雑学

気が利かなくて大失敗する前に!

なぜ、こんなことに気がつかないのか?って言う人がいます。いくら学歴も良くても、これでは落ちこぼれ組みに入ってしまいます。このメールマガジンは、「気が利かないヤツ」といわれない様々な方法をお伝えします。


全て表示する >

気が利かなくて大失敗する前に!

2005/04/27


                           第5号!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        〜気が利かなくて大失敗する前に!〜 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

================================

【お客様第一主義の徹底が、気づき人間をつくる】

================================

「ある日突然、大きなものが生まれるのではなく、
小さなものの積み重ねが最後に大きな成果を生み出す。」
この真理をここでもう一度、確認しておきたい。

競争の激しい業界でトップに立つ企業は、
例外なく凡事徹底をしっかりと実行している。
そうでなければ生き馬の目を抜く競争に打ち勝てないのだ。

たとえば、コンビニエンス・ストアのトップをいくセブンイレブンがそうである。
私も実際よく行くのであるが、コンビニエンス・ストアに足を運ぶと、
各店でどこが違うのかという問題意識を持って見ることにしている。

不思議なことに、どこもそれほど目立った差があるわけではない。
セブンイレブンにしても、欠点はいくつもある。
それにもかかわらず、セブンイレブンは業界でダントツの第一位なのだ。

不思議に思ってよくよく見ていると、何よりも「お客様第一主義」という
客商売の基がセブンイレブンでは徹底されていることがわかった。

たとえば、商品の「後入れ先出し」という方式がそうである。
後から仕入れた物、つまり「新しい物、新鮮な物」を陳列の前のほうに出し、
古いものは返品してしまう方式をセブンイレブンは採っている。
仕入先にとっては迷惑だろうが、消費者にすれば製造が古い物より新しい物、
新鮮な物がいいに決まっている。

コンビニエンス・ストアに限らず、スーパーでもそうだが、買い物にきた人は
まず製造年月日(賞味期限も含む)を見る。
牛乳にしても、できるだけ日付の新しいのを探して買おうとする。

ふつうの小売店では先入れ先出しという方式なので、
客は日付を見比べて後ろにある商品に手を伸ばして買っていく。
こういう消費者の気持ちに対するこころ憎いばかりの配慮が、
セブンイレブンには見られる。

また、コピーを取りにいくと、「紙は切れていませんか」とか、
「ちゃんと出ていますか」と店員が尋ねてくる。
これもなんでもないことではあるが、
店員が客に対してたえず気を配っている態度を感じさせられる。

コンビニエンス・ストアでもひどいところは、コピー機に故障中という貼り紙が
してあり、「これは便えないんですか」と念のために聞くと、
店員が、「さあ」と答える。

「さあって、あなたはお店の人でしょう」と言うと、
「私はパートなもので、よくわかりません」と平気な顔で言われた。
こういうことから、セブンイレブンと他のコンビニエンス・ストアとの差は、
お客様に対する当たり前の対応を徹底しているかどうかの違いから生まれている
と私はとらえている。

経営者と話しているときに、私はこんなことを言うことが多い。
「経営(仕事)とは、それほど難しく考えることではない。
やるべきことをきちんとやれぱいい」
それがセブンイレブンには具体的に現われている。
だから、ダントツの一位を守っているのである。

---------------------------------------------------------------------
 朝、寝起きが辛かったんです
 体調も悪かったなぁ
 
 そんな時、このHPに出逢いました

 簡単に痩せられました。
 運動も、我慢もしませんでした。

 健康を手に入れられたら、カッコよくなれてうれし〜
 
-----------------------------------------------------------
     http://glk.tsukaeru.jp/achieve/akusl/top.htm
-----------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------
そもそも、問題の原因は99パーセントまで現場を見ていれば発見できる。
そして、それぞれの人が自分の職責をきちんと果たせば、
会社も仕事もうまく作動する。
社長だけうまくやっていても意味がないし、
専務だけうまくやっていても意味がない。
社員一人ひとりが「当然のこと」をきちんとやる組織をつくることさえできたら、
問題の八割は解決してしまうのである。
セブンイレブンの店長会議で、鈴木敏文社長(当時)は、
「社長はおっしゃることがいつも同じですね」と言った店長に対して、
烈火のごとく怒って一喝した。
「それすらできていないから言っているんだ。新しいことを求める前に、
やるべきことをきちんとやるのが店長ではないか」

「当たり前のこと、やるべきことができていない」という鈴木社長の言葉を、
他人事だと思ってはいけない。
ときおり、自分の行動を正直に振り返ってみてほしい。
あなたは「自分のやるべきこと」に気がついていて、
それをきちんとやっているだろうか。
---------------------------------------------------------------------
先月も赤字でした、
ボーナスだってぜんぜん足りないんです。

いろんな事をガマンして、それでも先が見えなくて
将来が不安でした!
何とかしたくて、でもどうしたらいいのかわからなくて

「生活って、そんなもんだよ!」っていわれたけど
家族にガマンさせている自分が情けなかったんです。

そんな時、出会いました!

http://adv.ciao.jp/wa/index.html
-----------------------------------

コツコツタイプの方にお奨めです 

---------------------------------------------------------------------

やりがいのなさに、疲れ果てています。
苦痛でした!本当に限界だったんです!!
       http://adv.ciao.jp/ac/grr3/goc.htm
================================
□ 〜気が利かなくて大失敗する前に!〜
■連絡先:gannbaruaoi@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/gannbaruaoi
================================ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-03-28  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。