海外旅行

世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記

世界一周の旅の経過をリアルタイムに現地からメール!
ぷらぷらと彷徨いながらも、街の様子や情報、感想を臨場感込めて報告。

全て表示する >

世界ぷらぷら 第71回(06/12/20) タイ-日本

2006/12/20

====================================================================
■□■                              ■
□■   【世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅行記】    ■□
■        http://www.sekai-purapura.com/       ■□■
====================================================================
第71号 2006.12.20

【初めて読んでくださる方へ】
後先考えずにか会社を辞めてしまった旅人「たかぷら」の旅の様子
や、その時その時の節約旅行に役立つ情報を配信するメルマガです。

2004年11月9日に旅に出て以来、下記のように旅を続けています。

東南アジア→オセアニア→東南アジア→東アジア→南アジア→中東
→ヨーロッパ→北アフリカ→ヨーロッパ→アジア

ちなみに旅行費用は2年強で、200万円(1人分換算)使っています。

安宿を渡り歩きバスや電車を使って旅をする場合は、旅行費用は一
般に 100万円/1年 あれば足りると言われています。

====================================================================

【旅経過】
 2006.11.30〜2006.12.03 バンコク(タイ)
 2006.12.03〜2006.12.20 東京(ジャパン)

【現在地】
 2006.12.20〜2006.01.xx バンコク(タイ)

【旅予定】

【近況】
日本への一時帰国でしたが、とても充実した時間でした。旅仲間の
U1くんや、旅仲間から「一時帰国も楽しいよぉ〜」と聞いていまし
たが、本当に旅とは違う日本の良さを再認識。

そんなことを書きつつも、もう旅再開!!
今までのように、のんびりと旅するのではなく、少し急ぎの旅をし
たい。
先に先にと目的地の南米に近づいていきたい。

【内容】
●帰国便は「海猿2」で泣き、感慨どころではない!?(バンコク−成田)
●免許証を取得して、初心者ドライバーに!!(埼玉)
●パーティ友との再会。(神奈川)
●10年来の旅友との再会。(東京)
●皆既日食から苦楽を共にした(?)旅友との再会。(埼玉)
●自分は恵まれていると心から感じた。(東京)

※サイト(http://www.sekai-purapura.com/)では、メルマガ掲載以
外の日記や写真も配信中!!

====================================================================
【お願い】
よろしかったら、投票お願いいたします。
https://www.alphapolis.co.jp/vote_content.php?citi_cont_id=152002388

====================================================================
●帰国便は「海猿2」で泣き、感慨どころではない!?(バンコク−成田)

涙が止まらない。
シンガポール空港の日本行き便に乗ったら、すぐに涙が止まらなく
なってしまった。

日本行きの飛行機に乗った感動で、涙が止まらないわけではない。
シンガポール航空の、フライトアテンダントさんが美人で感動した
わけでもない。

久しぶりに見た邦画「海猿2」で泣いてしまったのだ。少し涙が出
るとかではなく、本当にぽろぽろ涙が出てきてしまうのだから仕方
がない。
どうも最近はずっと涙腺がゆるい。いいことだなぁって思う。素直
に、そして少しは余裕がある生き方が、できてきているのかなぁ〜
(笑)。

エコノミー席でも、各座席毎にディスプレイがあり、好きな映画が
見られる。もしかしたら最近は日本航空などもそうなのだろうか。
ともかく会社を辞める前には、日本航空を頻繁に利用していたが(
少なくとも)アジア路線には「各座席毎ディスプレイ」は準備され
ていなかった気がするけれど・・・。

さすがにサービスに定評があるシンガポール航空なのかなぁ〜。
スチュワーデスさんには日本人も混じっている。どの女性が日本人
なのか判断が難しい(顔は覚えられない!!)ので、ついつい英語で話
しかけてしまい恥ずかしい。

時差の影響もあり、まったく眠ることができない。
周囲は真っ暗な中でほとんどが眠りについている。私だけ、お酒な
どを注文しているので「悪いなぁ〜」と思いつつ、機上で気圧が低
い中、気持ちよく酔っ払った。

●免許証を取得して、初心者ドライバーに!!(埼玉)

免許センターに行く。

免許はしばらく失効していたので、初心者マークからやりなおし。
失効から免許の再発行をするのは、免許の更新とは異なる手続きが
必要になる。

実技試験・学科試験が免除の「試験」を受けたという建前から、新
規に免許を取得したのと同じことになってしまう。実技試験・学科
試験もないのに、試験というのも妙に感じる。

