福祉・介護

おめめどうニュース♪

自閉症・発達障害の人たちを支援する会社「株式会社 おめめどう」からの新しいサービスのニュースやお得情報をお届けいたします。

全て表示する >

自閉症・発達障害の人の居心地のよい暮らしのために

2008/08/01

8月になりましたぁ。夏休みも、あと一月。もうすぐ始まるオリンピックも楽しみですね。甲子園もありますよ〜。

暑さ対策をして、体にはくれぐれもお気をつけて♪どうぞ、ゆるゆる夏を満喫してください。

さて、今回の内容は…

----------------------------I--N--D--E--X----------------------------
◆「心伝紙MITECA」が、新発売!!!
◆夏パック!残りわずか♪ 光タイマーもお目見え
◆秋のピアカウンセリングセミナー REIKO&ハルヤンネのコラボ 参加者募集
◆おめめどうのサマータイムのお知らせ
◆今月のハルヤンネの講演会・研修会情報
◆おめめどうへのお便り、愛をありがとう♪
◆ハルさんのブログ「ふたつめの月がまわってくる」は、アメンバーブログ【本・書評ジャンル】で、10台をキープ!

#########################################

◆心伝紙MITECA、新発売!!!

たくさんの人のご協力を得て、またまた、とっておきのオリジナルを開発しました。7月末、ようやく発売にこぎ着けました。どうぞ、多くの皆さんに、知っていただき、手にとっていただきたいと思っています。

心伝紙シリーズ。COECAは、声の出るカードでした。MITECAは、「みてか?」のカード(笑)。どちらも、お互いの心を伝える紙(仕様)です。

初めの一歩は、いずこから?
巻物カレンダーと、MITECAで、自閉症の子どもたちを、わかる世界へ、導いてあげてください。

////////////////////////////////////////////

<心伝紙MITECA (スマートスケジュールカード)>
 使用例の映像は、こちらから

→「今日の時間割は?」http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10119492461.html 
→「今日のお出かけは?」http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10119502573.html 
→「ボードメーカーにて」http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10120596970.html 
→「MITECAマジック♪」http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10116164591.html 


最初の一歩、絵カードつくりをいずこから?と悩まれていたみなさんに、朗報!
 「心伝紙MITECA」は、お好みの情報(写真や、絵、シンボルなど)を貼り付け加えるだけで、すぐに絵カードが作れます。パウチいらず♪

とても簡単に、「次は、ここよ、みてか?」(笑)と、視覚支援をスタートすることができます。

左の小さな枠はサイン加工がしてあり、鉛筆ならなんどでも書き直しができます。右の大きな枠は「45mm×45mm」、市販の絵カードシールもそのまま使えますよ。

カードのサイズは 54×85.6mm(JISサイズ)。クレジットカードと同じ0.76mmの厚さ、材質はプラスチック。とても、コンパクト、市販のカードホルダーが、そのままつかえ、保存にも便利。

「心伝紙MITECA」一枚ずつが、トレカスリーブに入れての販売です。そのままスリーブをテープでつないでも、差し込み式のスケジュールになります。折りたためば、蛇腹の携帯スケジュールに、早変わり!胸ポケットにすっぽり収まります。

もう使わない絵や文字なら、すぐにはずすなり、消すなりして(プラスチックだから洗えます)、違うカードに変身させることもできます。

施設や学校での時間割を作ってもらうのにも、簡単綺麗!ボードとカードを持っていけば、あとは、先生に差し替えをお願いするだけで、その日の時間割が出来上がりますよ。

心伝紙MITECAの販売価格(税込み価格)

●1枚→210円

●5枚セット(1枚おまけ)→1050円(一枚あたり175円)

●30枚セット→4725円(一枚あたり158円)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問合せ&御注文は… 
      〒669-2223 兵庫県篠山市味間奥190-8
      (有)おめめどう−自閉症サポート企画
FAX:079-594-4667 E−mail:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おめめどうのネットショップを使ってくださると、便利です。

おめめどうショップ→ http://omemedo.ocnk.net/ 

携帯サイトへのアクセスは・・・→ omeme@am.md  に、お持ちの携帯から、「空メール」をお送りください。おめめどうサイトにアクセスできるメールが返信されます。便利な携帯でのお買い物も、お使いくださいね。

######################################################

◆夏パック♪残りわずか♪ 光タイマーもお目見え

この夏、役立つアイテムをそろえた「夏パック」、残りわずかになりました!!!

