海外

アラブからこんにちは〜中東アラブの知られざる主婦生活

湾岸アラブ世界に住んで24年。UAE男性と結婚した筆者が、5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して経験したアラブ・イスラーム社会を、深く鋭く観察し、エッセイで紹介します。

メルマガ情報

創刊日:2005-05-04  
最終発行日:2017-05-29  
発行周期:月刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

アラブからこんにちは〜Vol.398 UAE大学事情(6)

2017/05/29

Vol.398 UAE大学事情(6)

寮に関して私が一番驚いたのは、
大学の広大な敷地の東側に造られた、マカアム第1寮と第3寮です。
この2つの寮に関しては、大学の地図にはどこにも案内がありません。
しかし、グーグルの航空写真では、建物が並んでいるのが
はっきり見えます。
マカアム第1寮にはH型のビルが5棟あり、
5階建ての各棟は、それぞれ2百人くらいは住める大きさの
コンパウンドです。
その北側にあるマカアム第3寮は、卍型をした5階建てビルが6棟。
ここも全体で1500人は住めるような巨大な施設です。
しかし娘に聞いて知ったのですが、この2つの寮は
現在使用されていません。
第1寮は、建ってしばらくは学生が住んでいたけれど、
何かしらの事件があり、ジン(アラブの魔人)が棲みついている
という噂がたって、全員が退去して以来、
何年も使用されていないのだそうです。
同様にマカアム第3寮も、電気系統に問題があって、
ここ数年使用されていないということでした。
電気系統なんて、業者を呼べばすぐに直せるだろうに。
それにしても、何億円も国家予算をかけ、
これほど頑丈に贅沢に建てられているビルが、
野ざらしのまま放置されているのは、
なんとも納得しがたいのでした。

UAE学生は学費も寮費も払わないのだから、
使われなければ損をするのは大学側(UAE政府)です。
外国人学生は、寮費を1学期で30万円ほど払います。
ということは、物件の価値で言えば、30万円かける3千人分。
つまり、本来の半年分の収益がなんと9億円なのです。
それをまったく修繕せず、解体せず、
介入しないで放置しているとは、う〜むむむ、不思議でした。

「もったいないよね、あんなに広い場所に立派な建物が
 建っているのにさ」と言う次女。
「もったいないを通り越して、あまりにも虚しい。
 金銭の感覚が溶解していく。自分の投資物件じゃないんだけどさ」
という私。
「でも、こればっかりは手が付けられないからね」
「魔人が住んでいるってねぇ」
返事のしようがなくて、私は頷いて腕を組みました。
ジンの噂が本当なら、手を付けられないのは当然です。
使用はおろか、改築も解体もできないのだから、
放っておくしかありません。
(アラブの魔人に対する記述は、詳しくは拙著
 『アラブからこんにちは』にある『超常現象との闘い』の章を
 参照してください)。
日本では、事故物件やいわくつき物件は、
神主さんに御祓いしてもらったり解体したりと方法があるでしょう。
税金対策でもない限り、長年放置するなんてとんでもない。
放置する期間が長ければ長いほど、損も大きくなります。
しかし、ここでは違います。
政府がいかに損をしようと、地面から溢れる石油が
補填してくれるという甘い経済概念が蔓延しています。

また、精霊の存在は決して否定できません。
ムスリムはジンの存在を確実に信じています。
神の言葉を書き綴ったクルアーンには、
明確にジン(魔人)に関する記載があり、
彼ら(ジン)はどのような存在で、どのように生活し、
人間社会とどのように関わっているか、しっかりと書かれています。
迷信だとかホラ話だとか、あるいは狂言だと捉える人はいません。
だからこそ、何億円もかけた真新しい寮が
誰も使用しないまま何年も置かれているのです。


驚きはそれだけではありませんでした。
次女のいるトワーム寮にはプールがあります。
しかし、そこには水が入っていません。
プールを囲む柵もロープもなく、地面に突然、
巨大な穴がぽっかり開いているのだそうです。
何年も前にプールで溺死した学生がいて、
それ以来、プールは閉まっています。
次女がかつてトワーム寮に住んでいたという女性から聞いた話では、
その女性が寮に住んでいた頃でさえ、死亡事故のずっと後で、
プールは閉まっていたそうです。
女性は大学をすでに卒業して、娘たちの講師を
やっている人でした。
ということは、事故は十何年も前にあったのです。

プールは5メートルの深さがある飛び込み練習用でした。
これがまた不思議な話です。
だって、UAEでは灼熱のために泳ぐ習慣などありません。
特に女性が身体をさらすようなプールの授業は存在せず
(もともと体育の授業でさえろくにない)、
5人の子どもたちを育てる間、私はプールのある学校に
お目にかかったことは1度しかありませんでした。
5人の子はそれぞれ年齢も違うし、男女別学だったし、
おまけに何度も引越しをしたので、
総数ではなんと30校以上に登校させました。
それでも、プールがあるのはたった1校だけでした
(アジマン首長国の低学年用モデル小学校)。

