環境

Green Earth Express

国際環境NGO FoE Japanは、広く一般の皆様にその活動を知っていただくために、ニュースや活動報告などを本メールマガジンにてお届けしてまいります。ご愛読よろしくお願いいたします!!

全て表示する >

Green Earth Express【Vol.188】

2008/12/17

 
<INDEX>

●FoEJニュース

《気候変動》

・コペンハーゲンまであと1年、未だ足踏み状態の気候交渉
・グローバルアクションデーにMAKE the RUL全国一斉街頭署名実施

《廃棄物》

・「脱・使い捨てNEWS」 Vol.2発行

●FoEJ Diary 12月1〜15日の活動

●FoEJ in the Media 12月1日〜15日の掲載記事・番組

●掲示板

・マレーシア・スタディーツアー
・ネイチャーウォーク&ハイク 12月後半〜1月の予定
・12/18サポーターの日 現地活動って何?
・インターン募集

●事務局日記
  
*********************************************************************
☆Be a Friend of the Earth!  FoE Japanのサポーターになりませんか☆

FoE Japanは世界70カ国にネットワークするFriends of the Earthのメンバー
です。地球環境と人々の暮らしを守るため、森林破壊や地球温暖化、途上国
への資金援助問題から身近なライフスタイルに対して取組んでいます。
地球環境保護のため、FoE Japanのサポーターになっていただけませんか?

詳しくはWEBサイト http://www.foejapan.org/info/joinus.html
またはEメール   info@foejapan.org まで

*********************************************************************
●FoEJニュース

《気候変動》

☆コペンハーゲンまであと1年、未だ足踏み状態の気候交渉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

12月13日未明、ポーランドのポズナニで1日から開催されていた気候変動枠組
み条約第14回締約国会議および京都議定書第4回締約国会合が、京都議定書の
第一約束期間終了後の2013年以降の次期枠組みの交渉の作業計画を策定して終
了しました。

次期枠組み交渉の合意のタイムリミットを1年後のコペンハーゲン会合に控えて
の今回のポズナニ会合では、先進国が明確な削減目標を示すことでの前進が必要
とされていました。しかし、残念ながら先進国は世界の期待には応えることなく、
交渉は足踏み状態です。   

先進国、特に日本、オーストラリア、カナダは、自らの温室効果ガスの排出責任
を認めず、交渉の妨害をしようとしているかにも見えました。中でも、日本は拘
束力を伴う先進国全体の中期目標の拒否、また、この期に及んでも自らの削減目
標の設定を先延ばしにするなど、気候変動問題の緊急性を理解しない非協力的な
態度を貫きました。期間中、世界のNGOからその日の最も非難されるべき言動を
した国に与えられる不名誉な「化石賞」でも、日本は連日受賞の常連となり、ポ
ズナニ会合全体では、総合2位の悪名高き国となってしまいました。

一方で、このような後ろ向きな先進国に対し、ポズナニで前向きな活躍が目立っ
たのはG77(途上国グループ)+中国でした。特に緊急性の高い課題として交渉の進
展が求められている資金や技術移転に関して、G77+中国から出された積極的な提
案は評価されています。

次期枠組みに向けた交渉では、途上国の関わりは鍵になると言われています。し
かし、先進国が自らの歴史的排出の責任を果たそうとしないままで、どのような
提案を出そうとも、信頼を得ることは難しいでしょう。地球規模の危機に世界全
体で取り組むためにも、先進国の誠意ある早急な行動が求められています。
                             (柳井 真結子)

※FoE Japanポズナニ会合のページはこちらから
http://www.foejapan.org/climate/doc/COP14.html

------------------------------------------------------------------
☆グローバルアクションデーにMAKE the RUL全国一斉街頭署名実施
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

毎年12月、国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)に合わせて、世界の
市民が気候政策の前進を求めて行動します。今年は、ポーランドで先週閉幕し
たCOP14にあわせ、12月6日(土)が世界一斉の行動の日(グローバルアクショ
ンデー)でした。

MAKE the RULEキャンペーンでは、この日を中心に全国20ヶ所以上の地域の市
民が一斉に街頭署名活動を行いました。FoE Japanは東京・有楽町でのアクショ
ンに参加しました。年末の人出で賑わう数寄屋橋交差点周辺で、実行委員長の
シロクマのシロベエや他7団体とともに、リレーメッセージで街ゆく人々に
差し迫った温暖化の危機と気候保護法の必要性を訴え、署名の呼びかけを行い
ました。

また、12月11日(木)から13日(土)には、東京ビッグサイトで開催されたエコ
プロダクツ展にMAKE the RULEとして出展しました。来場者の関心も高く、多く
の署名をいただくことができました。

