時事・世論

このメルマガは現在休刊中です。
花岡信昭メールマガジン

政治ジャーナリスト・花岡信昭が独自の視点で激動の政治を分析・考察します。ときにあちこち飛びます。

全て表示する >

花岡信昭メールマガジン645号

2008/11/04


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

★★花岡信昭メールマガジン★★645号[2008・11・4]

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

<<辞表提出を拒否した田母神氏>>

 空幕長を解任された田母神俊雄氏は、辞表を提出しなかった。その結果、定年退職扱いとなった。これでいい。辞表を提出しなかったところに大きな意味がある。
 
 田母神氏は60歳。空幕長解任によって、空将の定年にあてはまることになり、防衛省はこれを適用した。
 
 防衛省としては、懲戒処分も検討したというが、田母神氏が事情聴取を拒否した。これはこれで防衛省の立場をおもんばかったものだ。
 
 懲戒処分となると、いったいどういう理由をつけたらいいのか、防衛省も頭を悩ますところだった。論文募集に応じたことを官房長に文書で報告していなかったため、内規違反の適用も検討したようだが、となると、省内の士気低下といった副作用を招きかねない。
 
 論文が機密漏洩にあたるという解釈も難しい。事情聴取して田母神氏が堂々と反論したら、これまた対応は難しくなる。
 
 知恵者はいるもので、定年退職の適用に落ち着いた。防衛省としてはこれでスピーディーな処理ができることになる。
 
 田母神氏は記者会見で「日本もそろそろ自由に発言できる時期になったと思った私の判断が誤っていたかもしれない」と述べた。
 
 そこは当方も同じ認識だ。「村山談話」はあの当時の政治的判断を踏まえて出されたものだ。こういう内容にしなければ、中国、韓国がおさまらなかった。
 
 それがいまだに呪縛として残っていたわけだが、いま、村山談話の内容を変更するだけの政治的余裕は麻生政権にはない。それだけのエネルギーはとてもではないが、持ち得ない。
 
 したがって、本音で言えば、多くの保守政治家は「あの戦争は100%侵略戦争だった」とは思っていない。麻生首相も浜田防衛相もそうだと思う。しかし、表でそのことを言うわけにはいかない。
 
 「田母神論文」には、いくつかの歴史の事実関係で異論を持つ向きもある。それはそれでいい。だが、個々の記述の是非にとらわれていたら、「田母神論文」が提起した大きなテーマを見失うことになる。
 
 辞めてから発言すればよかった、という指摘もあるが、現職の空幕長だったからこそ、これだけの反響を呼んだのである。OBの立場になってからの発言とは影響力が違う。
 
 野党は田母神氏を国会招致する方針だという。審議引き延ばしの批判をかわす格好の材料となった。
 
 それもいい。田母神氏は国会の場で野党議員をこてんぱんにやっつけてほしい。いずれが「国家・国民」を大切に思っているか、国民の前に明らかになる。
 
 以下、田母神氏の記者会見についての産経ネット配信記事。

 民間懸賞論文に政府見解とは異なる歴史認識を主張する内容を発表して航空幕僚長を解任された田母神俊雄氏が3日夜、時事通信社(東京・東銀座)会議室で記者会見を行い、「一言も反論できないなら北朝鮮と同じだ」などと語った。詳細は以下のとおり。

【冒頭発言】

 このほど自衛隊を退職するにあたって一言所感を申し上げます。私は10月31日付で航空幕僚長を解任され、11月3日付で自衛官の身分を失うことになりました。自衛隊に勤務して37年7カ月、防衛大学校から数えれば通算41年7カ月になります。自衛隊関係者や国民の皆様方の支えがあって今日まで勤め上げることができました。感謝に堪えません、誠にありがとうございました。

 解任の理由は、私が民間の懸賞論文に応募したその内容が「政府見解と異なって不適切である」というものでした。しかし、私は国家国民のためという信念に従って書いたもので、自ら辞表の提出は致しておりません。その結果、解任という事態となりましたことは自衛隊とともに歩んでまいりました私にとりまして断腸の思いであります。もとより私にとって今回のことが政治に利用されるのは本意ではありません。また、航空自衛官、ひいては自衛隊全体の名誉が汚されることを何よりも心配致しております。

 私は常々、「志は高く熱く燃える」ということを指導してまいりました。志が高いということは自分のことよりも国家や国民のことを優先するということです。熱く燃えるということは、任務遂行にあたりいかなる困難に突き当たろうとも決してあきらめないということです。論文に書きましたように、日本は古い歴史と優れた伝統を持つすばらしい国家です。決して「侵略国家」ではありません。しかし、戦後教育による「侵略国家」という呪縛(じゆばく)が国民の自信を喪失させるとともに、自衛隊の士気を低下させ、従って国家安全保障体制を損ねております。