2008年、夏パック!
映像は→ http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10116818266.html
こんな風にお届け→ http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10118883945.html

消費税込みの3980円のご提供です!!!

●光タイマー100分計(定価3,150円)
光タイマーは、音を消すと(切り替え式)、光だけで時間が来たのを知らせることができます。だから、音で驚いてしまうお子さんも、安心して使えます。集会のような、静かにするシチュエーションにもお使いになれます。 
  
●巻カレ小曜日なし 2枚(定価105円×2) 
夏休みの間だけの携帯カレンダーに。一週間に一度くらい、ビッグイベントを書き込んでいくと、それをこなしていくだけで、自動的に夏休みが終わるっていう感じしますよ。

●とけいミニ(定価210円)      
何時に何が起こるかな? 夏の暮らしは、ダラダラしがち。わかりやすく、次の行動を書いて、ペタリ。グッと落ち着きがちがってきます。得する情報から、ぜひ使ってくださいね。お子さんに、何時か、書いてもらってもいいですよ。

●みとおしメモ(定価210円)       
その日のスケジュール、お出かけスケ、お遊びプログラム、お料理レシピ、お盆の尾墓参りの予定など、なんでも使えるすぐれものです。すぐ手に取れる場所においておくといいですよ。

●えらぶメモ(定価315円)        
毎日の事柄、時間、人、場所、そして、するか、しないか、快不快なんでもえらんでもらいましょう。40日間、意識して<選ぶ暮らし>をしてみると、きっと選択の力が、飛躍的につきます。

●イヤーエクスプレス1個(定価315円・今回限りのばら売りです)  
にぎやかな場所へのおでかけも、これがあると大丈夫。プールや海、散髪のときなどは、小さなエクスプレスが活躍しますよ。

●ごちそうさまナプキン10枚入り(定価105円)  
家じゃないところで、ご飯を食べる機会が多い夏だからこそ、大活躍。残してもいいですよってね、おばあちゃんやおじいちゃんにも、意味がわかりますよ。旅先のホテルのレストランでも使ってみてください。きっとウェイトレスさんが、にっこりされるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 どうぞ、この機会にお求めくださいね。

 おめめどうショップ→ http://omemedo.ocnk.net/product-list/10
 携帯サイトからも、どうぞ。

<光タイマー100分計(定価3,150円)単独の御注文もしていただけます>

 光タイマーは、音を消すと(切り替え式)、光だけで時間が来たのを知らせることができます。だから、音で驚いてしまうお子さんも、安心して使えます。集会のような、静かにするシチュエーションにもお使いになれます。

「光タイマー」http://omemedo.ocnk.net/product/148

 ダダの夏の旅グッズに、加えました。音が鳴らず、ピカピカするのが、とっても、グーです。


#####################################################################

◆秋のピアカウンセリングセミナー REIKO&ハルヤンネのコラボ 参加者募集

 秋の主催セミナーのお知らせです。なかなか、二人揃って、こんな風に皆さんの前でお話しすることはないので、珍しく、きっと楽しいですよ。ピアカウンセリング(同じ立場の者同士が、話をすることで、癒しや理解を促す)になればと思っています。夏の始まりに、秋の話で恐縮ですが、どうぞ、ご検討ください。

自閉症の人との楽しい暮らし方講座〜REIKOさんとハルさん、二人の母を囲んで〜 

講師:丸岡玲子@REIKO氏(ノブくん26歳の母親 ふぁみりぃNOTE理事長)
    奥平綾子@ハルヤンネ(ダダくん16歳の母親 おめめどう取締役)
オブザーバー:大西俊介@syun氏(障害支援サークル といくらふと代表)

会場:神戸国際会館4階402号 http://www.kih.co.jp/ 

日時:9月27日(土) 9:30 開場 
10:00〜11:00 ハルさんのお話「思春期のあれこれ」
11:00〜12:00 REIKOさんのお話「青年期のつれづれ」
12:00〜14:00フリータイム (12:15〜13:30 オプション昼食会)
14:00〜16:00 二人の対談&みんなで話そう 16:30 閉場