必要書類
・申請書(1枚)印紙も必要
・写真(1枚)
・戸籍記載のある住民票(1枚)
・海外にいたことを証明するパスポート

ちなみに、免許の再発行は3年以内にして下さいと言われた。おそ
らく越えても大丈夫だと思うけれど、法的なデータ保存の保障は3
年程ということだろう。

申請時間は限られているし、平日のみ。
更新とは異なり、人も少ないので効率的に処理するためなのだろう。

13時〜14時 免許再発行申請
14時〜16時 講習(失効期間が短い場合には講習時間は短い)
16時〜17時 写真撮影、免許受領

手続きなどはいたって簡単だったけれど、眠たくて仕方がなかった。
それと、埼玉県の運転免許センターは場所が田舎すぎる。
行くのが大変なので、もうちょっと東京に近い場所や、少なくとも
県庁付近にしてほしい。

●パーティ友との再会。(神奈川)

旅立つ前はキーちゃんやコウちゃんといった仲間たちと、頻繁にパ
ーティに一緒に行っていた。
クラブにも行っていたし、とにかく波がある私のパーティ生活の中
でも、最も踊りに通ってしまった時期の1つだ(笑)。

久しぶりに再会し、野外パーティに行こうと計画したが、残念なが
ら雨が降ったので行くのは中止。野外パーティとは言っても、洞窟
が会場らしかったので、パーティに行きさえすれば楽しかったはず
だけれど・・・。

パーティに行こうが行くまいが、どこでも楽しむことはできる。
雨が降っているのを確認した途端に、「行こうという気力」が激減
してしまった。
こういうのも歳だろうか!?
日本のパーティも懐かしいし、クオリティは高いと思う。
でもまぁ、日本では安心感が欠けてしまう。

そう思ってしまうと、仲間内で遊ぶのが快適に思えてしまうのだ。
そんなわけで、野外のパーティも知人たちだけで集まる小さいもの
ばかり通ってしまうのだよなぁ〜。

趣味が合う友達っていうのは良いと思う。
幼友達のような人もいないし、周囲にいる友人は趣味友(旅、パー
ティ)だけ。
私にとって、趣味友以外の友人は高校の時の同級生数人だろうか。
おそらく今でも会えば楽しいだろうし、会ってみたいとも思う。で
も、家庭を持ち子供もいるような彼らと、私のようにふらふらして
いる者ではあまりに違いがありすぎる。・・・引け目があるわけで
はなく、単純に今は会うときではないと思ってしまう。

最近というか、日本では、サイケデリックトランスが若い層でも人
気だとか・・・。
パンガン島とかにもいるだろうし、そういうことで質が悪くなると
か嘆いている人もいるようだ。
正直言ってパンガン島などは、私の知っている範囲だけでも、既に
自由だったフルムーンパーティの時代とはまったく違う。今のパン
ガン島は、パーティではなくて「お祭り」だと思う。

タイではパンガン以外でもパーティはあるけれど、今は無理してパ
ーティを楽しむような国ではないと思ってしまう(もちろん人それ
ぞれ!)。
やっぱり、有名過ぎて、誰もが知っている場所ってのは、変わって
当然である。変わることを嘆くのはナンセンスだ。それよりも、も
っと楽しい場所、コアな場所に自分が辿り着くようにしないと・・
・。


音楽を聴き、酒を飲み、おいしいものを食べ、ごろごろする。
こんな再会も素敵じゃないか。友達は大切にしないとまずいな・・
・。

●10年来の旅友との再会。(東京)

睡眠不足の中、早起きして友人ヒロシくん宅に!!
旅出発の際に成田空港まで来てくれたうちの1人でもある。いつも
お世話になってしまったりして、申し訳ないとともに感謝なのだ。
10年以上前にサムイ島で出会って以来の腐れ縁(?)で、紆余曲折は
あったものの今の状況は二人とも同じようなものか。またヒロシく
んと、のんびりと島などで滞在してみたい。

午後からは飲む予定ながら、午前中にはパソコンの設定をさせても
らう目的だ。
ウイルスソフトや WINDOWS そのものの更新も必要だし、ネットで
ダウンロードしたいソフトもある。