 日本の自衛隊ほどシビリアンコントロール(文民統制)が徹底している「軍隊」は世界にありません。私の解任で、自衛官の発言が困難になったり、議論が収縮したりするのではなく、むしろこれを契機に歴史認識と国家・国防のあり方について率直で活発な議論が巻き起こることを日本のために心から願っております。

(質疑応答)
【論文を書いた理由】
 −−(論文は)持論ということだが、政府見解と異なる歴史認識の論文を現役のこの時期に書いた理由は何か
「私が常々考えていたことでありますけれども、日本が21世紀に国家として発展してゆくためには、この自虐史観、そういった歴史観から解放されないと、日本のいろんな政策に影響が出て、なかなか国とした、いわゆる日本が自主的に判断する政策がやりにくいのではないか、と常々思っていまして。日本が悪い国だと、日本のやってきたことはみな間違っていたと、いったことが修正される必要があるのではないか、と思います」
 −−現役をおやめになって発言されるのは比較的自由だと思うが、どうして現役の今、書かれたのか
「私、実は、これほどですね、大騒ぎになるとは予測していませんでした。もうそろそろ日本も自由に発言できる時期になったのではないのか、という私の判断がひょっとしたら誤っていたかもしれません」
 −−きょう記者会見を開いた理由は?
「みなさんの一部から私に電話があって、ぜひやってくれという話があったからであります」
【解任について】
 −−解任され、任半ばでおやめになることで無念なことは何か
「日本はまさにシビリアンコントロールの国でありますから、大臣が適切でないと判断して、やめろということであればそれは当然のことであるというふうに思います。結果が出たことについて、無念とかそういうことを考えていると次に前進ができないので、これは気持ちを切り替えて次、またどうしたらいいかということを考えていきたいというふうに思っています」
 −−後輩の自衛官に言い残すことはないか
「これは私がずっといってきたことですが、われわれは国家の最後の大黒柱である。従って、志を高くもって、どんな困難があっても常に情熱を燃やし続ける、と。志が高いということは、さっきいったように、自分のことより、国家や国民のためを常に優先した言動をとる必要があるというふうに思います」
【論文の内容】
 −−論文の内容については、今も変わらないか
「内容については誤っていると思いません」
 −−論文を拝読して、市販の雑誌から引用が多い。田母神さんご自身が発見されたことはほとんどないと思うが
「それはおっしゃるとおりで、私自身が歴史を研究してというより、いろんな研究家の書かれたものを読んで勉強して、それらについて意見をまとめるということであります。なかなか現職で歴史そのものを深く分析する時間はなかなかつくれないと思います」
 −−さきほどこれほど大騒ぎになるとは予測しなかったとおっしゃったが、それは論文がこれほど読まれることはないだろう、という意味なのか、内容について国家が受け入れるようになると思われたのか
「後者の方です。日本の国がいわゆる言論の、どちらかというと日本の国は日本のことを守る、親日的な言論は比較的制約されてきたのではないかと思います。で、日本のことを悪くいう自由は無限に認められてきたのではないか。しかし、その状況が最近変わってきたのではないか、という風に判断をしておりました」
 −−懸賞論文が広く皆が読むということになるとはご承知の上でしたか
「そういう風になることは当初は、まったくしりませんでした。ただの普通の懸賞論文として」
 −−APA(懸賞論文の主催者)側はそういうことは言わなかったのか。
「ぜんぜん」
 −−公表されるとは思わなかった
「優秀な論文はAPAが出しているアップルタウンという雑誌に発表されるということは知っていた。まさか、私が優秀論文に入賞するとは夢にも思っていませんでした」

  以上、産経配信記事。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
 評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<読者から>>

