経営

社長のための会計学【マトリックス通信】

▼この先どうする!【利益が見える戦略MQ会計】▼売上を増やすと、経費を減らすと、製造原価を下げると、本当に利益が増えるのですか?▼経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!▼「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」の著者が書き下ろす社長のための会計学です。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

マトリックス通信 Vol.455 【「会計ソフトの役割」について考える】

2018/01/16

 【「会計ソフトの役割」について考える】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.455 2018/01/16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼2018年01月20日(土)/ 21日(日)
 東京・MG研修2日間【特別編】
 社長のためのキャッシュフロー

 本日、1席空きが出ました
 ⇒ https://goo.gl/a3eXxf


▽東京・2018年02月01日(木)14:30〜17:00

 私と一緒に東京でMG研修を開催している
 税理士法人「TAXGYM(タックスジム)」代表の
 渡邊勝也(わたなべまさや)税理士が行うセミナーはこちら

 「絶対に資金繰りがよくなる!補助金×日次決算セミナー」
 ⇒ https://goo.gl/zAVWTN

----------------------------------------------------------------------

▽2018年02月02日(金)
 鹿児島・社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 ⇒ https://goo.gl/Musrfs

▼2018年02月03日(土)/ 04日(日)
 鹿児島・MG研修2日間
 ⇒ https://goo.gl/GVo5wj

 鹿児島は応募者が多数のため定員を増やしました。
 残りわずか、ご希望の方はお早めにどうぞ。

----------------------------------------------------------------------

▼利益が見える戦略MQ会計セミナー

 受付を開始しました

 MQ会計【理論と応用】
 東京・2018年04月13日(金)〜14日(土)
 ⇒ https://goo.gl/Y6gqvB

 MQ会計【実践編】
 東京・2018年04月15日(日)
 ⇒ https://goo.gl/jMj1Co


▽2018年04月28日(土)/ 29日(日)
 東京・MG研修2日間
 特別講義内容は未定、近日中にこのメルマガでお知らせします


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■パソコンなどない時代の会計事務所の仕事といえば、
 企業から依頼されての「手作業による帳簿作成」。
 事務所の職員一人が担当できる件数は月にせいぜい十数件、
 (手書きの)試算表が一発で合うかどうか、職人の世界です。

 本決算ともなれば、減価償却費の計算に多くの時間を使い、
 ようやく利益が確定すれば、そのあとはもちろん
 手書きによる申告書と内訳明細書の作成で、
 損金や益金の漏れが見つかれば、また最初からやり直し。
 その作業が会計事務所の主な売上(手間賃)でした。
 「月次決算」という単語が存在しなかったときの話です。

 会計ソフトがこれだけ普及した現在、
 会計事務所の作業は、比較できないくらい楽になっているはず。
 ところが、考え方や方針、理念がきちんとできていない、
 職員の教育が徹底していない事務所では、
 作業が手書きからパソコンへの入力に変わっただけ。



■では、企業側から見た場合、会計ソフトの役割はどうなのだろうか。

 「そもそも、会計ソフトを選ぶのは誰か?」

 会社の規模が大きくなり、
 「経理」という組織が存在するようになると
 会計ソフトを選ぶのは、経理の責任者です。
 (ただし、最後に決定するのは社長)

 そしてその選定基準は、 
 ・入力まわりや操作性、使いやすさ、わかりやすさ
 ・いざというときのサポート
 ・販売店からの薦め
 ・ソフトの価格

 そして経営に活用しようと思った経理担当者が次に進むのが
 「自分のイメージしている分析資料や帳表が作成できるか」です。
 社長の思っているものに近ければいいのですが、
 そうでないときには、会計ソフトに入力したデータから
 独自に作成することになります。

