福祉・介護

おめめどうニュース♪

自閉症・発達障害の人たちを支援する会社「株式会社 おめめどう」からの新しいサービスのニュースやお得情報をお届けいたします。

全て表示する >

自閉症・発達障害の人の居心地のよい暮らしのために

2008/06/15

入梅したとはいえ、涼しい日が、続いていますね〜。大きな行事はないですから、通常の暮らしのよい見直しする時期といえますね。

今回のメルマガは、お知らせしたいことがいっぱいです。
さて、今回の内容は…

----------------------------I--N--D--E--X----------------------------
◆7月からのハルネット会員募集
◆おめめどうオリジナル商品「心伝紙COECA」、好評発売中!
◆サンスターの歯磨き教材も、取り扱い中♪
◆コミュメモ・ランキング発表!
◆今月のハルヤンネの講演会・研修会情報
◆おめめどうに寄せられたお便り♪愛をありがとう!
◆ハルヤンネのブログのご紹介(コラムは、こちらをみてくださいね)

#####################
◆7月からのハルネット会員募集

何かを変えたい人のためのハルネット。年に四回のご入会チャンス!です。
 おめめどうのメインサービス♪相談メーリングリストです。

三つのMLともう一つハルネット会員なら誰でも入れる広報ML「ハルネット・プラス」の四つで出発します

●ハルネット・アドバンス 基本的に50名(これまでどおり。どなたでもOK!)
 
 これは、たくさんの人が、ご自分の話題・相談を出されるMLです。人数とお子さんの年齢層が様々、アドバイスがいろんな方からある、たくさんの話題があるのが特徴です。もちろんどんなご相談もしていただけます。また、ハルヤンネからは、時折日々のつれづれ物語を配信します。
 書き込み数が多いため、読むのがたへいん、相談するタイミングを逃してしまう、今、必要のない情報も入ってくる、ハルヤンネからのお返事の返事が遅くれるなど、デメリットもあります。ロム専(読むだけ)の方が多いのも特徴です。

●ハルネット・ビギナーズ(学童期) 約10名(少人数を希望される方)

 ここは、学童期のお子さんをお持ちの親御さんの少人数でのMLです。相談件数も一番少ないです。多くの方が参加されないだけに、読むのも楽で、書きやすさもあるでしょう。また、ビギナーズということから、初心者的な質問もしやすいのが特徴です。将来を含む、いろいろな話題というよりは、個人相談がメインになります。
 デメリットは、相互のアドバイスが少ないので、ハルヤンネの書き込みだけがレスになってしまう傾向にあります。

●ハルネット・ビギナーズ(幼児期) 約10名(就学前に限定します)

 ここは、就学前のお子さんをお持ちの親御さんを対象としたMLです。幼児期にありがちな問題、親御さんの気持ちのサポートをしていきます。同じくらいの年齢層をもつ親御さんばかりなので、励まし合うことができるところです。
 デメリットは、学童期以降の話はないこと。年齢層が同じなので、ハルヤンネの書き込みと、また過去ログの転送(なんども話題になったもの)がアドバイスとなります。

 注:ビギナーズ(学童期&幼児期)は、ハルヤンネの「ダダくんの青春だ門」はの、配信されません 

 上記の状況を考慮した上、ご自身に合うMLをお選びください。
 参加費は、どこも同じです。

///////////////////////////

●ハルネット・プラス(アドバンス・ビギナーズ参加者の中の希望者のみ・先駆けた広報などが欲しい方は、どうぞ。)

 ここは、おめめどうの広報やハルヤンネの講演会情報やセミナーがUPされるMLです(相談MLと別便にしました)。アドバンス・ビギナーズを超えて、参加したセミナーや講演会の感想などを分かち合えます。相談は不可。掲示板的な役割ですが、内容については、おめめどうで管理させていただきます。 

////////////////////////////


 ハルネットとは、有料相談メーリングリストです。

 次期は、7月 5日からスタート。春からの暮らしにどうぞ、ご活用ください。夏休みに入りますから、ナツの暮らしのお手伝いができるでしょう。

 その仲間を、募集をします(先着順)。定員になり、お受け出来ない場合のみ、こちらからご連絡致します。

 今期は、6月25日で、終了。10日間のインターバルをいただき、次期開始です。 


   【費 用】
         入会金5000円(7月のHAPPY★セミナーご参加の方は免除)
期間参加費12000円(3ヶ月分前納を基本していますが、一ヶ月ごとの分割を希望される方は、お知らせください。入会金は、最初にお支払いいただきます)
         (途中入会の場合も、その期間の過去ログが読めますので、同額になり
ます)

