日記・blog

Qの日記セレクト

30代後半サラリーマン汐菱Qの日記の中から、外に出しても恥ずかしくないもの(^^;を厳選してお届けします。雑学・薀蓄、人生の教訓などが得られる!かも?


全て表示する >

[Q no Nikki SELECT No.511 2004/11/19]

2004/11/20

-


===== Q's diary select =================================================

              Qの日記セレクト

           第511号 2004年11月19日(金)
========================================================================


---[ PR ]---------------------------------------------------------------
最短一時間でお振込!【富士クレジット】のクィック・キャッシング。
全国セゾン・ローソンCD機や即日振込でご利用になれます。
http://ad2.trafficgate.net/t/r/6/296/19781/
------------------------------------------------------------------------
Amazon.co.jpに、『おもちゃ&ホビー』ストアが、オープンしました!
2万点を超えるおもちゃ、ホビー商品のほとんどが、15〜30%OFF!
1,500円以上で、国内配送料無料! クリスマスプレゼントにもご利用ください
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=kk2001yji-22&path=tg/browse/-/13299531
---------------------------------------------------------------[ PR ]---


========================================================================
★2004年11月4日(木)の日記
------------------------------------------------------------------------

  昼、ミニロト購入のおつりで、新五千円札ゲット。

  なんか、樋口一葉さんの目が、黒目がべったりしていて光がなくて、ちょっ
 と怖い……。(^^;A

  雰囲気は、旧札と変わらないので、それほど違和感は、ない。

  今の旧札に替わったときは、おもちゃのような感じがしたけどね。



  TVチャンピオンで、犬のしつけのチャンピオンをやっていた。

  思ったんだけど、『ダメ犬』『ダメ犬』と言うけれど、本当にダメなのは
 犬ではなくて、飼い主の方なんだよね。

  今の日本人って、自分の子どものしつけもできないのだから、犬のしつけ
 なんて、なおさらできるわきゃない。と思う。

  昔はみんな、ある程度の厳しさを持っていて、自分の子どもだけでなく、
 近所の他人の子どもにも、ペットの犬にも、それなりに毅然とした態度で接
 していたように思う。

  今はみんな、妙に『ヤサシク』なっちゃって、怒れないし、厳しくできな
 い。

  『優しい』というのは、実は、強者が弱者に対してしかとれない態度であ
 ると思う。それは、弱者に対して、強者であるという、両者の間に共通した
 認識があって、初めて成り立つ関係である。

  最初から『優しく』接してしまうとどうなるか? 『優しい』=『弱い』
 という等式が成り立って、弱者になってしまうだろう。

  『子どもに優しい親』も、子どもに対して親の方が『強者』であるという
 認識を植え付けてからでないと(これは自然には植え付かないと思う。教育
 が必要である)、最初から『優しい』だけでは、子どもは親を『弱者』と見
 做し、馬鹿にし、利用しようとするだけだ。

  これが、犬に対しても同じ。あ、逆か? でも、犬に対するしつけと同じ
 ように、子どもに対してもしつけが必要だ。ということだ。

  それがまたうまくできなくて、『虐待』に走ってしまうこともあるんだけ
 どね。難しいものだ。でも、やらなくてはならない。

  参考⇒ http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/kotoba.html#no4



  昨年の今日の日記
  → http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/n200311.html#04


========================================================================
★映画レビューコーナー
------------------------------------------------------------------------

  『いま、会いにゆきます』< http://www.ima-ai.com/ >

  汐菱Qのオススメ度:☆☆☆☆☆(星5つのうち5つ)

  『会いたい』と想う気持ちが、奇蹟を起こす。竹内結子、最高です。

  ママが死んで1年が経った。でも、ママは、雨の季節になったら帰って来
 る、と言っていた。

  主演の竹内結子ですが、私が観た映画では、『黄泉がえり』、『天国の本
 屋〜恋火』と、何故だか死んだ人だったり、生き返ったりするような役が多
 いのですが、無邪気な男勝りな女の子から、ひっそりと一途に想い続ける憂
 いのある女性、そして、命を育み慈しむ母親のような役まで、見事に演じる
 女優さんだな、と思います。

  本作でも、その実力は遺憾無く発揮されていると思います。記憶をなくし
 てある状況にいきなり投げ込まれた戸惑い、ぎこちない初キッス(史上最高
 のキスシーンだとさえ思えました)、そして、喫茶店のシーンで見せた、心
 の揺れ。

  物語の終盤で、今まで巧(中村獅童)にあった視点が、澪(竹内結子)に
 移ります。そして、『謎』が、明かされます。

  映画のラストで、タイトルである『いま、会いにゆきます』の、本当の意
 味がわかります。運命に流されるのではなく、自らその運命を選び、決意し
 た、非常に力のある言葉なのです。

  一度観終えて、続けて2回目を観ました。2回目は、一つひとつのセリフ、
 シーンが、1回目とは違った意味を持ち、そして、『ああ、そういう意味だっ
 たのか』と、新たな感動を覚えました。

  竹内結子のことばかり書いてしまいましたが、秋穂佑司(子ども)役の武
 井証も、自然な演技で、お見事でした。私の子ども達の次に、可愛く見えま
 した。

  そして、中村獅童に似ていると評判の、浅利陽介が、高校時代の巧役で出
 演しています。これがまた、見事にシームレスで、素晴らしい。顔だけでな
 く、仕草や行動までそっくりで。

  できれば、2回観ることをお勧めします。

  Amazon.co.jpで買う
  ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00061Q6VK/kk2001yji-22


========================================================================
●『Qの日記セレクト』 第511号 2004年11月19日(金)(週2回(火・金)発行)
前号の発行数:658部(全発行システム合計)
発行責任者 :汐菱 蚯 mailto:cobcq@hotmail.com
Copyright(c) 2004 汐菱 蚯, All rights reserved. 禁無断転載
発行システム:まぐまぐ http://www.mag2.com/    マガジンID:0000022457
        melma! http://www.melma.com/    マガジンID:m00014055
        Macky! http://macky.nifty.com/   マガジンID:select
     メルマガ天国 http://melten.com/     マガジンID:3815
      めろんぱん http://www.melonpan.net/  マガジンID:000565
      E-Magazine http://www.emaga.com/    マガジンID:select
      カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ マガジンID:7688
------------------------------------------------------------------------
汐菱Qのホームページは http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/
ご意見・ご感想は汐菱Qの掲示板 http://356.teacup.com/COBCQ/bbs へ
blogもやってます⇒ http://blog.melma.com/00014055/
========================================================================

◆購読の解除は、ご自分でお願いします。解除は、↑の発行システムのサイト
 か、↓のマガジン毎のページで行えます。また、発行システムによっては、
 このメールの最後に解除用のURLがありますのでご利用ください。

========================================================================
★汐菱蚯&螢が発行しているメールマガジンです★登録/解除は↓★ヨロシク★
     汐菱Q通信 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/tuusin.html
気まぐれ刊今日の数字 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/suuji.html
メール同人誌そらこそ http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/sorakoso.html
  Qの日記セレクト http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/nselect.html
  バボちゃんの日記 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/fnikki.html
汐菱QのHP更新情報 http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/qhpkojo.html
似ているものシリーズ http://www.geocities.jp/kk2001yji/cobcq/nitemag.html
      映画随録 http://cobc-q.hp.infoseek.co.jp/mmaga.html
 マンション管理士! http://kkk.ld.infoseek.co.jp/knrsgiku.html
マイド!カコモン!! http://www.geocities.jp/kk2001yji/mankan/
========================================================================

-

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-08-04  
最終発行日:  
発行周期:週2回(火金)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。