 ところが、税務申告さえできればいいという会社は、
 社長にとって会計ソフトの選定は重要ではありません。
 だから、税理士の薦めるソフトを購入することになります。

 おそらく、いまでも疑問に思っている社長方も多いと思います。

 「税理士を替えれば、会計ソフトも変えなければならないのか?」

 事務担当者がせっかく操作に慣れてきたのに
 あえて税理士が薦める会計ソフトに替えなければならないという現象は
 相変わらず起きているようです。



■今回は、会計ソフトの役割と
 それをどのように経営に活かすのか、について考えてみます。

 はじめに、
 会計ソフトの役割は「経理事務で手間ひまをかけないため」です。

 「会計ソフト」とは「事務処理ソフト」です。
 ですから、手書きで帳簿をつけていたときのやり方が、
 そのままソフト(プログラム)のなかで行われています。
 パソコンになっても、会計帳簿のつけ方の基本のとおりに
 ソフトが組まれているわけです。

 会計ソフトのメーカはたくさん存在しますが、
 税務申告だけが目的であれば、
 どのメーカーのソフトでも機能は十分に備わっています。
 日々企業側で発生する取引を会計ソフトに入力しさえすれば、
 税務申告に必要な帳表や資料は、自動的に作成されるからです。

 「事務処理の省力化、入力作業をどこまで省けるのか」

 会計ソフトに期待できるのはこの部分です。



■私が考える会計情報への期待のひとつは、
 【警戒警報】としての役割です。
 けっして会計ソフトへの期待ではありません。

 社長方がもし、会計情報を経営に活用するのであれば、
 会計ソフトから出力される決算書などの帳表類よりも、
 そこに蓄積された会計データや情報を
 どのように活用するのかに着目し、

 ★蓄積される「データの質を上げていくこと」★

 会計ソフトの使い方ではなく「データの活用の仕方」の話です。 

 税理士もコンサルタントも、ここを誤れば、
 決算書の解説や帳表の分析に終始することになってしまいます。

 『経営に対する警戒警報としての会計の役割』

 ★これは重要★

 経営の危機を知らせる情報が、
 本来、会計システム(会計ソフトではない)のなかに備わっているのですが、
 具体的にどのように活用するのか、という話にはなかなかなりません。
 これをきちんと説明し指導できる税理士はごく少数、
 会計情報を経営に活用するうえで、とても大切なことです。


 (つづく)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼警戒警報・質の高い会計情報の話は、
 「社長のためのキャッシュフロー」の講義のなかで行います。

 本日、1席空きが出ました
 2018年01月20日(土)/ 21日(日)
 東京・MG研修2日間【特別編】
 ⇒ https://goo.gl/a3eXxf


▽2018年02月02日(金)
 鹿児島・社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 ⇒ https://goo.gl/Musrfs

▼2018年02月03日(土)/ 04日(日)
 鹿児島・MG研修2日間
 ⇒ https://goo.gl/GVo5wj

 鹿児島は応募者が多数のため定員を増やしました。
 残りわずか、ご希望の方はお早めにどうぞ。


▽東京・2018年02月01日(木)14:30〜17:00

 私と一緒に東京でMG研修を開催している
 税理士法人「TAXGYM(タックスジム)」代表の
 渡邊勝也(わたなべまさや)税理士が行うセミナーはこちら

 「絶対に資金繰りがよくなる!補助金×日次決算セミナー」
 ⇒ https://goo.gl/zAVWTN

----------------------------------------------------------------------

▽利益が見える戦略MQ会計セミナー

 受付を開始しました

 MQ会計【理論と応用】
 東京・2018年04月13日(金)〜14日(土)
 ⇒ https://goo.gl/Y6gqvB

 MQ会計【実践編】
 東京・2018年04月15日(日)
 ⇒ https://goo.gl/jMj1Co

----------------------------------------------------------------------

▽2018年04月28日(土)/ 29日(日)
 東京・MG研修2日間
 特別講義内容は未定、近日中にこのメルマガで案内します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.mxpro.jp/
【発行責任者】宇野 寛  
【メルマガ登録・解除は】 http://goo.gl/5KMT67
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。
  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
  その際は全文を改変せずにご利用ください。

 

最新のコメント

  • コメントはありません。