時事・世論

ザ・タックスペイヤー

タックスペイヤーの感性で送るメルマガ。納税者の多くは給料天引きで、払っている実感はない。でも、税金は本来払った分の価値を要求するもの=タックスペイヤーの原点。これを読めば賢いタックスペイヤーになれる!

全て表示する >

ザ・タックスペイヤー

2005/09/09

★・☆・★  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★・☆・★

       ザ・タックスペイヤー No.13 2005.9.9

★・☆・★  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★・☆・★


◆◇ 投票の前に ◇◆

 *変わる、そして、変える*

 先月、郵政民営化法案の参議院での否決により解散された衆議院の総選挙は、
11日に投票日を迎えます。

 約4年前、自民党内の“変人”で、多くの議員が反発する「郵政民営化」を
叫んでいた小泉さんを、自民党は総裁→日本の総理大臣に選びました。

 この時、戦後「55年体制」以降のほとんどの期間、政権を握り続けてきた
大政党、自民党がいかに抵抗しようとも、時代の流れの中で
▲構造改革は避けられない▲
ことを象徴する現象だと感じました。

 思えば1987年、日本の1人当たりGDPがアメリカを抜いて世界第1位に躍り出
た=名実ともに経済大国の地位を確立した時点で、戦後キャッチアップ体制に
別れを告げ、ただちに構造改革に着手しなければなかったものと思われます。

 にもかかわらず、日米構造協議(1989〜1990年)を皮切りに、日本の経済構
造を根幹から変える改革=構造改革によって、日本市場をこじあけようとする
アメリカの外圧を受けつつ、しぶしぶ進めてきたというのが過去の経緯ではな
いでしょうか。

 構造改革は、当然のことながら既得権益の領域に踏み込むことを意味します。
既得権の恩恵にあずかる人たちが、これに抵抗するのは人間の性でしょう。何
も、自民党に限ったことではありません。

 高度成長から低成長時代へ、そして、少子高齢化による社会保障負担の増大
や人口減少… 。
 私たちを取り巻く環境は、かつての時代とは大きく変わっています。しかも、
変化のサイクルが以前より早くなっています。

 社会環境が変わるということは、それに応じて
▼政治も行政も変えなければいけない▼
ということです。

 政治や行政を変えるためには、まず、
▲私たち自身が変わる▲
ことが必要です。私たちが変わらないまま、政治や行政の批判ばかりしていて
も、天につばするようなもの、何も私たちが望む方向へは変わりません。

 まず、自分たちが変わり、それぞれの立場で政治や行政を変えるためにでき
ることは何かを考える。これこそが、構造改革の本当の意味合いではないでし
ょうか。

 変えなければいけないことを変えずにいれば、結局、そのしわ寄せは、国民
である私たちに回ってきます。「政府の失敗」は、国民の税金によって埋め合
わせる以外に方法がないのですから。

 *タックスペイヤーとして投票!*

 6月、政府の税制調査会は、所得税や個人住民税等の増税を打ち出しました。
でも、社会保険庁や経済産業省の不正流用、公共工事の談合と、私たちの支払
った税金や保険料は、あちらこちらでたれ流されているのが実態です。

 会計検査院のH15決算検査報告「検査結果の大要」を見ると、不当事項他、
問題のある収入・支出の総額は、430億円以上に上ります。
 http://report.jbaudit.go.jp/org/h15/2003-h15-0006-0.htm 

 読者のみなさん、明日の選挙はぜひ、タックスペイヤーの視点をもって、
投票に臨んでみてはいかがでしょうか。


・…・…・…★ オフィス・ボビー&ハニーが発行しています ★…・…・…・

◇ 当メルマガの登録・解除、バックナンバーは以下でどうぞ。
  http://www3.0038.net/~psg01997

◇◇ ご意見等は、 psg01997@hotmail.com へ。

◇◇◇  当メルマガやオフィス・ボビー&ハニーのホームページ紹介(リンク
等)はご自由にどうぞ。本文の転載は、必ずご一報下さい。
内容の一部を改変しての引用・転載は固くお断りいたします。

★・☆・★  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★・☆・★


☆─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
 │み│ん│な│で│買│え│ば│安│く│な│る│!│
 └─┴─┴─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┬─┬─┬─┐
       │楽│し│く│買│お│う│、│通│販│メ│ル│マ│!│
       └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─☆

 人数が集まればプライスダウンする「ギャザリング」式のショッピング。
 TVで話題の商品から、入手困難なレア物まで週替わりで商品をお届け!
 『あと少しで安くなる』というドキドキ感がヤミツキになるかも!?
   通販メルマはコチラ ⇒⇒⇒ http://ad.melma.com/to?id=21301 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-04-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。