経営

社長のための会計学【マトリックス通信】

▼この先どうする!【利益が見える戦略MQ会計】▼売上を増やすと、経費を減らすと、製造原価を下げると、本当に利益が増えるのですか?▼経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!▼「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」の著者が書き下ろす社長のための会計学です。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

マトリックス通信 Vol.468 【そもそも論・決算書の構造について考える】

2018/07/03

 【そもそも論・決算書の構造について考える】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.468 2018/07/03
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼定員まであと数名になりました。

 2018年08月17日(金)〜18日(土)
 京都・MQ会計2日間【理論と応用】 
  ⇒ https://www.mxpro.jp/kytmq01/

 2018年08月19日(日)
 京都・MQ会計【実践編】
  ⇒ https://www.mxpro.jp/kytmq02/


----------------------------------------------------------------------

▽この研修は非公開です。
 ご縁のある方へのみお声がけしています。

 2018年07月17日(火)〜18日(水)
 薩摩川内・MQ会計2日間【理論と応用】 
  ⇒ https://www.mxpro.jp/sendai-mq01/

 2018年07月19日(木)
 薩摩川内・MQ会計【実践編】
  ⇒ https://www.mxpro.jp/sendai-mq02/

----------------------------------------------------------------------

▽2018年08月23日(木)
 埼玉川口・社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
  ⇒ https://www.mxpro.jp/kgcmq02/


▼残りわずかになりました
 2018年08月25日(土)/ 26日(日)
 東京・「社長のためのキャッシュフロー」MG研修【特別編】 
  ⇒ https://www.mxpro.jp/tkymgcf/


▽2018年08月31日(金)
 京都・社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
   ⇒ https://www.mxpro.jp/kytmq03/


▼2018年09月01日(土)/ 02日(日)  
 京都・MG研修2日間
  ⇒ https://www.mxpro.jp/kytmg01/


▽2018年09月07日(金)
 鹿児島・社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 ⇒ https://www.mxpro.jp/kagoshima-mq01/


▼2018年09月08日(土)/ 09日(日)
 鹿児島・MG研修2日間
 ⇒ https://www.mxpro.jp/kagoshima-mg/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■前回までのあらすじ

 「経営者は数字で経営を考えなければならない!」
 「決算書くらい読めないようでは社長として失格!!」

 そこで多くの社長たちは会計を学ぼうとします。

 税理士たちも、
 自分たちが作る決算書をどのように説明しようかと頭を悩ませ、
 解説のしかたや分析に工夫を凝らし、
 わかりやすい帳表やグラフを作ろうとします。

 ところが、
 【これだ!】という根本的な解決策はでてきません。
 そしてとりだたされるのが、

 ・B/S(貸借対照表)
 ・P/L(損益計算書)
 ・C/S(キャッシュフロー計算書)

 の関係です。

 ところが「利益が出ているのにカネはないのはなぜか?」
 については、この3つの表からは説明ができません。

 そこでこれらの3つの関係(決算書の構造)を解説しようと、
 いろいろな書籍が出版され帳表が考案されました。


 「そもそも、なぜ3つに分解するのか」 

 そして

 「なぜ、3つの関係を【あえて】説明しなければならないのか」



■決算書を「わかりやすく解説しようとした書籍」は
 世のなかにたくさん存在します。

 ところが、決算書の「わかりにくさを追求した本」は、
 なかなか見つけられません。

 「わかりにくさを追究することで、
  反対に、決算書の仕組みが見えてくるかもしれない!」

 と思い、

 「これなら決算書の仕組みがわかる!」

 と題して、ある企業の事例で決算書を検証しようという試みです。


----------------------------------------------------------------------

■日本人の会計学者が書いた本からの抜粋です。


 ◎これまでの複式簿記では、診断の基礎となるデータが元帳の口座の中に
  分散していて全体の見通しがきかず、個々の取引が日付順に雑然と記録
  されているので、経営診断の生きた資料をそこから引き出すことは難し
  かった。

 ◎そのため、こんにちの経営診断学では企業活動の結果であり残高にすぎ
  ないB/SとP/Lだけをたよりにして、企業の安全性や活動性や収益性
  や発展性を測定しているにすぎない。

 ◎こんなやり方は、ひと昔前の町医者が、聴診器と体温計だけをたよりに
  して病状を判断したのに似ている。


 すでに40年以上も前に書かれた内容ですが、
 会計の世界では、いまだに同じことが続いています。

 「決算書の見方や分析・解説のしかた」のセミナーが
 各地でさかんに行われているのを見るたびに、
 決算書が、いかに世のなかで重要視されているのか、を感じます。

                 ・

 『ある日、文具屋で100円のボールペンを現金で買いました。』


 この事実が決算書にどう反映されていくのか、
 どのように分類され集計されるのか、

 一連の会計処理の流れを見ていくと、
 【ある処理】を境に「現金とボールペンの関係」が断ち切られます。
 「ボールペンを現金で買った」という重要な意味が失われるのです。

