トップ > 地域情報 > 海外 > ヨーロッパ・中東 > アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

RSS

湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2016-12-28
発行部数:
322
総発行部数:
54853
創刊日:
2005-05-04
発行周期:
月刊
Score!:
非表示

アラブからこんにちは〜年末年始のご挨拶(2016年‐17年)

発行日: 12/28

読者の皆さま、

あっという間に年末です。
UAEでは季節感がまったくないので、年も暮れかかっていることを
すっかり忘れてしまいます。

2016年はずっと愛読してくださいまして、ありがとうございました。
間隔が空きがちなメルマガにも関わらず、読者数が年間変わらず、
かえって僅かでも少しずつ増えているのは、
皆様に愛読していただいている証拠だと、ありがたく感じております。

この12月15日に、3つ目の著書を上梓いたしました。

『ようこそアラブへ』 国書刊行会
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336061010/

2013年に出した『アラブからこんにちは』の続編といえる作品ですが、
『こんにちは』が気候やイスラームや女性の話題、
激動の変遷などUAEの基本情報が描いてあるのに比べて、
『ようこそ』は一歩踏み込んだ内容、
なぜそう行動するか、なぜそう考えるかなど、
じっくり読んでアラブ人とはなんぞやと知る内容になっています。

内容は以下です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一章『湾岸アラブ(UAE)の人々』
――外見を超えて人間の中味を見透かすような
鋭い視線を持つアラブ人。
過酷な自然を部族一丸となって生きる上で、
禍をもたらす要素はとことん摘み取る強さとしたたかさを持つ。
かと思えば、老母たちは懐の深い寛容と愛情で部族全体を包み込む。
彼らが最も大事にするエレガンスとは、
日本人が想像するようなアラブの豪奢な生活とは
何ら関係ないものだった。 

 
第二章『アラブから見た日本人』
――2011年の東北大震災のあと、アラブ世界のソーシャルメディアで
ひとつの長いメールが爆発的に広まった。
日本人を讃えるその内容は、感動的な10項目だった。
「こんな単純作業さえ出来ないの」と呆れ果てる相手でも、
その表面だけ見てはいけない。
過酷な自然環境と激震する歴史を生き延びてきたアラブ人には、
物凄い財産がある。それは統率力と柔軟性だ。

 
第三章『言うは簡単でも――イスラームの奨励する断食、慈愛、孝行』
――全世界の全宗教で親孝行や万物への慈愛は説いているが、
実際の人間社会ではなかなかうまくはいかない。
神の教えに逆らうことは、ムスリムとして神への挑戦になってしまう。
では思春期の若者が苦しみをぶつける相手、やり方とは? 
娘の参加した全国高校英語スペル大会は、
ズルと上げ底採点が横行していた! 
審判も教師も見て見ぬフリの大会で感じたことは、
不平等な世界を生き延びる思考と知恵だった。
 

第四章『家族と私』
――1年中暑いUAEで、最も暑い夏の盛りにラマダーンが巡ってきた。
家族の料理を作るだけでも重労働なのに、
さらに近所にも料理を送る習慣があるなんて! 
汗みずくで料理と格闘する著者。
そこに涼しい顔で現れるのは、ご近所を総ナメにする物乞いである! 
建国前の過酷な生活を送った義父が、砂に吸い込まれるように
亡くなった。
昔ながらの砂漠の民だった彼が、世に残した美しい置き土産とは?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このたびは230ページでハードカバーの仕上がりです。
本当はもっと長い作品で、400ページを超えてしまったので、
2つに分けて出版することになりました。
次は来年の3月くらいに第4冊目を出版予定しています。
(売上げが低いと予定が延びるかもしれないので、
 ぜひ、皆さん購読してくださいね!)

2016年はいろいろあって大変な年でした。
でもこうして3冊目を出版できたのですから、
神様に感謝しないといけません。

私は中東に住んで、すぐ隣にさまざまな国籍の人間が
生活する状況になり、人間の生活の多様さとそれぞれの持つ困難に、
毎日、目を覚まされる思いがしています。
シリアもイラクもチュニジアもエジプトも、
資源と人材と、人類の長い歴史と誇りを持った大国だったのに、
いま、このような状況になってしまいました。
明日は自分が同じ状況になるかもわからない。
だから、今日を、今月を、今年を大事にして、
手に持っている大切な物を失わないよう努力するのだと感じています。

2017年が皆さまにとってよい年になりますよう、
遠い中東から心よりお祈りしています。
お正月の休みに、皆さまが私の本をじっくり本を読んでくださることを
願っています!
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


ハムダなおこ

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/01/15
    読者数:
    13270人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/01/18
    読者数:
    23886人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/01/12
    読者数:
    3291人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/01/18
    読者数:
    5517人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/01/13
    読者数:
    7068人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

ハムダなおこ

ハムダなおこ

http://www.geocities.jp/naokomai41/index.html

国際結婚して24年。アラビア湾岸にあるUAEに住んでいます。といっても、自宅は大都会のドバイから車で1時間の田舎町ウンムアルクエイン。奥の深〜いアラブ・イスラーム生活を、驚き・喜び・落胆・感謝の連続で過ごしています。5人の子どもを育てながら湾岸中東の風習・文化・生活をエッセイで紹介します。