エコ・リサイクル

口座を変えれば世界が変わる

経済をエコロジーに!金融機関を選ぶときに、便利さや利息だけでなく、預けたお金を環境や社会がより良くなるように運用しているかも考えて金融機関を選ぶ「エコ貯金」を広めるメールマガジンです。

全て表示する >

【エコ貯メルマガ】Vol.38 そしてアースデイへ!

2011/04/18

A SEED JAPANエコ貯金プロジェクト理事の土谷和之です。

東日本大震災において被害にあわれた皆様にお見舞いを
申し上げるとともに、犠牲になられた方々、またそのご遺族の
皆様にお悔やみ申し上げます。

前号を3月7日に発刊したときに、「今年もソーシャルファイナンス
や金融CSRに関して多くの進展がありそうです」と書かせて
いただきました。それから4日後、東日本大震災、福島原発の事故、、、
災害のあまりの大きさと、これからの影響の大きさを考えると
途方に暮れてしまいそうになることもありました。

しかしながら、こうした時代だからこそ、エコ貯金プロジェクトが
市民の立場から進めてきたソーシャル・ファイナンス、
金融CSRの動きは、さらに重要になってくると思います。

震災復興のための社会的ファンドを立ち上げようという話も
各所で聞きますし、金融機関と原子力関連企業の関連もクローズ
アップされました。
こうした情報を発信し、自分たちの活動を地道に続けていくことも、
いま、大事なことであると感じています。

今年は、そんな思いも抱いて、4月23日(土)、24日(日)の
アースデイ東京に出展します。アースデイ東京全体でも震災関連、
エネルギー問題関連の多くの企画が提案されています。
ぜひご来場いただき、震災復興、そしてエネルギー問題を
考える機会としていただければ、幸いです。

----------------------------------------------------■
  本号の目次
----------------------------------------------------□

1.城南信用金庫、脱原発宣言

2.メガバンクへの公開質問状 回答結果を公開

3.アースデイ東京2011、今年も出展

4.メガバンクから原子力関連企業への投融資

←―――――――――――――――――――――――■□■

1.城南信用金庫、脱原発宣言

■□■―――――――――――――――――――――――→

すでにtwitter上などで大きな話題となっていますが、
国内信金大手の城南信用金庫(本店:東京都品川区)
が4月8日、「原発に頼らない安心できる社会へ」という
メッセージをウェブサイト上に掲載しました。

http://www.jsbank.co.jp/

You tube上に吉原毅理事長のインタビューも掲載されています。

http://www.youtube.com/watch?v=CeUoVA1Cn-A

3兆円を超える預金額をもつ業界最大手の信用金庫が、
原子力エネルギー問題に対して明確なコミットメントを
したことについて歓迎します。また、他の金融機関にも
こうしたコミットメントと具体的な取り組みを進めて
欲しいと考えています。

また、これを機会に、城南信用金庫に預金を預けかえたいと
考えていらっしゃる方も多いと思います。その際には、
ぜひウェブ上からエコ貯金宣言をしてください!
こうした金融機関を支持する市民が多いことが、可視化
されます。

http://www.aseed.org/ecocho/sengen/index.html

←―――――――――――――――――――――――■□■

2.メガバンクへの公開質問状 回答結果を公開

■□■―――――――――――――――――――――――→

エコ貯金プロジェクトでは、2011年1月に金融機関の本業を
通じた環境・社会配慮活動に関してメガバンク3行
(三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・
グループ、みずほフィナンシャル・グループ)へ公開質問状
を送付し、3月に各行から回答を得ました。

各行より、本公開質問状に積極的なご回答を頂いたことに
御礼申し上げます。
以下に回答結果を公開しましたので、ぜひご覧ください!

http://www.aseed.org/ecocho/questionnaire/answer11.html

講評については今後ウェブにアップしていく予定ですが、
各行の情報公開の度合いや社会的事業への支援等の
取り組みについて、少しずつ差がついてきたようにも
見えます。こうした情報ももとに、自らのお金の
預け先を考えていきましょう!

←―――――――――――――――――――――――■□■

3.Earth Day Tokyo 2011@代々木公園、今年も出展

■□■―――――――――――――――――――――――→

今年も、エコ貯金プロジェクトはアースデイ東京@代々木公園
に出展します!
今年は、地雷廃絶日本キャンペーン、オイコクレジット・
ジャパン、中央労働金庫、おひさまエネルギーファンド
株式会社との協働出展です。

http://www.earthday-tokyo.org/

ブースの場所は代々木公園のステージ向かって右側あたりと
なる予定です。わかりやすい場所だと思いますので、アースデイ
にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

←―――――――――――――――――――――――■□■

4.メガバンクから原子力関連企業への投融資

■□■―――――――――――――――――――――――→

国際環境NGOの共同体である‘Nuclear banks, no thanks’ 
coalition(Bank track、Greenpeace Internationalなどで構成)
は3月15日付で緊急声明を発表し、金融機関に対して原発関連事業
への投融資の中止と、代替的な自然エネルギー等への投融資への
切り替えを求めました。

この共同体は2009年に世界の金融機関から原発関連企業への
投融資の実態について調査しており、我が国のメガバンクから
も原発関連企業へ多額の投融資がなされていることを指摘
しています。そのデータによれば、三菱UFJから原発関連企業
へ約54億ユーロ、みずほから48億ユーロ、三井住友から32億ユーロ
の投融資がなされ、そのうちの多くが東京電力への投融資です。

もちろん、東京電力は電力という社会インフラを提供する
企業ですから、その投融資すべてが問題というわけでは
ありません。しかし、今回の未曾有の原発事故を踏まえ、
金融機関として原発事業のリスクをどのように認識し対応するか、
CSRの観点から具体的な方針を示す責任があると考えられます。

エコ貯金プロジェクトでは、こうした原子力関連企業への
投融資問題についても今後ウォッチしていきたいと考えています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-03-20  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。