チェコの魅力

RSS

おもにチェコ東部で見聞したことを書きます:
現地での生活、観光資源の探索、人との出会い等。
オロモウツ市には世界遺産があります、近くのプシェロフ市では
マンモスで有名なプシェ・ド・モスティーがあり、2006年に
は発掘調査が予定されている。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2005-05-27
発行部数:
14
総発行部数:
6
創刊日:
2005-03-27
発行周期:
週間
Score!:
-点

チェコの魅力

発行日: 05/27



★ メールマガジン ★ 

● ホテルずまい(チェコ・オロモウツ物語) ● 

配信 No.4
---------------------- 



第一章 いきさつー続きー
いきさつ-
チェコで親しくなったホテルのオーナーは日本に憧れていた。
それ程行ってみたいならどうぞ東京の我が家に泊まって日本を
見学してみたら,と誘った。 


数ヵ月後にほんとうにネマイヤ氏は日本にやってきた。
友達のブフタさんと大学生で日本語を学んでいるヤナの3名だった。

飛行場で出迎えると,興奮さめやらずの感じで、開口一番 
「成田空港で藤本さんご夫婦に会えてほんとうに嬉しかった」と,
ネマイヤさんもブフタさんもヤナも何度も繰り返すのだった。


はじめて訪問する国に入国して,最初でくわすのが言葉の問題と次には
宿泊先にどう行くかだろう。
3名はチェコと日本との通信で、
「出迎えてもらえますか」、
「O.K.」
そんなに簡単なファックス連絡をとっただけで出発したから,
不安で仕方なかったそうだ。
国際通信をほとんど経験していない人にとっては,通信をしただけでは
信じられないことだったのかもしれない。


めったに訪問できないだろう遠い国からのお客様として私と妻は準備万端 
歓迎を準備していたのだった。
チェコからの友達を日本で案内した経験が何回もあるので、何はともあれ
チェコ人の大好きな自然巡りコース、のんびりの旅、そして彼らのあこがれ
新幹線を体験してもらった。
富士山を遠くに眺めるだけでも声をあげて喜んでいた。

3名ともひじょうに大柄だが優しい性質でほがらかに会話するタイプ。
東京のわが家では二室を与えた。

食事に関しては大陸内部の国民は魚の臭いさえ嫌いな人が多いので、
かつお節を使う味噌汁さえ最初はださなかった。
ところが、この人たちは以外にもサシミを食べるし煮魚さえ美味しいという。
なんでもとても美味しいというのだった。
それは、料理なんでもありという安い大衆食堂で少しずつ多くの種類の料理と
味付けを食べさせてみて分かったこと。

大陸内部に生まれ育った人はたいがい魚は嫌いだ。
でも魚釣りを趣味とする人たちとか料理が大好きな人は魚も好きなのだ。
そしてブフタさんは料理を専門学校で習った事もある人物だった。
その上に、「日本の魚はほかの国の魚と比べることのできないもの、
日本ではぜひ味わうべきもの」という表現を知っている人だった。

おぼつかない真似事で箸を使い、おそるおそるサシミをはじめて
口に入れる様はわたし達はこっけいに見える。
が、本人たちはほんとうに もう とても恐ろしい。
未知の食べものなのだ。


魚料理が平気だと分かったので旅が面白く発展する。
あこがれの富士山を眺め富士の麓の日本旅館に泊まった。
すべてが日本式だ。浴衣が面白い、配膳が楽しい,食事が美味い。
そして露天風呂!!
何でもかんでも目新しくて楽しくてしかたないという感じで喜びを
体中で表していた。


3名とも若い。男子2人はホテルとレストランの経営者だ。
だから現代的なものにたいへんな興味を示した。
むしろ歴史的なものにはほとんど関心を示さない。


それでデズニーにもでかけた。
先ず,高級ホテルの支配人と懇談して次にホテルの代表的な部屋を見学
させてもらった。だれもが目をパチクリ...,日本の素晴らしいホテル!!

