語学・言語学

ビジネス上手の英語表現とビジネス・スキル

ビジネス・スキルのブラッシュ・アップに直接、間接役立つ英語表現とビジネスTipsを説明します。会議、プレゼンテーション、ネゴシエーション、マーケティング、ファイナンス、各種マネジメント、会計など、カテゴリーごとに順次ピックアップします。

全て表示する >

ビジネス上手の英語表現とビジネス・スキル

2006/10/28


■――――――――――――――――――――――――――――――――  2006/10/28■
 ビジネス上手の英語表現とビジネス・スキル No.56
                  http://members3.jcom.home.ne.jp/wba/bizcommune.html
■――――――――――――――――――――――――――――――――――――――■

〇目次
 使ってみたいビジネス英語
見聞きする英語表現からビジネスで使えるものを厳選。
 スキル・アップのビジネスTips
ビジネス・テーマからエッセンスをまとめて紹介。
 編集後記

【使ってみたいビジネス英語】

<前言を撤回する>

I should have said that a different way.
他の言い方を用いるべきでした。
Let me take that back and try again.
前言を撤回して言い直します。
I’m sure I’ve confused you. 
混乱させてしまいました。

必要な表現ですが、前言を撤回するというよりは、このような表現を婉曲的に使って、ア
ピールする方法もあると思います。この状況に合わせた「言った本人もわからないのです
から、分かりませんでしたよね?」という次のジョークがあります。
I hope you understood me because I didn’t.

ここで取り上げる表現は「プレゼンテーションの英語表現」を参考にしています。
詳細はサイトをご覧下さい。
http://members3.jcom.home.ne.jp/wba/bizcommune.html

【スキル・アップのビジネスTips】
クリティカル・シンキング(Critical Thinking)のトピックを紹介しています。
前回、論理展開の基本的2タイプ、演繹的論理展開と帰納的論理展開の内、演繹的論理展
開について説明しました
演繹的論理展開―法則からいろいろな結論を導き出す方法
帰納的論理展開−色々な事実や結果から法則を見つける方法

今回は帰納的論理展開の説明と留意点について説明します。
これは、複数の観察された事実や意見の類似性から結論を導く方法です。結論は「〜だろ
う」「〜のようだ」という推測の形をとることが多くなります。ビジネスコミュニケーショ
ンにおいては、帰納法的な論理展開を利用する(先に結論を挙げ、理路整然とその根拠を
説明する)ことで、説得力のある説明を行うことができます。留意点として、帰納法の結
論は推測に頼っており、その推測には、個人的な判断が介入し、人により解釈が異なる場
合があるということです。

ここで取り上げる内容は「通勤大学MBA3 クリティカルシンキング」などを参考にして
います。詳細はサイトをご覧下さい。
http://members3.jcom.home.ne.jp/wba/bizcommune.html

【編集後記】
 今週は香港のヘッジファンド・マネージャーのプレゼンを受けました。若い中国人です
が、展開、内容など特に上手なわけではありませんが、自信をもったプレゼンは安心感が
あります。日本人だとこうは行かないような気がします。別の日に若い日本人社長のプレ
ゼンもあり、淀みないプレゼンでしたが、何か違う感じです。一般にそうです。国民性?
ビジネス環境?教育?何かが違います。クリティカルシンキングの染み込み方の違いかも
しれません。 

 ビジネス英会話サークルBizCommuneでは月2回ビジネス英語とビジネス・スキルのブ
ラッシュ・アップを行っています。(東京・京橋)お気軽にご参加下さい。2006年はゲーム
理論、マーケティングのケース・スタディなどを中心に行っています。
詳細は次のホームページからどうぞ。
http://members3.jcom.home.ne.jp/wba/bizcommune.html

■――――――――――――――――――――――――――――――――――――――■
発行者:WBAビジネスフォーラム BizCommune
問合せ、感想: wba@jcom.home.ne.jp
登録・削除: http://members3.jcom.home.ne.jp/wba/bizcommune.html


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-05-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。