日記・blog

Qの日記セレクト

30代後半サラリーマン汐菱Qの日記の中から、外に出しても恥ずかしくないもの(^^;を厳選してお届けします。雑学・薀蓄、人生の教訓などが得られる!かも?


全て表示する >

[Q no Nikki SELECT No.521 2004/12/24]

2004/12/24

===== Q's diary select =================================================

              Qの日記セレクト

           第521号 2004年12月24日(金)
========================================================================


========================================================================
★2004年12月6日(月)の日記
------------------------------------------------------------------------

  夜、長男が、「お馬さんやって〜」と言う。

  子ども達の要求は、なるべく叶えてやりたいと思う。思うけど、なかなか
 実行できない。

  長男は、小学2年生。その中でも、大きい方だ。お馬さんは、やってやれ
 ないこともないけれど、つい、拒否してしまった。

  その後、反省。

  中学生や高校生にもなって、私と同じぐらいの体格になっているのならと
 もかく、小学2年生の長男は、まだまだ小さい子どもだ。

  お馬さんだって、すぐに、本当に、やりたくてもやってやれなくなるだろ
 う。

  やってやれるのは、今のうちの、短い間だけだ。なぜそれを、やってやら
 ないのだ?

  やってやろうよ。そうだよね。今度、『やって』と言ってきたら、こころ
 よくやってやろう。


  今のうちにできることと言えば、次男との遊びがある。

  いつの頃か憶えてないが、ある日、次男が、私の脚に、しがみついたこと
 があった。

  私の脚の、膝から下を、抱きかかえるようにして。

  そのとき、次男のお尻が、私の足の甲の上に乗っかっていたので、そのま
 ま、持ち上げてやったのだ。ちょうど、メリーゴーランドの馬に座るときと、
 同じような格好だ。

  そのままゆらゆらと、上下左右前後に揺らしてやる、という遊びが、その
 ときに生まれた。

  それ以来、私が立っていると、ときどき次男が足にしがみついて来る。私
 は次男を持ち上げて、揺らしてやっている。

  次男もだんだん大きく、重くなってきたので、最近では、何かにつかまり
 ながらでないと、持ち上げられないし、揺らしてやれる時間も短い。

  次男も心得たもので、片脚が終わると、もう片方の脚に、しがみついて来
 る。両脚で1セット、1回1セットが限界の、遊びだ。

  さて、この遊び、いつまで続けられるだろうか……。



  昨年の今日の日記
  → http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/n200312.html#06


  ----------------------------------------------------------------

  クリスマス・イブですね。サンタクロースが、プレゼントを持って来てく
 れます。明日の朝の、子ども達の喜ぶ顔が、楽しみです。



---[ PR ]---------------------------------------------------------------
最短一時間でお振込!【富士クレジット】のクィック・キャッシング。
全国セゾン・ローソンCD機や即日振込でご利用になれます。
http://ad2.trafficgate.net/t/r/6/296/19781/
------------------------------------------------------------------------
/~\富士山 Fujisan.co.jp 「フジサン」「シーオー」「ジェーピー」
さまざまな定期購読誌をワンストップで申し込める「定期購読雑誌専門サイト」
お気に入りの雑誌は、毎号確実に手元に届く、定期購読が便利です。
http://www.fujisan.co.jp/ap-cobcq
---------------------------------------------------------------[ PR ]---


========================================================================
★映画レビューコーナー
------------------------------------------------------------------------

  『21グラム(21GRAMS)』< http://www.21grams.jp/ >

  汐菱Qのオススメ度:☆☆☆★★(星5つのうち3つ)

  誰もがいつか失う重さ。

  人が死ぬ瞬間、体重が少しだけ減る、という話を聞いたことがあります。
 その重さが、21グラムだそうです。

  人が死ぬと、魂が抜ける、と考えている人には、だから、21グラムは、魂
 の重さだ、ということになります。

  私は、この映画の題名だけを見て、そういうオカルト的な、あるいはSF的
 な、内容を、期待したのですが、まったく違う、人間ドラマでした。(だか
 らといって、期待外れだった、という訳ではありません)