★ 下町の焼鳥屋で飲めば「庶民感覚」ありか?
総理大臣がそんなところで飲み食いする方がパフォーマンスでしょうよ。以前行っていた新宿ゴールデン街のバーGのママ(?)は著名人とのコネクションの多さで知られますが、そこで「昨日民主党の菅さんが取り巻きをつれて、『今日はお忍びだからな』といって来たわよ」って話を聞きました。こんな小さな店にそんな人数で来られちゃったら、間違いなく貸切になる。限られた時間と予算をやりくりして通ってる庶民からすりゃえれぇ迷惑な話だ。
ホテルのバーで飲むことに関し記者団が、「庶民の感覚とかけ離れているのでは」と聞いたと言いますが、まさかこの中にサンケイの記者が混じってたということはないでしょうね?しかしこいつら(記者ですよ、記者)本気で、真面目にこういう質問したのかね、まったく。もうバカじゃねぇのか、と言いたくなるわ。これじゃメディアの記者連中はバカで頭が悪いと言われてもしょうがないんぢゃないの?
日本と言う国の舵取りをしなくちゃならん総理大臣は、言ってしまえば24時間政務についていなけりゃならん立場。一朝有事には即時動ける体制でいなけりゃならんのだから、会食だってそれに相応しい環境と言うものがあるだろう。記者連も旧社会党みたいにけちな重箱取材なんかするんぢゃないよッ。
そういう窮屈な状況で過ごさなきゃならん人間は、庶民生活エリアの中にのこのこ出張ってくる暇などないということなんだよ。人に聞かれちゃまずい話や、公表できない秘密裏に進めなければならないことなどが山ほどある。最もそんなもの何もなくて、バカ殿よろしくおだ挙げているだけってぇのは困りもんだが。総理が「ホテルのバーは安全で安い」と言った意味はそういうところにあるのだ。
わざわざ「自腹を切っている」というのも変な話だと思うが、福岡の麻生財閥と言われるほどの大金持ちの御曹司だ、金なんザうなるほどあるだろうさ。
記者に「営業妨害して平気か。いま聞いているんだよ、答えろ」と不快感をにじませ逆質問したら、記者は「営業妨害はしていません・・・・」と答えたそうだが、じゃ、その記者が同席を許され話の中に加わり特ダネをキャッチしたとするなら、今度はマスコミの中で仲間割れが始まるぞ。要するに記者連中はしっかり深慮遠謀を働かせギブアンドテイクで総理の腹の内にあるものを引き出し、その時国民にしっかりと伝えておくべきモノを取捨選択し、報道ラインに乗せる位の胆力と取材力・解析力を持っていなけりゃ話にならんのだ。
「番記者」なんてのは日本テレビ「バンキシャ」のタイトルに残っている位で、今や死語になっちゃったか?昔のように要人の懐にぐいぐい入り込んでいける気骨のある記者なんてのはとうに死に絶えちゃったかね。
サンケイは10/30朝刊でちゃんと庶民派の側面を報道したのはエライ。しかし最後に「麻生さんにごちそうして欲しい」とほざいたジジイ、こらっ、そういうこというから「国民のたかり気質」って言われるんだ。(爽快屋伝右衛門さん)

[花岡コメント]
 率直なご指摘、ありがとうございます。


【ご案内】
<<拓大に地方政治行政大学院>>
 拓殖大学大学院(東京・茗荷谷)に来年度、地方政治行政研究科が新設されることになりました。小生、専任教授として就任予定です。「地方の時代」を担う人材育成、スキルアップを目的とし、一般学生のほか、社会人(現役の地方議員、自治体公務員、政治家秘書など地方政治行政に関心のある方ならだれでも)を対象とします。講義は平日夜間、ゼミが土曜昼の設定。入試は、あと3回行われます。詳細はこちらを。
http://www.takushoku-u.ac.jp/graduate/local_govt/index.html
☆大学卒でなくても、大学院を受けられる資格付与システム(書類審査)があります。
☆お問い合わせは大学院事務課(電話03−3947−7854)へ。もしくはこのメルマガに返信していただければ、小生のもとに届きます。


【お知らせ】
<<産経新聞コラム>>
 花岡のコラム『政論探求』は原則火曜付ですが、紙面の都合でときどき水曜付となります。
<<SAFETY JAPAN>>(日経BP社サイト)
<http://www.nikkeibp.co.jp/sj/>
花岡のコラム『我々の国家はどこに向かっているのか』連載中。毎週木曜更新。
<<Janet>>
 時事通信サイトJanetの花岡コラム『官邸ウオッチ・風測計』。月末に更新。
<http://janet.jw.jiji.com/apps/do/auth/login.html>

<<そのほか花岡の拙稿など>>
★正論(産経新聞社)12月号 「日本を貶め続けた河野洋平の遅すぎた引退」
★Voice(PHP)11月号 「決戦!総選挙」
★MAMOR(扶桑社)12月号 「だから、日本は補給支援活動をやめるわけにはいかない!」
★正論9月号 「たばこのみを狙い撃つ“空気”への大いなる違和感」
★JAPAN TAIWAN(日華文化協会)160号 「『たばこ千円』の怪」
★リベラルタイム11月号 「ばらまきの民主党は第2の自民党」
★政経往来11月号 「『麻生vs小沢』歴史的決戦へ」
★時事評論(北潮社・656号) 「政界再編含みのかつてない動き」「中山発言、どこが悪い」
★激論ムック「民主党政権が誕生したらこうなる」(オークラ出版)
★コメントライナー(時事通信)10月24日号 「解散は先送りか」
★季刊・現代警察(啓正社)122号 「セレクト情報・国内政治・『麻生vs小沢』の歴史的決戦へ」
★人形町サロン 「日本外交のパワーダウンを憂う」
http://www.japancm.com/sekitei/hanaoka/hanaoka27.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-03  
最終発行日:  
発行周期:原則日刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/11/06