セミナー参加費:終日参加 5000円 午前のみ 3000円 午後のみ 3000円 

定員:60名 締め切り:9月10日(定員になり次第、締め切らせていただきます)

講師と一緒に…オプション昼食会 維新號 点心茶室 神戸店 http://horoyoi.jp/detail.php?id=h190 
参加費 3500円(先着24名のみ・早目のお申し込みを)

お名前、〒、ご住所、TEL&FAX 所属、お子様の年齢(学年)、参加形式(全日、午前だけ、午後だけ、オプションの昼食会の参加希望なら、その旨を)、必ず、お書きください。

折り返し、お振り込み金額とお振込先をお知らせいたします。今回は、ご入金が先になります。

当日は、「ふぁみりぃNOTE」と「おめめどう」の活動紹介&ショップがあります。実際に、手にとってご覧いただけるチャンスです!秋の一日、神戸三宮にて、学んで、遊んで、お買い物をして、リフレッシュしてくださいね!

◆◆お問い合わせ、御注文は…◆◆
おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.comおめめどうのFAX:079−594−4667

#########################################################################

◆おめめどうのサマータイムのお知らせ

さて、今年、おめめどうの夏休みは、8月9日(土)〜8月24日(日)の16日間いただきます。

自閉症の子供を抱える家庭だけで、運営している関係上、長期休暇は、どうしても、家に居る必要性があります。それで、出社できる人が、出てこれる時間にという完全フレックススタイルをとっています。

長いお休みで申し訳ないのですが、16日間の休暇を頂きます(昨年は引越しがあり、丸一ヶ月頂きました)。

その16日間は、お急ぎのご注文ではないもの、お待ちいただけるものをついては、お受けいたします(メールとFAXのみ)。お時間を頂くと思いますが、順次発送は続けていきます。

なお、電話でのお問い合わせ、ご注文はお受けできません。必ず、メール(携帯も含む)とFAXをお使いください。

また、夏休み以外の7月19日〜8月31日までの間も、ご注文いただいても、発送までは、数日かかることを、ご了承ください。

25日の徳島の講演会を皮切りに、次の31日の福井巡業と、秋のおめめどうをスタートさせていきたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

#################################################################################

◆今月のハルヤンネの講演会・研修会情報

今年は、講師の条件を、講師料ほかを明記しております。
どうぞ、それをご覧いただき、ご検討の上、お申し込みください。

「ハルヤンネの講師依頼のお知らせ」

http://omemedo.tanba-sasayama.com/iraifo-mu.html

さて、8月の巡業先です。

●8月4日(月)1:30〜 
篠山市内
篠山養護学校有志による、自立課題の会

●兵庫TEACCH(旧TAS−T)定例会(私は話しません)
日時 平成20年8月9日(土) 14:00〜16:00
場所 丹波市柏原公民館 2F 研修室
(丹波市柏原町柏原5528  TEL 0795-72-2552)
 http://edu.city.tamba.hyogo.jp/c-koumin/kouminkan/sisetutop.html
 http://edu.city.tamba.hyogo.jp/c-koumin/map/map.html


内容 !)講義 講師:益田毅氏(地域生活支援事業所「はんど」所長)
    「思春期の支援について」
     発達障害の告知や本人が自分のことを理解していくこと現状や幼児期
からの支援についてお話いただく予定です。
   !)意見交換 参加者同士意見交換しましょう。
参加費 会員無料  非会員1,000円
その他 事前申し込みは不要です。当日お越しください。

●8月22日(金)2:30〜
兵庫県立特別支援学校の教頭会
場所:県立上野が原特別支援学校
テーマ「自閉症児・者のコミュニケーション」

●8月25日(月)13:00〜15:00
第30回徳島県人権教育・啓発夏期講座
テーマ「障害支援って何?〜自閉症ダダくんの暮らしから〜」
場所:徳島県郷土文化会館
対象:徳島県民他

●8月31日(日)13:30〜15:30
子供の発達障がいの支援を学ぶ会 てん@
テーマ「なんで?」が「なぁんだ!」に変わるヒント〜自閉症児のがんばらない子育て〜
場所ユー・アイ福井
参加費:500円
定員:100名(申し訳ありません。すでに、定員は、いっぱいになっています)

