トップ > マネー・政治・経済 > 税金 > e-税理士.comNEWS

e-税理士.comNEWS

RSS

中央合同会計事務所発メールマガジン。節税、税制改正・商法改正・不動産投資・株式投資や経営に関する最新動向やその有効利用、実務上の勘どころについて、わかりやすく簡潔なレポート方式で情報発信していきます。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2006-11-02
発行部数:
70
総発行部数:
354
創刊日:
2005-04-06
発行周期:
不定期
Score!:
-点

e-税理士.comNEWS

発行日: 11/02

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■■■           e−税理士.com NEWS            
■◎■                                          
■■■      ◇発行人◇ 中央合同会計事務所  http://www.e-zeirisi.com/  
                       [バックナンバー] http://www.e-zeirisi.com/news/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

粉飾決算を行ったとされるライブドアの手法とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ライブドアグループの粉飾決算容疑は、2004年9月期連結決算において、経常損失が
約3億円発生していたにもかかわらず、(1)売上計上の認められないライブドア株式
の売却益約38億円を売上高に含め、(2)子会社となる予定の2社の預金をライブドア
に付け替えて架空売上約16億円を計上することにより、経常利益を約50億円と見せかけ
たとされるものです。


いわゆる自己株売却還流スキームについて

 ライブドアグループには、ライブドアファイナンスという100%子会社があります。
このライブドアファイナンスはファンドへの投資を主要な事業としています。決算書に
はその企業の主要な事業から得られた収入を「売上高」として計上します。したがって
ライブドアファイナンスがファンドから受け取る分配金は「売上高」として計上され、
ライブドアグループの連結決算においてもそのまま「連結売上高」として計上されるこ
とになります。
 しかしここで問題が発生します。ライブドアファイナンスが出資している「ファンド」
です。この「ファンド」は3階層になっており、うち下2階層のファンドは「形式上」ラ
イブドアグループの連結対象からはずれています。したがって、最下層のファンドがラ
イブドア株式を売却してキャピタルゲインを得、これをライブドアファイナンスまで分
配金として還元して売上計上しても問題はありません。
 ところが、東京地検特捜部は、すべてのファンドが「実質的」にはライブドアグルー
プの影響下にあり連結対象に含まれると主張しています。
 そうすると、一転して、ファンドからの分配金は売上(損益取引)ではなく自社株を
発行して資金調達を行ったのと同じ扱い(資本取引)となるのです。不思議なものです。
 なお、スキームで使われた株式交換による買収と株式分割を利用した手法も大変興味
深いものですが、ここでは割愛させていただきます。


子会社となる予定の2社に対する架空売上について

 ライブドアは(株式交換により)子会社となる予定の2社と契約し、2社から売上代金
として約15億円を受け取っています。これも実際に取引実態があり、子会社化される前
のものであれば、連結売上となるものです。ところが、取引実態がなく、実質的にはす
でに子会社化されたあとの取引とみなされた場合には、これは単なる預金の付け替えと
なってしまいます。


両手法の過去の粉飾決算との違い

 過去の粉飾決算では、金融機関からの貸し剥がし等を恐れた会社が行うものとされて
きました。しかし、ライブドアはキャッシュリッチな会社でありそのような心配はあり
ませんでした。
 ライブドアは企業買収の対価として、現金ではなく、自社株を買収企業の株式と交換
する「株式交換」を利用することにより、その事業規模と時価総額を増大させることで
急激に成長していました。いわゆる「時価総額経営」です。
 この「時価総額経営」は、利益を出して株式市場でその成長が高く評価されることに
よってはじめて成り立つ経営手法です。
 しかも今回行われた手法では、ともに現金が増加しています。多少疑わしい取引で
あっても手許現金が増えているのだから大丈夫だろうという心理が働いても無理はあり
ません。


粉飾決算で支払った税金は戻るのか?

 粉飾決算で納めすぎた税金は、更正の請求を行うことにより、還付を受けることが
できます。
 ただし、粉飾という納税者の都合によるものであることから、ペナルティーとして
一般の更正の請求とは異なり、税務署長の裁量で、会社がその粉飾を修正する経理処
理を行い、かつその処理に基づく確定申告書を提出するまで保留されます。
 さらにその法人税額は一括して還付されるのではなく、その後5年間に納付する法人
税から順次控除されます。ただし5年経過後に未控除額がある場合には5年経過後に一括
還付されます。
 なお、更正の請求の期限は、法定申告期限から1年間となっています。この期限を経
過している場合には、税務署長は職権により提出期限から5年間は調査のうえ更正する
ことができますので、税務署長へ調査を行うよう嘆願等を行って更正されるのを待つ
ほかなくなります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人:
■■■ 中央合同会計事務所  http://www.e-zeirisi.com/ 
■◎■ 〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1-1-1
■■■ TEL : 06-6941-9077  MAIL : info@e-zeirisi.com              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 週刊節税教室

    最終発行日:
    2016/09/27
    読者数:
    4000人

    身近な節税の方法およびその内容を生徒の質問、先生の回答という形でやさしく誰でも分かるように解説します。

  2. 税務・経営情報のゼイタックス

    最終発行日:
    2016/12/08
    読者数:
    524人

    情報が氾濫するネット社会・多忙な日常業務の中では、情報の取捨選択が非常に困難です。そこで、「ゼイタックス」では、多忙な皆さんの代わりに税務・経営等の最新情報を分かりやすく取材・加工して配信します。

  3. 週刊税務調査日記

    最終発行日:
    2016/12/07
    読者数:
    1432人

    税務調査を知れば税務調査なんて怖くありません。税務調査で問題となった節税法や税金の解説をしながら調査の実態をちょっと面白おかしく紹介いたします。まだ調査経験のないSOHOの方にもきっと役に立ちます。

  4. 会計事務所の税務情報

    最終発行日:
    2008/08/04
    読者数:
    204人

    会計事務所が発行しているメールマガジンです。日常業務の中から生み出された中小企業経営者様向けの情報を毎週発信いたします。起業を目指している方にも最適な情報満載です。

発行者プロフィール