    田母神は国益を損なう行為をした上辞表を出した。(退職金を得るため)このような卑劣な人物は改めて懲戒処分にすべきである。このメルマガ発行者も少しはまともな歴史認識と平和を愛する常識を持ってもらいたい。 評価= もう少し→悪い

  • 名無しさん2008/11/04

    前空幕長には是非大学の先生にでもなっていただき、後進を育成してもらいたいものです。

  • 名無しさん2008/11/04

    いつもながら秀逸です。

    民主党は国家・国民を守る気概がまったくない、危険な政党であるということがよく分かる。なぜマスコミは攻撃しないのか?偏向報道をしているのは誰なのか?右寄りであるとすぐに「いつか来た道」と大騒ぎするが、元を正せば、マスコミのミスリードが前大戦を招いたことを真摯に反省すべきだ。とくに朝日・毎日。

  • wathenry2008/11/04

    Apa Group のHPにアクセスして田母神氏の論文を讀んで見た。「誤り」と知れるのは「蒋介石も日本の士官學校卒業生」(之は蒋介石の自稱で事實では無いやうだ)の件りだけで後は、我々「日本無罪論者」から見れば全くの「事實」で有るが、日本有罪論を展開する輩がさうでは無いと我を張つてゐるに過ぎない。花岡氏はさう云ふ連中の顏も一應立てて「異論を持つ向もある」と書かれたのでせう。それを「細い事實關係などどうでもよい」等と擴大解釋し、剩へ「少なくとも化學では事實誤認や論理の缺如がある論文は主張が正しくても意味をなしません」等としたり顏で説教する者(匿名なのでどう云ふ人か分らぬも)がゐるのには本當に驚かされる。批判する時にはきちんと讀んでからにする可きである。

  • 名無しさん2008/11/04

    花岡氏が個人田母神氏を自己の思想と同調するため擁護なさるのは良いと思いますが。この人物が航空幕僚長であったことは別問題で支持出来ません。  一寸五分

  • wathenry2008/11/04

    先般の中山成彬氏更迭に續く田母神「事件」で期待の星・麻生太郎氏も現職總理の重壓に耐へられず全く不必要な更迭を續け福田ボンクラ總理同樣「お友達の厭がる事はしない」主義方向に變つて來てゐるやうです。まう選擧を早くやつて小澤達政權亡者に一度遣らせて見ると良い。日本は潰れますね。兎に角花岡さんには「田母神擁護」論を繼續して頂き度お願ひ申上げます。

  • 名無しさん2008/11/04

    産経新聞のみでは分かりにくかったので、時期、内容適切で有り難かったです。

  • 名無しさん2008/11/04

    言論を統制しては、いけない。歴史感を政治が作ってはいけない。私は、ストばかりやっている高校に行っていたが、世界史の教科書を否定する。授業を受けていた。今の政治は、どのような教育を受けていたのだろうか。

  • 名無しさん2008/11/04

    いつも興味深く読ませてもらっています。重箱の隅をつつくようで申しわけありませんが、主張されていることが号ごとに矛盾していることが多いので指摘させていただきます。



    642号の

    >「日本は侵略国家であったのか」と真っ向から問いかけ、多くの事実をあげて、たんたんと論理的に記述されていた。



    と本号の、

    >「田母神論文」には、いくつかの歴史の事実関係で異論を持つ向きもある。それはそれでいい。だが、個々の記述の是非にとらわれていたら、「田母神論文」が提起した大きなテーマを見失うことになる。



    明快な主張を論理的に記述していたから評価できる、となっていたのが、本号では細かい事実関係などどうでもいい、ということになっていますね。

    政治の世界でどのような論文が意味を成すのかは存じませんが、少なくとも科学では事実誤認や論理の欠如がある論文は主張が正しくても意味をなしません。



    今回のテーマのような右寄りの方の発言が社会の評価を得られないのは、このような論理の破たんという面もあるでしょう。



    また、プライドのような感情を過度に重視し、現在の国際関係で自国にどう利益をもたらすか、という真に重要な問題を扱わないことも自称愛国者からは聞こえてきません。国際社会の評価といった、メンツの話のみです。



    本当に国を愛しているのであれば、アメリカやフランスのように少々他の国から嫌われても自国の利益を最大化する方法を提起するのが筋なのではないでしょうか?

    彼の発言が日本にどんな利益をもたらすか(体面以外で)がさっぱりわかりません。