時事・世論

ザ・タックスペイヤー

タックスペイヤーの感性で送るメルマガ。納税者の多くは給料天引きで、払っている実感はない。でも、税金は本来払った分の価値を要求するもの=タックスペイヤーの原点。これを読めば賢いタックスペイヤーになれる!

全て表示する >

ザ・タックスペイヤー

2005/08/30

★・☆・★  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★・☆・★

       ザ・タックスペイヤー No.12 2005.8.30

★・☆・★  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★・☆・★


◆◇ ためしてみない? 裁判員 ◇◆

 「裁判員制度」みなさんはもう、ご存知ですね。国民の健全な良識を司法
判断に反映させるため、裁判に市民が参加する「裁判員制度」が、2009年まで
に始まります。

 「裁判員制度」の概要は、
・裁判員は、選挙権をもつ人の中から抽選で選ぶ(辞退理由を考慮)
・裁判は、3人の裁判官と6人の裁判員で構成
・裁判員は、公判に立会い、証拠をもとに事実を認定。有罪・無罪などを裁判
 官と一緒に議論して評決(多数決)
・刑事裁判のみが対象で、その中でも殺人など重大な事件を担当

 現在の裁判の判決に対しては、とかく企業寄り(対消費者)、行政寄り(対
民間)といった批判があります。また、地裁レベルでそれまでの判例を塗り変
えるような画期的な判決が出ても、高裁・最高裁でくつがえされることもしば
しばです。
 市民にとっても、生活実感として縁遠い存在でしょう。

 裁判の役割は、社会で起こる争いごとを最終的に決着させること。日本が3
審制(地裁→高裁→最高裁)をとっている以上、最高裁の判決は、社会全体と
しての最終判断です。

 このプロセスに市民が自ら関わり、自分たちの考え方を司法判断に反映させ
ることは、立法・行政・司法の三権分立を基軸とする民主主義社会の一員とし
て自然なことですし、また、法治国家に生きる人間として、司法に理解を深め
るいい機会となるのではないでしょうか。

 裁判員制度に似た制度として、「検察審査会」があります。選挙権をもつ人
の中からくじで選ばれた市民が参加し、検察の不起訴処分が妥当かどうかを審
査します。
 最近では、ある審査会が、山崎拓衆議院議員の政治資金問題について起訴相
当と判断し、話題となりました。

 世論調査の結果では、裁判員参加に消極的な人が多いと出ていますが、実際
には、
■やってみなければわからない■
のではないでしょうか。

 陪審員制度の歴史が長いアメリカでも、通知が来た段階では、「面倒だな」
といやがる人も少なくないそうです。でも、実際に体験すると、「やってよか
った」と印象が変わるそうです。

 裁判所も、PRに努めています。新潟地方裁判所は、昨年度から、裁判官が高
校に出向いて授業を行う「出張講座」を始めました。受講した生徒たちのアン
ケートを見ると、意外な結果と頼もしいコメントがのっています。
(以下のURLをクリック→ 新着情報の裁判官による出張講座実施校募集!
 → H16年度の出張講座の結果はこちら)
 http://courtdomino2.courts.go.jp/K_home.nsf/CoverView/HP_C_Niigata/ 

 高校生がこれだけ考えているのですから、私たち大人も、自分たちの社会が
判断する「正義」の決定にどう関わっていくのか、裁判官任せにするだけでな
く、自分たちの問題として考えたいものですね。

 数年後、みなさんがもし裁判員に選ばれたら、ぜひおためしあれ!

※裁判員制度の解説は、 http://courtdomino2.courts.go.jp/saibanin.nsf 


┏━━ ▼ お知らせ ▼ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 藤沢市で「秋のNPO講座2005」の講師を務めます。内容は、

 ●打合せや会議の進め方●
       → NPO活動を上手に進める実践的ノウハウ、ご伝授します

 6〜7月に開催した“上手に! College”が好評で、再開催となりました。
 前回、参加できなかった方、今回はお聞きのがしのないように! 
 くわしくは、 http://www3.0038.net/~psg01997/ でどうぞ。


・…・…・…★ オフィス・ボビー&ハニーが発行しています ★…・…・…・

◇ 当メルマガの登録・解除、バックナンバーは以下でどうぞ。
  http://www3.0038.net/~psg01997

◇◇ ご意見等は、 psg01997@hotmail.com へ。

◇◇◇  当メルマガやオフィス・ボビー&ハニーのホームページ紹介(リンク
等)はご自由にどうぞ。本文の転載は、必ずご一報下さい。
内容の一部を改変しての引用・転載は固くお断りいたします。

★・☆・★  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★・☆・★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-04-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。