署名の第二次締め切りは年明けの1月7日(水)です。その後も来年の通常国
会中の提出までに100万筆の署名を集めることを目標にしています。引き続き、
キャンペーンへの応援と、署名活動へのご協力をよろしくお願いいたします。
                           (中根 真紀)

※グローバルアクションデーの詳しいアクションの様子はこちら
http://maketherule.jp/dr5/node/397
                            
※MAKE the RULEキャンペーンについてはこちら
http://www.foejapan.org/lifestyle/ondanka/maketherule/index.html

------------------------------------------------------------------
《廃棄物》

☆「脱・使い捨てNEWS」Vol.2 発行
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お歳暮、クリスマス、お正月と、プレゼントを選んだりもらったりする季節で
すね。そこで、イギリスのFoEのビデオコンテストからかわいい作品をご紹
介します。
http://jp.youtube.com/watch?v=MJaI-Ohggd4&feature=related

過剰包装の贈り物をあげると、かえって相手をイライラさせることになりかね
ませんので、ご注意を。

さて、大変お待たせしましたが、脱・使い捨てNEWSの第2号をお届けしま
す。PDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

<Vol.2  2008年12月号 目次> 

▼特集:
・ペットボトルもリユースできる!
水でもお茶でも、私たちの身の回りの飲み物は、すっかりペットボトルが当た
り前になってしまいました。年間で一人あたり165本も使っているといわれて
います。これではリサイクルが進んでも環境負荷は減りません。
ドイツや北欧のように、リユースできるペットボトルは日本にも導入されるの
でしょうか。

▼Topic: 
・東京が油田に?!〜えどがわ油田開発プロジェクト
▼News Flash:  
・「点検!改正容リ法」容器包装の3Rを進める全国ネットワーク
 設立5周年シンポジウム開催 

<ダウンロード、配信登録はこちらから>
http://www.foejapan.org/lifestyle/gomi/NEWS/index.html
ぜひ、ご登録ください!

*********************************************************************
●FoEJ Diary 2008年12月1日〜15日の活動

1〜12日《気候》国連気候変動枠組み条約締約国会合オブザーバー参加(ポスナニ)
1〜12日《森林》ロシアにて合法性・持続可能性証明木材供給事例調査
1〜15日《開発》マレーシア・ケラウダム現地調査
1日(月)《森林》GPN紙印刷・情報用紙購入ガイドライン改定検討会出席
2日(火)《サステナ》環境首都コンテスト ボランティア勉強会
3日(火)《森林》森のプレゼント事業について檜原村の林業家を視察
    《廃棄物》容器包装3R全国ネット5周年記念シンポジウムで事例発表
5日(金)《森林》住宅メーカーとアブラヤシ農園に関して意見交換
    《開発》新JICA環境社会配慮ガイドライン検討有識者委員会に出席
6日(土)《気候》グローバル・アクションデー MAKE the RULE全国一斉街頭署名
8日(木)《森林》森のプレゼント事業について東松山市の活動地を視察
    《開発》金融研究会に出席
9日(火)《森林》準大手ゼンコン社と合法証明木材に関する意見交換
10日(水)《廃棄物》脱・使い捨てNEWS Vol.2発行
11〜-13日《気候》エコプロダクツ展にてMAKE the RULEキャンペーンPR・署名活動
12日(金)《森林》グリーンコンシューマー東京ネット主催セミナーで講演
14日(日)《気候》国際学生シンポジウム講演

●FoEJ in the Media 2008年12月1日〜15日の掲載記事・番組

6日(土)《気候》NHKニュースでMAKE the RULEのグローバルアクションデー
        街頭署名活動紹介(出演)
    
*********************************************************************
●掲示板

☆マレーシア・スタディーツアー
 援助・暮らしを問う〜森とともに生きる人々を訪ねる7日間の旅
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
多民族国家、大都市クアラルンプール、アブラヤシプランテーション、熱帯雨
林、南国フルーツ・・マレーシアと聞いてみなさんが思い浮かべるのは、こう
したイメージかもしれません。実はわ私たちのくらしや消費に密接に関わって
いるマレーシアのほかの側面もあります。

例えば、日本政府の支援で建設予定のケラウダムがあります。一体、私たちの
税金でどんな事業が進み、どのような効果をもたらしているのでししょうか?
また、マレーシアは林業が盛んで、日本の消費者である私たちもその恩恵を得
ています。けれど、これら木材はどこで生産され、どのように取引されている
のでしょうか?違法伐採や環境破壊の問題も生じています。

こうしたマレーシアのもう一つの顔を、みなさんに目で、耳で、肌で感じても
らいたいと、この度スタディーツアーを企画しました。直接にマレーシアの人々
との出会い、美しい自然を体感し、援助の現状や私たちのくらしと密接に関わっ
ている森林のこれからをみんなで考えませんか?

