)「自衛艦のソマリア沖派遣―方針が決まらない民主党」
★コメントライナー(時事通信)1月5日号 「首相、強行突破へ」
★季刊・現代警察(啓正社)123号 「セレクト情報・国内政治・低支持率にあえぐ麻生政権」
★日本国際フォーラム東アジア共同体評議会 政策掲示板・百家争鳴
http://www.ceac.jp/j/index.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-03  
最終発行日:  
発行周期:原則日刊  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/03/05

    花岡氏の政治献金に対する解説は、実に的確で我々にもわかりやすく助かります。

    どうか、ニュースでは届かない初歩的な説明をこれからもお願いします。

  • 名無しさん2009/03/05

    東京地検が満を持して動いた場合に不起訴となることがあるのでしょうか?



    何か今回の騒動には黒幕がいるような気がしてなりません。



    麻生総理とオバマ大統領が首脳会談の最後にひそひそ話をしていましたが・・・・



    まさか・・・ロッキード事件もアメリカ発だったので。