///////////////////

10月5日は、未踏県、静岡です。うれしいで〜す。

遠隔地も入りつつあります。今年も、できるだけの講演会のお手伝いをしていきたいです。どうぞ、早めのご依頼をお願いします。

ハルヤンネ、「地図が読める女」ですので、全国行脚大好きです。旅が好き♪

テーマや日程、その他、条件を打ち合わせしまして、できる限りお話に行か
せて頂きたいと思っております。

<講演会・研修会ご依頼フォーム>
http://omemedo.tanba-sasayama.com/iraifo-mu.html

わかる範囲で、ご記入の上、メールまたはFAXにて、お問い合わせください。

おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
おめめどうのFAX:079?594?4667

######################################
◆おめめどうへのお便り、愛をありがとう♪

◎夏休みも、約4分の1が過ぎました。この10日間、幼稚園のプールがあったりと、まだ、子供と離れる時間があったのですが、いよいよこれから1ヵ月、べったりの毎日が続きそうです。今年の夏休みは、子供の想いに添えるように、ユルユルにしています。

去年の夏休みは、“あれもしなければ!、これも、できなければ!”と毎日、気負っていましたが、今年はあんまりありません。

ただ、“やろう!”と心にきめているのは、子供が「ぎゃー」と吠えたとき、「なんで、吠えてるの?」とたずねて、答えてもらうだけ・・です。

ここ数カ月、ひらがなに興味を持ちだし、「読み」が結構できるようになり(スケジュールをするようになってから、わかってくれるようになりました。)
次に、大好きなアンパンマンキャラクターの名前を、「書く」ようになってきました。

なので、最近「あいうえおメモ帳」を身近なところに置いておき、最初は、興味のあるアンパンマンキャラクターをメモ帳に書いて興味をひきなが
ら、使い方を見てもらい、最近は、「どうしたの?○してみて!」というと、困っていることを、○してくれるようになりました。

例えば、先日、町の心理士の先生との面談の際も、早く帰りたいのか、ぎゃーと吠えだしたので「書いて!」というと、「あ*た」と3文字に○をつけてくれました。確かに、終わったらア*タというところに買い物に行く予定だったので、その文字を書いてくれたのです。

心理士の先生も、保健師の方も、かなりびっくりされて、「これなら、地域の小学校へ行っても大丈夫!」とも言っていただきました。もっと、子供の気持ちが解れるよう、この夏・・試みたいと思います。MITECAも昨日、届きました!早速、作ってみますね!

◎今回メールさせていただいたのは「ダダ母たより」の中の「同級生へのお話」を一部引用させていただいてお話して良いかどうかお伺いするためです。
実は息子がまだ小学校2年生のとき(5年前)に同級生に息子の障害について上記の部分を使わせていただいて学校の授業の中で説明させていただきました。おかげさまでお友達はもちろん同席していた先生がたにもとても分かりやすい内容だったとのご感想をいただきました。

そこで聞いてくださった介助員さんから他の小学校の先生へ話をしてくださったようで今回同じ内容を話してくれないかというご依頼を受けました。
そこで余り深く考えずにお受けしてしまいお話しさせていただきました。確か3年ほど前だったかと思います。

息子は小学校を卒業したのですが今年の10月に別の小学校でまた話して欲しいというご依頼を受けています。

これはやはりハルヤンネさんにお許しをいただいてからお話しなければいけないのでないかと思い遅ればせながらですが今回メールさせていただきました。

大変厚かましいお願いで申し訳ないのですが10月にダダ母さんのご講演の内容を一部引用してお話させていただいてもよろしいでしょうか?

