映画

そそる映画評論計画!ワンダホー。

おかげさまで「こんな奇抜な映画評論みたことない」などの声が多数寄せられています。自称”映画の神の子”ガク”KID”喜島が織り成す、みなさんの心に火をともす映画評論です。

全て表示する >

【そそる映画評論計画!ワンダホー。】no,32 キングダム・オブ・ヘブン

2006/02/08

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          そそる映画評論計画!ワンダホー。【DVD編】
           「キンングダム・オブ・ヘブン」
                                発行NO,032
                                2006/02/08

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【ガク・喜嶋からのお知らせ】

 みなさーんこんちは〜! ガク・喜嶋です。

恋する女性に朗報です・・・・!
☆もう片思いなんてサヨナラ!
☆あなたの恋愛はいつも勝ち組に!
☆モテモテの人生があなたを待っています。
 そのひみつは・・・
 今なら、先着100名様限定に「無料恋愛メール相談サポート」がついています。
 「幸せパパが伝授する!恋愛成就!男心をワシづかみにする7つの秘訣」
 ここから→ http://www.geocities.jp/smiletk2001/ren/siawasetop.htm
そそる映画評論計画!ワンダホー。 → http://www.geocities.jp/smiletk2001


【すごい情報です】

みなさんはカブト虫に興味はありますか。お子さんと共に飼っておられる方や
ブリード(養殖)をして収入にしている方など、今静かなブームになってます。

そんな中、ヘラクレス(成虫・オス)を3000円ポッキリで販売され話題を呼んだ
サイト「ビートルサービス」さんが緊急無料レポートを出されました。
http://www104.sakura.ne.jp/~revenge/Kabuto/kabuto/
ブリードに興味がある方はどうぞレポートをお読みください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<本編>
      なかなか奥が深いです。「キングダム・オブ・ヘブン」


【宗教問題って・・・】

 このての映画は、日本人には難解ですよね。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が入り乱れた世界で、それぞれが正義を主張して、和
解したり対立したり、なんだかすごくややこしいんですよ。

 日本人の感覚からすると、もっと話し合って妥協点をみつけて仲良くすればいいのに、っ
てつい思ってしまいます。それほど単純ではないのが宗教ってやつです。

 でも、この映画に出てくる2人の王様は、聖地エルサレムをめぐって対立はするものの、
お互いに敬意をはらっていて共存を旨とした治世をします。

キリスト教の王は、聖地エルサレムでのイスラム教徒の祈りを認め、イスラム教の王は、2
0万という大軍を持ちながらも無理な聖地奪還はしない。この微妙なバランスを保つのに腐
心する2人の王の姿が、この映画の第1のテーマと言えます。


【偉大な先人の後には・・・】

こういう立派な王様というのは、有能な後継者に恵まれないのが世の常です。

キリスト教の王様の他界後、そのバランスが崩れていく様が映画の後半部分で描かれていき
ます。後を引き継いだ新王は、好戦的で野心家。前王がせっかく築き上げた和平を、己の欲
望のために壊してしまいます。

 無謀な戦いに敗れ、とらえられたキリスト教新王に、イスラム教徒の王が言います。

「偉大な王の側にいながら、おまえは何も学ばなかったのか?」

この一言が、第1のテーマの全てを表しています。


【救いを求めたら・・・】

 第2のテーマは、主人公バリアンの人間的成長です。だってすごいんですよ。このバリア
ンという男は、はじめカッとなると村の司祭であろうが惨殺するようなヤツだったんですよ。

そんな男が、偉大な父ゴッド・フリーと出会い、その死に際の教えに従うことによって人間的
に成長していくのです。

 「王と民を守れ」とう父の言葉を忠実に実行し、終いには聖地エルサレムを守るため、20
万の大軍を迎え撃つのです。ただのブチギレ野郎だったバリアンが、神に救いを求めていくう
ちに、自分自身が救世主になっていく姿を、オーランド・ブルームが好演しています。

彼の最後の台詞「わたしはただの鍛冶師です」が、この第2のテーマの全てを表しています。

大軍を率いて武名を轟かすより、まずしい鍛冶師でも平和に暮らしていくほうがよほど幸せであ
る、というバリアンの思いがこの一言に込められているのです。

これからエルサレム奪還に向かうというイングランド王の後姿を見つめるバリアンの目が、もう
そんなことはどうでもいいさ、と言っているようで印象的でした。

リドリー・スコット監督の久々の秀作でした。

本作品の評価額:1500円
                                 ガク・喜嶋
<本編終了>
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【編集こ〜き】
 
 みなさんお元気でしょうか?
一昨日、東京に雪が降りました。昨日は曇りのち晴れで、気温も16度になるでしょう
という予報だったのに、寒いまま終わってしまいました。
 最近、天気予報ってあんまり当たりませんよね。
昔の方がよく当たったような気がするんですけど・・・。
もしかして、このところの異常気象で、予報もしにくいということなんでしょうか?

ご意見・ご感想はコチラまで → artistk@apost.plala.or.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【どんどん転送してください】

 あなたの周りに映画好きな人はいませんか?
そんな人には是非、このメールマガジンを転送してあげてくださいね。そしてどしどし
ご意見・ご感想をお寄せください。可能なかぎり本誌上でご紹介させていただきます。

ご意見・ご感想はコチラまで → artistk@apost.plala.or.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
最後までお読みいただきありがとうございました。

登録と解除はこちらから
『まぐまぐ!』  http://www.mag2.com/m/0000140453.html
『めろんぱん』  http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=008279
『melma』            http://www.melma.com/mag/39/m00141739/

発行者Webサイト: http://www.geocities.jp/smiletk2001
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-06-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期だけど読みごたえあり  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。