水泳教育自体がないUAEの教育現場で、
大学の女子学生寮に、飛び込み練習用の深いプールを
いきなり造ること自体、私には理解できない。
日本の大学だって、飛び込み専用プールを持つところは
少ないでしょう。まったく馬鹿げています。
どこかの大した理想家が、文武両道に秀でた学生をつくるという
あきらかに現実離れした夢を追いかけて、
こんなものを造ったのでしょう。
何億円もかけて豪勢に造ったプールの結果がこれだ、
と私は呆れます。

それにしても───。
ここ1年間、次女を通して知ったさまざまな出来事に、
私は考えさせられました。
驚き呆れ、理不尽を嘆き、不合理に腹立ち、
そしていつも最後には沈黙しました。
2010年から3人の子が通ったカリーファ大学(UAEの最高学府)の、
男女隔てない合理性や、進歩的な考え、
エリートを育てる世界共通の価値観などに魅了されて、
アラブのこのような社会風習、潜在的な(迷信に対する)恐怖、
過剰な女性保護や、自由に伴う自己責任を徹底排除した頑迷さを
忘れていました。

驚くと同時に、こうした出来事は「異文化とは何か」という問題を、
常に私に突きつけました。
私はここに4半世紀も住み、家族を持ち子どもを育て、
何となくわかったような気がしていました。
しかし異文化理解とは、言語で説明される宗教の違いや、
はっきりと目に見える衣食住の違いや、
気候や地質学的違いによってや生まれる社会風俗の違いを、
ただ分析・比較・説明するだけではないのです。
それらを越えて、さらに、互いに決して噛み合わない習慣や、
重複することのない思想、
誰にとっても明快に見える理論が通用しない頑迷さ、
百の反論がひとつのブレークスルーをつくることさえ出来ない
価値観の違いなどが、この広い世界には存在するのだと
認めるしかないことを知らされました。

異文化理解とは、妥協点も共通事項も理論的説明も便宜的解決法も、
ある程度の説得力しかなく、
究極には、ただ黙って相手を知るしかない領域、
相手の存在を尊重するしかない領域が、延々と広がっているのです。
グローバル化やネットによる情報社会がもたらす理解しやすい世界は、
実は、異文化研究という広い世界のほんの一部でしかなく、
人間社会は実に奥が深いものだと、私は知らされました。

そして、いかに私が驚き、怒り嘆き、
忍従や諦念や黙認を強いられたとしても、
それでも自分の知らない異文化の時間は止まらずに動き続けること、
独自のスピードで保守的、あるいは開放的な方向に
勝手に進んでいくこと、などを考えさせられました。

同時にまた、わくわくした気持ちも沸き起こり、
世界がすべて理論的な説明や理解可能な相違・価値観で
出来あがっているなら、
なんと味気なくつまらないものになってしまうだろう、
未知の世界が広がっているからこそ、
やっぱりこんなに楽しいのだと考えていました。


UAE大学事情(了)

ハムダなおこ

最新のコメント

  • とおりすがり2012-07-29 19:03:46

    蛇口の色について調べていて、ここにたどりつきました。



    エジプトに年末年始に旅行したときの経験から、赤=水、

    だと思っていましたが、タンクの設備による生活の知恵

    があると知り、感銘を受けました。勉強になりました。



    暑い時期が長そうなので、赤=水、である時期が長そうですね。

  • にこにこ2008-01-22 02:18:36

    今でこそ国際結婚をしている現地の方にお会いすることはありますが、17年前の日本から来たお嫁さん…きっと大・スクープだったのでしょう。アラブ文化をこのような形で伝えてくれるハムダなおこさんに感謝です!

  • きみこ2007-09-27 02:43:55

    こんにちは、はじめまして。毎回中東の様子を拝見しまして、驚きとともにとても楽しんでおります。次は何をおしえてもらえるのだろうか、と期待しております。がんばってください。

  • dubai14282007-04-23 23:40:02

    U.A.E.在住1年、現地女性の知り合いがようやく増えてきました。アラブの習慣+イスラムの習慣に、各家族の価値観、流行などもあり、当地女性の服装を理解するのは難しいですね。

  • 名無しさん2007-04-08 12:39:00

    何十年振りかで現地に戻って、現地に嫁いだ方々の子女教育に関するやりきれないような問題を聞かされているような気分になりました。出来ればバックナンバーや読者コメントを閲覧致し度存じます。