お忙しいところお手数おかけして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

 →<ハルヤンネからのお返事>

 私の書いた「同級生への話」は、大変多くのかたが、実演(笑)してくださっています。そのことについて、ご連絡くださる方もいたり、まったく連絡無く、そのままを話されている方もいたりします。
 あるとき、ある小学校の校長先生に、「この国には★の数ほど、小学校がありますよ。あなたのお体が心配です」と言われました。もちろん、自分一人ではとても、すべての学校へ回ることはできません。でも、一人でコツコツと、話しに行くその姿を、そう感じてくださるのだなと、ありがたい気持ちになりました。

 私は年間40回の講演をし、その中で、10回くらいが生徒さんに向けてのものです。できるだけ断ることなく、依頼があれば、頑張って行かせていただきます。一人でも多くの子どもたち、親御さんに、自閉症や発達障害のことを知ってもらいたい。

 知るは理解の第一歩と想います。
 
 私の「同級生の話」「杖の役割」をご参考に、ワークショップをされたり、子どもたちにお話しに行かれる際に、1つだけ、お願いがあります。
 それは、出典を明らかにしてもらいたいということです。

 お話しの前に、このお話しは、『レイルマンー自閉症分化への道しるべ』『杖の役割』を参考にしていますと、どうぞ、一言付け加えてください。それから、レジュメや資料をお使いになるときには、最後に、「ハルヤンネ@おめめどう−自閉症サポート企画より」と出典をご記入ください。それで、ご自身の言葉で話していただけたらと想います。
 
 こういう啓発活動は、全国でされるといいでしょう。キャラバン隊などもありますね。グループが、あちこちできることは、嬉しいことです。
 他の地域でも、たいへんよくされるようになったワークショップなので、私も、いろいろ伺うと、他の方のをごらんになっているときがありますから、「本家本元の一芸です」と笑って、話しています。

 どうぞ、機会があれば、本家本元のピン芸人「ハルヤンネ@おめめどう」を呼んでいただけたらと想います。それも、合わせて、よろしくお願いいたします。


////////////

◎御相談した幼稚園児の5歳の子、物を落とすなどの件、やはり幼稚園の対応に問題があるみたいでした。夏休みになったら、ぱったり物を落とさなくなったそうです。
お話をお聞きすると、年中の時は、よくわかってくれる先生で、絵カードなども使ってくれていて何の問題も無かった(その先生、昨年度でやめられたそうです)。年長になって、補助の先生は意欲的に、絵カード使いたいって言ってくださったのですが、補助の立場として、「ちょっと待ってくださいね。担任、主任に聞いてみます。」 で、そこでストップ。 担任の先生はもっと子供同士で関わらせたい、絵カードは必要ない。(はあ?勘弁してよ〜)で、今現在の状況です。 子供がかわいそう・・・

校区のコーディネーターの先生、よく知ってる先生で勉強会にも関わってくださってる先生なので、(たぶん幼稚園児にもかかわってくれるのではないでしょうか?) その先生に関わってもらって、ちょっと幼稚園に入り込んでもらおうかな〜 とにわかに思っております。

勉強会開かなかったら、小さい子の状況よく知らなかったと思うし、お母さんもどう相談したら良いかわからなかったと思います。本当にありがとうございます。いろいろやってみて、またご相談しますね〜  

◎いつもお世話になっております。春に“おじいちゃんが末期ガン”とメールした者です。その節はアドバイスをありがとうございました。
先週、おじいちゃんが亡くなりました。入院して3ヶ月、告知は最後までしなかったものの、家族一人一人に宛てた遺言を遺して逝きました。わかっていたのですね。
看病の期間、お通夜、葬儀とも子どもには丁寧な対応が出来たように思っています。本人なりに静かに死を受け入れる事が出来たようです。心配していた死への恐怖を持つこともありませんでした。
自発的に線香をあげる姿がみられます。今日、聞いてみました。「おじいちゃんがいなくなって、!)平気!)悲しい!)寂しい…どれ?」答えは悲しいでした。表情にはだしませんが、心中が伝わってきました。自閉っ子のもつ繊細な感情を大切にしていきたいと思います。
報告でした。本当にありがとうございました。

◎初めてメールします。高機能自閉症の息子を持つ母です。小学一年生で特別支援学級に通っています。一学期は新しい環境に馴染めるか心配してましたが、周りの理解と協力によって、本人も学校大好きになってくれました。ただ、気持ちが付いて行かず、週一回のペースで学校を休んでいました。でも私は無理やり連れていくことは、したくなかったのでその時は、休みたいと自分で言えることを優先しました。人より疲れやすいのも一つの原因だと思っています。彼にとって一番の支援は何なのか!?果たして私たち家族は本当に彼のことを理解してかかわっているのか!?たまにふと思うことがあります。ただ話を聞いてくれるだけで、私は気持ちが楽になります。返信は手が空いている時で結構です。ダダの本読ませていただきました。読み返すたびに勇気づけられます。ありがとうございます。