  『21グラム』は、『命の重さ』という意味で題名に使われているだけで、
 本編の内容には、関係ありません。

  たったの21グラムですから、意外と軽いな、という感じがします。しかし、
 人命は、地球より重い、と言う人もいますから、物理的な重さだけでは、計
 り知れません。

  ある事故を中心に、3人の人生が、絡み合います。

  その3人とは、心臓移植以外に助かる道のないポール・リヴァース(ショー
 ン・ペン)、優しい夫と2人の幼い娘と幸せに暮らしているクリスティーナ・
 ペック(ナオミ・ワッツ)、信仰に没頭することで心の平静を得ようとする
 前科者のジャック・ジョーダン(ベニチオ・デル・トロ)、です。

  その事故を中心に考えると、それ以前の過去と、その後の未来、しかも3
 人の、それぞれの人生の断片が、ランダムに、細切れに映し出されます。

  時系列に沿って、物語を構成(編集)することももちろんできたのに、あ
 えてこういう形にしたのには、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監
 督の、この映画のテーマをより効果的に見せる、という意図があるのでしょ
 う。

  二度三度と繰り返して観ると、特に映画の前半の、一つひとつのシーンの
 意味が、より鮮明に見えてくると思います。

  どうしようもなく遣り切れない、運命の過酷さ。『それでも人生は続いて
 いく』というような言葉が、何回か出てきますが、それでもどこかに希望を
 見出して、生きて行くしかない、いや、生きて行こうよ、そんなメッセージ
 を、感じました。


  この映画のDVDをAmazon.co.jpで買う
  ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00017YVBQ/kk2001yji-22

  楽天市場で買う
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0056e222.5921b783/?url=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fcinema%2f586882%2f%23600699


========================================================================
●『Qの日記セレクト』 第521号 2004年12月24日(金)(週2回(火・金)発行)
前号の発行数:642部(全発行システム合計)
発行責任者 :汐菱 蚯 mailto:cobcq@hotmail.com
Copyright(c) 2004 汐菱 蚯, All rights reserved. 禁無断転載
発行システム:まぐまぐ http://www.mag2.com/    マガジンID:0000022457
        melma! http://www.melma.com/    マガジンID:m00014055
        Macky! http://macky.nifty.com/   マガジンID:select
     メルマガ天国 http://melten.com/     マガジンID:3815
      めろんぱん http://www.melonpan.net/  マガジンID:000565
      E-Magazine http://www.emaga.com/    マガジンID:select
      カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ マガジンID:7688
------------------------------------------------------------------------
汐菱Qのホームページは http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/
ご意見・ご感想は汐菱Qの掲示板 http://356.teacup.com/COBCQ/bbs へ
blogもやってます⇒ http://blog.melma.com/00014055/
========================================================================

◆購読の解除は、ご自分でお願いします。解除は、↑の発行システムのサイト
 か、↓のマガジン毎のページで行えます。また、発行システムによっては、
 このメールの最後に解除用のURLがありますのでご利用ください。

========================================================================
★汐菱蚯&螢が発行しているメールマガジンです★登録/解除は↓★ヨロシク★
     汐菱Q通信 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/tuusin.html
気まぐれ刊今日の数字 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/suuji.html
メール同人誌そらこそ http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/sorakoso.html
  Qの日記セレクト http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/nselect.html
  バボちゃんの日記 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/fnikki.html
汐菱QのHP更新情報 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/qhpkojo.html
似ているものシリーズ http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/nitemag.html
      映画随録 http://cobc-q.hp.infoseek.co.jp/mmaga.html
 マンション管理士! http://kkk.ld.infoseek.co.jp/knrsgiku.html
マイド!カコモン!! http://www.geocities.jp/kk2001yji/mankan/
========================================================================

-

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-08-04  
最終発行日:  
発行周期:週2回(火金)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。