【日 程】 2009年3月2日(月)〜8日(日)
【訪問箇所】半島部:クアラルンプール、パハン州
      サラワク州(ボルネオ島):ミリ市、ロン・ヌン村(プナン族)
【参加費】 214,000円
      (燃油サーチャージ、現地空港税、成田空港使用料は含みません)
【プログラム主催】 FoE Japan
【旅行実施】 株式会社 日本エコプランニングサービス
       観光庁長官登録旅行業第1789号
       (社)日本旅行業協会(JATA)正会員 ボンド保証会員

※詳細はこちら
 http://www.foejapan.org/aid/jbic02/kelau/tour/index.html

●ツアー説明会開催!
写真スライドで当地の様子を紹介。ご質問にもお答えします。

【日 時】 第一回: 1月10日(土) 14:00〜15:30
      第二回: 1月14日(水) 19:00〜20:30
【場 所】 FoE Japan 事務所会議室
      東京都豊島区池袋3-30-8 みらい館大明1F
      http://www.foejapan.org/info/map.html
      TEL:03-6907-7217
【参加費】 無料 
【問合せ】 三柴/渡辺(info@foejapan.org)
      ※なるべく事前にお申込み願います。 

---------------------------------------------------------------
☆ネイチャーウォーク&ハイク 12月後半〜1月の予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自然とふれあいながら国際交流もできる日帰りハイキングを行っています。
参加費は\1000(FoE Japan サポーター¥500)、どなたでも参加できます。

12月21日(日)弘法山 / 丹沢
1月11日(日)大丸山・円海山 / 三浦
1月18日(日)鐘撞堂山・円良田湖・少林寺 / 奥武蔵
1月25日(日)三ッ釜ノ滝 / 奥多摩

詳しくはWebサイトをご覧ください。
http://www.foejapan.org/event/hike.html

----------------------------------------------------------------
☆12/18サポーターの日 現地活動って何?
 〜インドネシア適応活動とロシアのタイガ保全活動
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

FoE Japanでは、サポーター(会員)の方を対象とした「サポーターの日」
を定期的に開催しています。次回は12月18日(木)に行います。

FoE Japanは、気候、森林、開発などをテーマに、政策提言活動を行っています。
開発の影響を直接的に受ける現地の声を優先しながら、政府や国際機関の政策
や制度の公正性を求めています。他方、現地への影響と貢献を重要視したもの
が現地活動。現在のFoE Japanで、この二つはどのように関連しあいどのよう
なウェイトで行われているのでしょうか? 

今回は、インドネシアの気候変動対策事業とロシアのタイガ保全活動の事例を
基に、政策提言団体が行う現地活動の在り方について一緒に考えませんか?

【日 時】12月18日(木) 18:30-20:30
【場 所】FoE Japan 事務所
【参加費】サポーター 無料 / 一般の方 300円
【問合せ】サポーター担当:篠原(shinohara@foejapan.org)

申込みはこちらから
http://www.foejapan.org/event/supt/suptmtg2008.html

----------------------------------------------------------------
☆インターン募集
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現在、下記の活動をお手伝いいただけるインターンを募集しています。
FoE Japanの活動に参加しながら学ぶ新生活をスタートしてみませんか?

1)温暖化防止活動
2)廃棄物の抑制と3R(脱・使い捨て)
3)サステナブルなまちづくり(自治体の環境政策)
4)違法伐採対策/森林保全活動
5)開発と環境

応募条件、応募方法等、詳細はこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/info/volunteer.html

********************************************************************
●事務局日記

今年もあと残りわずかになりました。皆さんにとって今年はどんな1年
だったでしょうか?
FoE Japanは、今年前半は洞爺湖サミット、後半はMAKE the RULEで、なん
とも慌しい1年でした。京都議定書第一約束期間の次の枠組みに合意すべ
きコペンハーゲンまであと1年となりましたが、日本政府は相変わらず先
進国として責任ある姿勢を見せておらず、来年はますます忙しくなりそう
です。シロベエも年末年始は骨休めスしてもらって、またおおいに活躍し
てもらいます。

今回は今年最後のメルマガです。次回は年明けの1月6日配信予定です。
少し早いですがよいお年をお迎えください。
                           (広報 瀬口)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-07-27  
最終発行日:  
発行周期:毎月2回  
Score!: 71 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。