◎7月20日の講演会、学ぶべきことがたくさんあり、とても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。思春期の対応は少なからず苦慮しているところですので、大変参考になりました。また、選択の考え方、×には、○を用意すること、障害支援の考え方(杖の役割)など、本日の講演内容を本校の他の職員にも伝えて行きたいと思います。ダダ父通信を掲載したことを、校内に伝えた日は、アクセス数が普段「2〜3」の研修部のホームページが「49」と飛躍的に上がり、しばらく20前後のアクセス数を維持していました。自閉症への正しい理解と適切な支援のためにこれからも活用させていただきます。また、本日頂いた書籍やグッズの情報も伝えて行きたいと思います。

◎さて、お願いです。学校で高校生対象のボランティア講座を行います。講座の後に、ボランティア活動を行います。その時、資料の内容を利用させてください。よろしくお願いいたします。

さて、しょーもないことです。これを取り付けるのは、諸法令に抵触するのかどうか分かりませんし、他の乗客の方々にご迷惑をかけるかも分かりませんが、路線バスの降車ボタンにワンタッチで手軽に取り外しができる、目隠しカバー、どうでしょう。でも、各社によって規格が違うか・・・

◎先日相談させていただいた件につきまして、夏休みに入りますし、報告が遅くなりそう(すると忘れそう)ですので、メールさせていただきます。「興奮した時、玩具を取られた時などにお友達をたたいてしまう」園の方と相談させていただいた結果、せっかく幼稚園を選んでいただいているので、「Kちゃんはみんなとは違うのよ」という扱いをしたくないし、わざわざ子供たちとの間に線引きしてしまうようなことはしたくない。どんな状況でも、叩いてしまうのはいけないことだと教えつつも、周りの子供たちにも「こんな風にしてしまうのも、Kちゃんなんだよ」と受け入れてももらいたい。とのお答えでした。ですので、子供専用の○○を持たせる、のは難しいとのこと。周囲の子供も、まだまだ「Kちゃんの物」だから触らない、という認識を持てない子もいるので…。
夏休み、家で、「人ではなく、クッションならいいよ」と教えることにしました。人形は、女の子が見ると、「かわいそう」とか言われてしまいそうなので。まずは、興奮した時から。人をたたくという経験を少しずつでも減らしていって、今は大きいクッションだけど、徐々に小さくなって、タオルを握りしめるくらいで収まるようになれれば、園にも持って行きやすいかなあ…と。せっかくの夏休み、「じゃあ、頑張ってみてください」と言っていただきました。昨年の夏はオムツがとれました。この夏も、「ちょっとお利口になったんじゃないの??」と2学期にみんなをびっくりさせてやろう!!家ではすでに、クッションでほぼ代用できるようになってきています。がんばれ、K!!

◎息子、野外活動から帰ってきました。2泊3日、初めての宿泊する学校行事でした。出発の2日前に、先生と最後の打ち合わせを息子も一緒に学校でしました。先生の準備と私の準備の確認をしました。

 準備にたくさん時間をかけたので、笑顔で帰ってくる息子しか想像が出来ませんでした。いつもは文字ばかりなのですが、今回は、写真・絵をふんだんに使ってスケジュールを作りました。お部屋用に親スケ、持ち運び用に子スケ。お風呂のスケジュールは水濡れ防止で縦に長くしました。

 着替えなどは、写真と実物をマッチングさせてわかるように、カバン(中身が分かるように透明カバン)もすることに合わせて各種行事に合わせて準備して表には写真付きで中身がわかるように透明ジップロックに入れて、○月○日、△活動と書いて、活動別に分けて用意。

 おはなしメモ帳で作った野外活動用のカードを腰に付けて、もう片方には、おしゃべりする心伝紙をつけて、首には携帯用のスケジュールを下げて、背中にリュック、ジャラジャラ状態の息子でした。おめめどうのメモ帳を各種とごちそうさまナプキンも持たせました。