 それは、元帳に転記され合計残高試算表に集計された時点です。



■「ボールペンを現金100円で買った」という取引を
 会計記録として残すために「仕訳」に変換します。
 この作業に必要なのが「簿記の技術」です。

 そして「借方(かりかた)・貸方(かしかた)」という
 会計用語が出てきます。


 (借方)事務用消耗品費 100 /(貸方)現金 100 (摘要)ボールペン代


 この段階では、ボールペンと現金の関係性がわかります。
 ところが元帳へ転記され合計残高試算表へ集計された途端に、
 この取引は意味を失います。
 「借方:事務用消耗品費」と「貸方:現金」が分断されるからです。

 事務用消耗品費の科目には、

 現金で払おうと、
 預金で払おうと、
 クレジットで払おと、
 買掛金で買おうと、
 相殺されようと、

 借方に仕訳された「事務用消耗品費」だけが集計されるのです。

                 ・

 ここまでは簿記会計で習う「決算書を作る手順の話」でしたが、
 会計ソフトでも同じことが起きています。

 (借方)事務用消耗品費 100 /(貸方)現金 100 (摘要)ボールペン代

 この仕訳を入力したとたんに、
 会計ソフトのデータベースには次のように記録されます。
 (このフォーマットが主流になりつつあります)

 (借方)事務用消耗品費 100 
 (貸方)現金 100 
 (摘要)ボールペン代

 この3行は会計ソフトの内部でバラバラに記録されます。
 それぞれのデータは「キー」をもとに一瞬に画面に表示されるため、
 あたかも一行に記録されているように見えるのです。

 では、なぜ、会計ソフトではこのようなデータを作るのでしょうか。

 決算書や各種帳表を集計する際に「都合が良い」からです。

 会計ソフトにおいても現実の会計と同様に
 「仕訳の意味や関連性は重要ではない」のです。

                 ・

 「宇野さん、これじゃ会計の説明と一緒でさっぱりわかりません!」

 そこで、

 会計とは全く関係のない「期中の社員の移動の計算」に、
 時間をかけて考えてもらったわけです。

 前回までの問題を、会計の視点から集計した帳表がこちらです。
  ⇒ https://www.mxpro.jp/vol-468-1/



■日本人の会計学者が書いた本からの抜粋をもう一度ご覧ください。


 ◎これまでの複式簿記では、診断の基礎となるデータが元帳の口座の中に
  分散していて全体の見通しがきかず、個々の取引が日付順に雑然と記録
  されているので、経営診断の生きた資料をそこから引き出すことは難し
  かった。

 ◎そのため、こんにちの経営診断学では企業活動の結果であり残高にすぎ
  ないB/SとP/Lだけをたよりにして、企業の安全性や活動性や収益性
  や発展性を測定しているにすぎない。

 ◎こんなやり方は、ひと昔前の町医者が、聴診器と体温計だけをたよりに
  して病状を判断したのに似ている。


                 ・


 「利益が出ているのにカネはないのはなぜか?」を

 いまの会計(決算書)の仕組みに求めること自体、無理な話!なのです。


 「じゃあ、何か方法はないのか!」


 (つづく)



----------------------------------------------------------------------

▼18年間のマトリックス会計の研究において
 もっとも時間を費やしてきたのが【資金計画】の部分です。

 資金の動きを予測する方法はないのか、について考え続けてきました。
 そして「社長方にとって必要なのは予測ではない」という結論に達しました。
 難しい数学を使ったところで、けっして現実には当てはまらない。
 予測ではなく、あくまでも社長の意思を入れた計画にしなければならない。

 じゃあ、どうする!

 残りわずか

 東京・社長のためのキャッシュフロー
 2018年08月25日(土)/ 26日(日)
 ⇒ https://www.mxpro.jp/tkymgcf/


----------------------------------------------------------------------

★マトリックス通信・バックナンバーは
 こちらからご覧いただけます。
 ⇒ https://www.mxpro.jp/backnumber/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス https://www.mxpro.jp/
【発行責任者】宇野 寛  
【メルマガ登録・解除は】 https://www.mxpro.jp/touroku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。
  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
  その際は全文を改変せずにご利用ください。

 

最新のコメント

  • コメントはありません。