映画

そそる映画評論計画!ワンダホー。

おかげさまで「こんな奇抜な映画評論みたことない」などの声が多数寄せられています。自称”映画の神の子”ガク”KID”喜島が織り成す、みなさんの心に火をともす映画評論です。

全て表示する >

【そそる映画評論計画!ワンダホー。】no、35 シリアナ

2006/03/17

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          そそる映画評論計画!ワンダホー。【新作編】
            「シリアナ」
                                発行NO,035                                       2006/03/17

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【ガク・喜嶋からのお知らせ】

 みなさーんこんちは〜! ガク・喜嶋です。

新しいメールマガジン発行しました。
恋愛に悩む全ての女性のためのマガジン!
『ちょいワルおやじがズバリ解答!女を磨く恋愛相談室』
見学はこちらから→ http://www.mag2.com/m/0000184947.html


恋する女性に朗報です・・・・!
☆もう片思いなんてサヨナラ!
☆あなたの恋愛はいつも勝ち組に!
☆モテモテの人生があなたを待っています。
 そのひみつは・・・
 今なら、先着100名様限定に「無料恋愛メール相談サポート」がついています。
 「幸せパパが伝授する!恋愛成就!男心をワシづかみにする7つの秘訣」
 詳細はこちらから→ http://www.geocities.jp/smiletk2001/ren/siawasetop.htm


≪いま、【あの人】の【この本】を読みたい!≫
http://www.mag2.com/m/0000174731.html

いろいろな本を紹介するメルマガですが、書評というよりも、
「読書のトリビア」的に楽しんでいただければと思います。

メルマガのバックナンバーの抜粋をブログに掲載しています。
試し読みにどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/pandora_002/

こちらは、私が読んだ本の感想や身辺雑記を書きつづるブログです。
【ぱんどら日記】 http://blog.livedoor.jp/monica84/


ガク・喜嶋のホームページ
そそる映画評論計画!ワンダホー。 → http://www.geocities.jp/smiletk2001

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<本編> 

         予備知識を蓄えてから観よう!「シリアナ」

【ヒジョーにきびしぃー】

 はじめ、この映画のポスター(ジョージ・クルーニーが目隠しされてるヤツ)を見た
時、コメディ映画かと思いました。

いやいや、とんでもないシリアスな映画でした。

アメリカの現状を描くという点では、前回紹介した「クラッシュ」と同じなのですが、
本作品はマクロ的な世界を描いています。

アメリカ政府、中国政府、ベテランCIA諜報員、切れ者のエネルギーアナリスト、石油
原産国のカリスマ王子、野心家の弁護士、エネルギー企業のトップ達、貧しいパキスタ
ン人労働者、青い瞳をしたエジプト人、などなどが複雑に入り乱れて巨大な陰謀が展開
していきます。が、これがまた非常に分かりにくい。


【気合を入れて観ないと・・・】

登場人物が多いうえに、1つのシーンが短く(だいたい長くて3分程)、ちょっと気を
抜くと、「えっ、今の誰だっけ」とか「えっ、この人、なんでこんなことをしてるんだ
っけ」というように、ストーリーが分からなくなってしまうのです。

実のところ、ジョージ・クルーニー演じるCIA諜報員が、何の目的を持って、何をして
いるのか全くわかりませんでした。最後の王子との再会のシーンも「えっ、ジョージ。
ここに何しに来たの?」って感じて、そこに彼が現れる必然性が理解できませんでした。


【テロリスト誕生の内幕・・・】

この映画で一番印象的だったのは、原油採掘現場で働くパキスタン人の若い出稼ぎ労働
者です。彼は父親と一緒にこの地(イラン?)で働き、将来は家を建て、家族一緒に平
和に暮らすことだけが希望でした。

ところが突然の解雇。他に働き口を求めるのですが、慣れない土地での職探しはままな
らず途方に暮れます。そこに手を差し伸べたのが、青い瞳をしたエジプト人。彼は言葉
巧みに若者をイスラム神学校に誘います。そこで若者は、神への信仰に目覚め、自分の
人生がうまくいかないのは信仰が足りないためだと結論を出します。

この神学校で若者たちに見せる「遺言ビデオ」が衝撃的です。いわゆる自爆テロを決行し
た若者達が、最後にビデオメッセージを残しているのですが、それを皆が尊敬の眼差しで
くいいるように見ている。

例のパキスタン人の若者がそれを見て、自分はなんて情けない男なんだ、と悩んでいると、
彼を誘った青い瞳をしたエジプト人がそっと肩に手を乗せて「さあ、時はきた。行きなさ
い」と囁きます。こうしてまた一人、自爆テロリストが誕生するのです。恐ろしや。


【落合信彦の本を読もう・・・】

最後に、やっぱりこの映画を楽しむには、オイルビジネスの世界や中東情勢、CIAなどの
知識が必要ですね。まず、落合信彦の本を5,6冊読んでからこの映画にチャレンジする
ことをお奨めします。

本作品の評価額:800円
                                 ガク・喜嶋
<本編終了>
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□
【どんどん転送してください】

 あなたの周りに映画好きな人はいませんか?
そんな人には是非、このメールマガジンを転送してあげてくださいね。そしてどしどし
ご意見・ご感想をお寄せください。可能なかぎり本誌上でご紹介させていただきます。

ご意見・ご感想はコチラまで → artistk@apost.plala.or.jp

【すごい情報です】

みなさんはカブト虫に興味はありますか。お子さんと共に飼っておられる方や
ブリード(養殖)をして収入にしている方など、今静かなブームになってます。

そんな中、ヘラクレス(成虫・オス)を3000円ポッキリで販売され話題を呼んだ
サイト「ビートルサービス」さんが緊急無料レポートを出されました。
http://www104.sakura.ne.jp/~revenge/Kabuto/kabuto/
ブリードに興味がある方はどうぞレポートをお読みください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
最後までお読みいただきありがとうございました。

登録と解除はこちらから
『まぐまぐ!』  http://www.mag2.com/m/0000140453.html
『めろんぱん』  http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=008279
『melma』            http://www.melma.com/mag/39/m00141739/

発行者Webサイト: http://www.geocities.jp/smiletk2001
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-06-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期だけど読みごたえあり  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。