雑学

気が利かなくて大失敗する前に!

なぜ、こんなことに気がつかないのか?って言う人がいます。いくら学歴も良くても、これでは落ちこぼれ組みに入ってしまいます。このメールマガジンは、「気が利かないヤツ」といわれない様々な方法をお伝えします。


全て表示する >

気が利かなくて大失敗する前に!

2005/09/07


                           第9号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        〜気が利かなくて大失敗する前に!〜 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

================================

【この気配りで次から次へとお得意を増やす!】

================================

 本気で痩せたい! でも、どうしたら?

     http://nourifusion.sakura.ne.jp/achieve/akusl/

  やってみたら簡単でした(^ー^)
_______________________________________________________________

【この気配りで次から次へとお得意を増やす!】


クリスタルの花瓶をある店で買ったときのことだ。
贈り物にいいと思ったので、15個ほど買おうと思った。
そのとき、店員がこんなことを尋ねてきた。

「お客様はどういう方に贈られるんですか」
私は思い浮かぶ人を何人か挙げた。

「それでしたら、こういう形のほうがいいのではないでしょうか」
一つのことを言うと、彼女はそれに対して二つ、三つと、その周辺に考えを広げて、
いろいろなことをアドバイスしてくれたのだ。

客である私は非常にうれしくなった。この店員はまさに「一を聞いて十を行なう人」
だったのである。

クリスタルの花瓶一つを売るにしても、「これを15個ください」と言われて、
「15個ですか。わかりました。一つ5千円ですから、7万5千円に消費税を加え
て77、250円になります」と答え、
商品を包んで渡して終わりという店員もいる。

これは言われたとおりの仕事しかしていない「一を聞いて一を行なう人」だ。
こういう売り方は発展性がない。

「何にお使いになるのですか」とか、「どういう方に贈られるのですか」と
尋ねることには、店員がお客の立場で一緒に考えようとしている姿勢がうかがわれる。

そして、「それでしたら、こちらのほうか喜ばれると思います。
いままでそういうお客様がいらして、非常に喜ばれております」というような
情報を流せば、客はその情報を参考に判断して、

では、こちらのタイプを増やしておこうか「これよりもそちらのほうがいいな」と、
より有意義な買い物をすることができる。

有意義な買い物ができれば満足し、次もこの店員に、「こういう人に贈りたいのだが」
と相談しようと思う。
これは店員が一人の顧客を獲得したということだ。

こういうやりとりを見ていれば、「気がつく人」「気がきく人」は客と実のある対話を
していることがわかる。
販売とは、単に商品と代金をやり取りするという関係ではなく、客と会話をしながら、
共通の認識、共通の問題、共通の解決をお互いに協力して進めていくものなのだ。

これは販売に限らず、人間関係の基本である。
親子の関係でも、会社の上司と部下の関係でも、このパターンが形成できれば、
「いい関係」をもたらすことは間違いないのだ。

_____________________________________________________________________________

知らなかったのは私だけでした。
皆さん、しっかりやっていたんです!

本業だけでは、どうにも足りません!
どうしても、あと5万円欲しかったんです。

節約もこれ以上は無理でした。
そんな時、他に収入の道を見つけました!

もう、不安とはおさらばです。
毎月がワクワクです!

--------------------------------------------------
   http://adv.ciao.jp/ac/grr2/so1.htm
--------------------------------------------------

賢い人は、始めています。

================================
□ 〜気が利かなくて大失敗する前に!〜
■連絡先:gannbaruaoi@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/gannbaruaoi
================================ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-03-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。