 コン息子専用のしおりと、先生専用のしおりも作りました。ほとんど写真ばかりです。安心グッツは、dvdと本を持たせました。食事は食べれないかもしれないので、「海苔とふりかけ」を持たせました。後は、虫よけスプレーと、かゆみ止め。いつもより丁寧に準備をしました。先生にわかってもらうチャンス♪なので、いつもより時間をかけました。

 当日は、出発式を済ませると私に「バイバイ〜」として普通に歩いてバスに乗りました。先生も笑顔だったので、大丈夫と思いました。夕方、先生から届くメールは、「順調です」だったので、安心しました。夜もグッスリ眠って、何のトラブルもなく、野外活動から無事に帰ってきました。 先生も笑顔でした。

 帰宅して息子に感想を聞きました。

 メモ帳で「野外活動はどうでしたか?」と聞くと・・・「もう一度行きたいです」「野外活動はどうでしたか?」と聞くと・・・「たのしかった」「野外活動はどうでしたか?」と聞くと・・・「さみしかった」(私に会えなかったから?終わってしまったのが寂しいのか?どっちだろう?)「どれが楽しかったですか?」と聞くと・・・「お友達とおふろ」「どれが楽しかったですか?」と聞くと・・・「お友達・○○先生・バス・朝ごはん・カレーライス作り・キャンプファイヤー・本」と、とっても嬉しい感想でした。
 
 準備はとっても大変でしたが、野外活動から帰ってきた息子は、少し大人に感じました。
 息子が野外活動へ行っている間、私は完全にお休みを頂きました。11年ぶりに1人の時間を3日間も頂きました。だから準備にも力が入ってたんです(笑)リフレッシュしてまた、今日からスケジュールを書く毎日ですが、今度は修学旅行がある!また、お休みが頂けるかも!と思って頑張れます♪
 準備をしっかりすれば、なにも心配することはなかったです。子どもは日々成長をしていますね。どうもありがとうございました。感謝♪


/////////////////////////////////////////

 おめめどうのグッズ、ハルヤンネ流のノウハウで、シアワセに、楽に暮らして行かれるご家族が増えていることは、本当に、嬉しい限りです。これからも、頑張っていきますね〜。

##############################################


◆ハルさんのブログ「ふたつめの月がまわってくる」は、アメンバーブログ【本・書評ジャンル】で、10台をキープ!

毎日、1500名以上のアクセスがあります。総アクセス数、なんと!!最大6000!!!
たぶん、自閉症圏では、ナンバーワンを誇るアクセス数だと思います(その割に内容が・・・汗)。

どうぞ、みなさまも、いち早い情報のGETにも、クリックくださいね。

ふたつめの「月がまわってくる」http://ameblo.jp/haruyanne/

ちょい長めの本音トークは、ふたつめの【アメンバー登録】をしてもらうと、読めるようになっています。

おめめどうの社長ブログ
「社長、物書き、主婦の三角定規」http://ameblo.jp/chigauhosi-style/

は、一等最初にメモるホワイトボードのようなところ。今は「コミュメモのある暮らし」

こちらも、あわせて、ご覧ください。

////////////////////////

今回のメールマガジンはいかがでしたか?活動ほか、ご意見・ご感想をおめめどうまで
お寄せくださいね。

それらは、次回のメルマガでお知らせすることにします。たくさんの人と、情報を共有しましょう。

感想やお便りは、ハルヤンネの宝物です。
ただし、相談は、★ハルネット★や☆オブザーバー☆でね。

個人的な相談につきましては、個人メールやブログでは、お答え致しかねますので、
ご了承くださいませ。申し訳ありませんが、お返事はいたしません。

有料携帯メルマガに、出来るだけ、テーマだてしていきます。どうぞ、年間購読をご購入ください。

みなさまの「あったらいいなあ…こんなもの!」を、どうぞ教えてくださいな。自由な発想で、やっていきます。

当メールマガジンの「居心地のよい暮らし」の考え方が少しでも広まればと
心から願っています。

どうぞ、ご自由に、ご友人に転送して下さい。

または、登録のご紹介を頂くと嬉しいです。

これからも、よろしくお願い致します。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 86 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/08/01

    読者の生の声がたくさん読めるのがいいですね。