居酒屋で飲み、すぐに眠くなってしまう。

居酒屋は大好きだけれど、節約のために普段は外で飲むことはほと
んどない。注文すると食べ物が簡単に出てくるのはラクだけれど、
家にいれば自分で作るのも簡単だし、お金もかからないし。
そんなわけで私が居酒屋に行くのは、ほとんどヒロシくんと入ると
きだけだ。以前はクラブに行く前の時間に、1人で勢いをつけるた
めに居酒屋で飲んだりもした。そういうのも懐かしいなぁ・・・。

サラダや何かを頼み、酒を飲み始める。
久しぶりに駅で出会い、その時は「おおぉ〜、久しぶりだなぁ〜!!
」と感じたものの、その後は以前と同じ感覚になってしまう。やは
り友人に「時間」は、それほど重要ではないのだろうか。お互いの
環境が変わっていない、ということも重要なのだろう。

ヒロシくんには悪いと思いつつ、ウトウトしてしまう私だった・・
・。

●皆既日食から苦楽を共にした(?)旅友との再会。(埼玉)

ケイコちゃん、ゆっこちゃん、ヤングがやって来た!!

ケイコちゃん、ゆっこちゃんは愛知県に住んでいる。
そこからわざわざ車でやって来てくれたのだ。
とてもありがたいし、とても嬉しい。
ヨーロッパで見送った際には、こんなに早く再会できるとは思って
もいなかった。

ヤングは横須賀に住んでいる。
愛知の2人が、途中で車に乗せてやって来たのだ。久しぶりの再会
で嬉しい。
日本に帰る際には元気がなかったけれど、今は元気なようなのも安
心。

3人と出会ったのは、トルコやイランなど。
でも、ちゃんと本当に仲良くなったのは、ブルガリアの首都ソフィ
アの日本人宿で一緒に滞在してからだろうか。

高速道路は値段が高いので、一般道でやって来たとのこと。
首都高速だけは利用しているようなので、家の近くの近くの首都高
速出口を説明する。説明に苦しみながらも近くの橋に来てもらうこ
とができた。車で迎えにいければよいのだけれど、親に車を借りる
のも面倒で自転車で行く。

「ひさしぶりぃ〜!!」
ケイコちゃんは別れてからそんなにたっていないし、あまり変わっ
ていない(笑)。
ゆっこちゃんは髪が短くなってボーイッシュな感じ。相変わらずキ
レイだ。
ヤングは髪型が変わったようだが、前よりもちゃんとお手入れをし
ているからだろうか??不思議にちゃんとしている。

すぐに家に戻ればいいのに、その場で話し出してしまう私・・・。
「ねぇねぇ、タカくぅ〜ん。ここじゃなんだしさぁ。」
それはそうだ。
苦笑いしつつ自転車で先に走り出す。
後ろで車がついてくると思うと、少し恥ずかしい。
何で恥ずかしいのかな、と考えると自転車に乗っていること自体か
もしれない。それに日本で出会うというのは、旅先の非日常の出会
いとは違う。出会う状況の違いやら何やらで、ちょっと気恥ずかし
くなったのだ。

家には昼間は私しかいない。
友人が来た時には「誰もいない」というのは、気を使わないですむ
のでありがたい。

部屋で雑魚寝して、ご飯を食べて・・・。
(30歳も過ぎて雑魚寝とかどうなのかなぁ〜。)
と考えてしまうけれど、結婚して子供がいるとか言うのでもなけれ
ば、そんなものかな?(笑)
ケイコちゃんの彼氏の出身地である大宮までドライブに行った以外
は、ほとんど部屋でのんびりして過ごした。久しぶりに会ったけれ
ど、久しぶりという気がしない。
他の友達でもそうだけれど、やっぱり「ちゃんと仲良くなった」人
とは、いつ会ってもすぐに元のような関係に戻れる気がする。・・
・どちらかの状況が激変してしまった場合とかは分からないけれど。

酒を飲んで、食べて、ゴロゴロする生活で、たったの3日で2.5キロ
の体重増。
まずい。ダイエットまじめに考えないと。久しぶりに会った母から、
かつて太り気味だった兄が今はスリムだと聞いて、それもダイエッ
ト意欲をかきたてる・・・。

●自分は恵まれていると心から感じた。(東京)

「おおぉ〜、太ったんじゃない〜?」
「教祖(麻原氏)みたいだね〜(笑)!」

そうやって声をかけてもらえるのさえ、とてもありがたいと思う。
やさしいなと思う。
会社を辞めてから、もう2年もたつ。
時がたつのは早いし、忘れ去られるのが当然だというのに。