あまりびっくり仰天しているからわたしの方も驚くほどだった。
もっとも新しい内装の部屋からはデズニーのタワーが眺望できる。
部屋は機能的にできていてベッドにも工夫もある。

3名はこの部屋に二宿泊した。
サービスもなにもかも気に入った。そして経営者ネマイヤさんは、
水のでる便器,それはまた音楽まで奏でる、それにもう驚いてしまった。
チェコの自分のホテルに備えてみたいが...,と思ったそうだ。

夜のネオンサイン -- 自分のホテルにも大画面を設置してみたいなー、
とネマイヤさんは頭に構想を描くのだった。


続く- 

▲ お知らせ  ▲ 

1. マンモス発掘調査へのお誘い : 
http://www.geocities.jp/fujimotoksa/history

2. 中世遺跡等をめぐる旅のお誘い:
 例えば、廃城めぐり、古代からのワインセラーでワインと食事
 それと民族音楽、スラブ超美人との写真撮影
http://www.geocities.jp/fujimotoksa/ck
  (このページ工事中)

3. スラブ系モデルをただでみる
http://www.absolutemodels.cz
  (コンタクトする場合はコンタクトページに入り,左のPetrへ)
 (米語堪能)

4. 蒸気機関車での旅

5. チェコ人の軍用機モデルファンのご紹介 :
http://blogs.yahoo.co.jp/fujimotoksa/1292693.html
http://www.geocities.jp/fujimotoksa/charact.html

6. チェコ人のプロカメラマンのご紹介

7. 私立大学設立の説明:
 a.ボランティアで経済を教えてくださる先生の募集
 b.ドーネーショーンのお願い
  ドーネーションをしてくださる方へは下記の特典あり:
  RCO社ビルでの、モデルショー、民族大舞踏等への
  ご招待年3回 X 5年間

8. チェコでカレーライス販売を試す

★ブログ★アルバム★掲示板★招待機能★ ⇒ コレぜんぶ無料&容量無制限 
 【本名】で登録する無料コミュニティサービス JOCOSO「ジョーコソ」 
登録はこちらから ⇒ http://www.jocoso.jp/entry.nwz?p=mlm_text08 


-----------------------------------------------------
melma! で発行

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ニューヨーク・ブラックカルチャー・トリヴィア

    最終発行日:
    2009/11/05
    読者数:
    82人

    一般メディアが絶対に伝えないブラックカルチャーの現在進行形をハーレム在住ライターがリポート。ブラックニューヨーカーの魅力、ヒップホップの背景、最新ブラックムービーのレビューから黒人差別問題の実態まで。

  2. イタリア猫の小言と夢

    最終発行日:
    2016/11/30
    読者数:
    361人

    イタリアに興味のあるあなたに発信。軽やかなイタリア案内、大人のイタリアエッセイです。 気になる話題を、軽い猫足のコラムと日記でお届けします。

  3. ドキュメンタリー映画の最前線メールマガジン neoneo

    最終発行日:
    2016/12/01
    読者数:
    2108人

    映画関係者必読のメールマガジン。プロデューサー、監督、評論家、映画館支配人など、さまざまな立場からこれからのドキュメンタリー映画を熱く語ります。

  4. ウイーンの街・食文化・徒然なるままに・・・・

    最終発行日:
    2016/12/06
    読者数:
    195人

    オーストリアの食文化を日本に正しく紹介し、より良い食文化交流行うことを目的として、営利を目的とせず、オーストリアの食文化を愛し、日本に正しく紹介してその普及に務める団体として活動していくマガジンです。

  5. 一緒にオランダ語を学ぼう!

    最終発行日:
    2016/12/07
    読者数:
    257人

    今のところオランダ語が学べる唯一のメルマガ。初級者向けの表現やオランダの生活、文化、習慣などの様々な話題を使って「一緒に」オランダ語とオランダを学ぼう!

発行者プロフィール