福祉・介護

おめめどうニュース♪

自閉症・発達障害の人たちを支援する会社「株式会社 おめめどう」からの新しいサービスのニュースやお得情報をお届けいたします。

全て表示する >

自閉症・発達障害の人の居心地のよい暮らしのために

2013/11/27

★★★巻物カレンダーが、今月末で割引終了!します。★★★


★こんにちは、ハルヤンネです!★

今日は巻物カレンダーのお話。先日の広島で、親御さんが「子供がふたりとも発達障害なんですが、ふたりともに一枚ずつ入りますか?」と言われました。

答えは「一人につき、一枚ずつがいいと思います。

兼用すると、例えば、お父さんと、カレンダーじゃなくて、【手帳】を共有する感じですね。個人情報を書いて行く、行動を考えるためのものだから」と言いました。

でも「とりあえず、始めてくれるのであれば、なんでもいいですよ」とは話します。

それは、「どんな紙でもいいですよね」と言われる時と似ています。「コミュメモの方が出された時に相手に伝わるのと、フォーマットを考えなくてもいいから楽ですよ」が正解ですけど、「書いて続けてくれるなら、なんでもいいです」と言いますから。

というのも、その瞬間、「当事者(障害のある子どもに)にお金を出すつもりがない」がうっすらとわかるからです。そんな雰囲気がわかると、私は自分の商品に誇りを持っていますから、払うつもりがないなら、もう、いいよと感じます。

それでも、始めても続けても欲しいです。だから、「始めてくれるなら、続けてくれるなら」と続けるのです。

来年2014年版巻物カレンダーは、この11月末までが、割引期間です。12月には通常価格に戻ります。

普通なら逆ですよね、12月になると投げ売りになるでしょう。でも、そうじゃないのは、自閉症・発達障害の人の暮らしには欠かせないものだからです。それがわかっているので、わかっている人に、安くお届けしたいのです。

昨日も、「巻カレ歴4年になります。本人の見通しにはなくてはならないものです」「手作りしていましたが娘も思春期格好いいものをと今年から巻カレ使います」と何通ものお便りがやってきます。嬉しいですね。

私は、息子が小6(2004年)の2月から使っていますから、9年ですね(笑)。最初は、巻カレ大でしたよ。今は、壁には「巻カレ小」携帯には、「一年カレンダー手帳」を使っています。

自閉症支援の最初の最初は、カレンダーから。

これは、おそらくおめめどうが言い始めたことです。他のところでは、まず聞くことがないでしょう。スケジュールとは言われても。でも、できて9年、毎年何百のユーザーの証言がある「巻物カレンダー」は、使った人からシアワセにするグッズです。

割引期間は、あと少し、まだの方は、いますぐ、クリック

→ http://omemedo.ocnk.net/product-list/32

療育・教育関係者は、親御さんにご紹介する資料としてぜひ、ひとつはお持ちください。

 ◆◆◆おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
おめめどうのFAX:0795944667◆◆◆





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 86 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。