今日は、以前に勤めていた会社のとてもお世話になった(=とても迷
惑をかけた!?笑)上司を訪ねて来た。そして、同僚だったたくさん
の方たちと再会できた。


懐かしい駅のホームに降りる。
エスカレータを上ると改札、そして、早朝はいつも混雑する階段に
向かう。
(あれっ?)
以前にはなかったエスカレータが、混雑緩和のためか増設されてい
る。
(どんどん変わっているんだなぁ・・・。)

(おおっ、ビルが!!)
外に出て、以前にはなかったビルを見上げる。
実は新しいビルができていることは電話で聞いていたものの、やは
り違った風景になってしまていることに時間の流れを感じてしまう。

(東京@@ホテル!!懐かしいぃ〜。)
会社のあるビルに向かう途中の、小さな橋を渡ってすぐの場所にあ
る小さなホテル。
夜間待機のために泊まったりしたのを思い出す。

ビルの1階では相変わらずお弁当を売っている。
12階で受付をする。

2年前の今頃、19階の喫煙室の窓から景色を眺めた。
仕事もほぼ片付いた最後の数日で、いくらかの時間を窓際に座って
窓から景色を眺めた。
その時は、もうここに立つことはないだろうと思っていた。

正直、懐かしさと共に、恥ずかしさもわきあがってくる。
内面的なことでも、外面的なことでも。
そして、まじめに働かれている多くの方がいる職場を、こんないい
加減な私が訪れることも。

19階を訪れ、昼食に行く。
不思議と以前にお世話になった方が廊下にいて驚いた!!
どうも同報メールで多くの方に情報が流れていたらしい!!(それも
恥ずかしい〜。笑)

お昼をご馳走になってしまいカフェで雑談をする。
時間を割いて頂いて申しわけないな、そんな風にも思いつついろん
な話をする。

13階を訪れて見て驚いた。
半分くらい、もしかして、半分以上の方々がそのまま仕事をされて
いる。
結婚されたとかおめでたい話もあり、いいなぁ〜と素直に羨ましく
思う。時間は確実にたっているのだ。以前よりも、多くの会議がで
きるなど手続きが細かくなっているようで、大変なこともあるのだ
ろうなと感じる。でも、それはそれで必要なことなのだろうとも思
う。
どうしたらいいかなんて分からないけれど、誰かを信じるとかでな
く、特別なスペシャリストだけでなく、すべての面で安定した実績
を残すためにはいろいろと必要なのだろう。

最後に19階を訪れる。
こちらも多くの人が以前のように仕事をされていた。
13階でも感じたことだが、フロアが広く感じる。

人間関係につまずいた時に、手を差し伸べて下さった元上司の方が
いらっしゃるのにも驚いた。私の退職と同時期に辞められていたの
だが、まだ同じように仕事をされていたのだ!!

こちらでも、おめでたやら幸せな話題があちこちにあって、自分も
ちゃんとしないとと実感させられる。
「30代、無職、住所不定、独身」と考えると、完全にダメというか
「負け組」というか、どうしようもない(笑)。
働いている人って、(本人たちは思っていないだろうけれど)生き生
き(?)しているな、とか思う。それに、仕事内容もやりがいがある
と思う。
そういう多くのことは、離れてみてようやく明確になったことも多
い。客観的にならなくても分かることだが、それを「実感」するっ
ていうのはできていなかった・・・。

正直、退職前は13階の方にも19階の方にも、今はいない方にも、ア
レコレとお世話になりっぱなし、迷惑をかけっぱなしだった(いい
加減な性格も問題の1つだ)。私はちょっと変わっているところがあ
るのか、人付き合いも上手ではないし。
でも、そういうのも許されるのかなと思うと、ちょっと人間の優し
さを感じる。こういう小さな幸せは、とても心が暖まる・・・。


・・・ところで、本当にダイエットしないとならないと思う。実感
です(笑)。

文責:taka

====================================================================
●データ
(為替レート)
 1EUR=158円
 1BHT=3.4円

====================================================================
【購読及び登録解除はこちら】

世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅行記
http://www.sekai-purapura.com/mail_ml/mailmagazine.htm

====================================================================
【お願いなど】

当メールマガジンをお友達にご紹介ください。登録は上記より!
皆様からの、ご意見、ご質問、ご感想をお待ちしています。

掲示板 http://www.sekai-purapura.com/cgi/bbs/takma/yybbs.cgi
メール tamarai_dii@hotmail.com

発行者 taka

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-05-04  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。