      【対象者】
         自閉症の幼児、学童期のお子さんをお持ちの保護者(希望があれば、ご
親族の方、支援者なども、ご参加可能です。ご相談ください)

      【形 式】
         3ヶ月間のメーリングリスト形式
         7月5日〜9月25日 の会員募集中

      【受付期間】
         6月20日一応の〆切ですが、随時OKです。途中入会も可。お問い合わせください

      【内 容】
      ・ Q&A、質疑応答形式。親御さんの質問に対して、あくまでも「ハルヤン
ネの考え」を書いていきます。
      ・ 返事は一度で返信する時もあれば、対話形式で導き出す時もあります。
      ・ 親御さん同士のアドバイスや情報の交換もいっぱいです。

      【条 件】

      ・ あくまでも「ハルヤンネの考え」を知りたい。自分なりに、その方向性で
やってみたい人
      ・ロムオンリーでも結構です。
      ・ 内容を外部に漏らさない。転送やコピー配布は不可。守秘義務がまもれる
人。(当方も守秘義務は堅くお守りします。)
      ・ 代行質問はご遠慮ください。ご自分のお子さんのことについてのみ質問を
お願いしま す。また、相談をされた場合は、簡単な報告をしていただきます。
      ・ネット環境があり、自分で書き込み、読めたら、地域は問いません。
   ・相談の内容が、書籍化、ネットへの文書化される場合があります
(もちろん、地域、名前などは匿名とし、一事例として載せます)。

  【注意事項】

  ・携帯からの入会もできますが、24時間メールがくること。添付ファイルが見にくい(個人でみれるように設定してください)。長いメールについては、途中で切れるなどの問題があります(その場合WEBサイトからご覧ください)。いつも手元で見れるというのはメリットです。
  ・PCからの参加は、直接登録いたしますが、携帯から参加は、送られてきた招待メールの承をしていただけなければなりません。
  ・個人的なブログやHPの紹介は自由ですが、そこに書かれている内容を読んでのご相談はいたしません。あくまでも、ML上にあるもので考えていきます
  

      【申込方法】(コピー&ペーストしてご記入ください)
 
●お申し込みML名(新規、あるいは継続など)
●お名前
●ご住所
●TEL&FAX
●登録メールアドレス
●お子さんのお名前、年齢、性別、在籍園・学校
●「ハルネット・プラス」へのMLへの参加の有無
●分割払い希望(振り込み手数料がその都度かかります)
●希望動機
 
 を明記の上、メールにてお申し込みください。

      【入会と継続会員】
      「ハルネット」は、三ヶ月ごとに、新しく出発していきます。一度入会して頂
ければ、休会は自由です。
       また、参加したい時期にご連絡をいただくと、再登録させて頂きます。
   「ハルネットアドバンス」から「ハルネットビギナーズ」への変更(あるいは逆)も、更新時には可能です。

      【ご連絡】
      参加については、振り込み用紙をお送りする形でお知らせいたします(3月15日以降)
   参加費の振込を確認後、MLに登録いたします。

 どうぞ、勇気を持ってチャレンジ♪
 たくさんの親御さんが、学んでおられますよ。

###############################

◆おめめどうオリジナル商品「心伝紙COECA」、好評発売中!

6月7日の日テレ系の「世界一受けたい授業」のこと、先日のメルマガでご連絡しましたよね。
ほんの一瞬でしたが、写りましたよ〜。翌日の携帯メルマガです。

/////////////////////////////////////////////////////////

一日ドキドキしましたが、お知らせした「世界一受けたい授業」での映像は、1〜2秒でした。→ http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10104212990.html

 説明の一言もなかったですしね。でも、全国放送で、社名が映ったことは、とてもありがたいことです。超最先端テクノロジーとして、紹介されていました。それが、普通に通販で、手に入る品物にできたことが、よかったなあと感じました。

 あのような声を吹き込んで、それを再生して知らせる道具を、「会話補助装置」と言います。たとえば、それらを使えば、お話しができない人に、ボタンを押してもらうだけで、周囲の人が気が付くことが可能になります。よく使うのは、「手伝ってください」「材料が足りません」「わかりません、おしえてください」という、ヘルプを出すときです。

 自閉症は「人に頼ることができない障害」と言われるくらい、人の知識、周囲の情報を頼りにすることがありません。電車でも、同じルートを使いたがる(一人の場合は特に)、誰かに頼って、未知なるものを知るということが、しにくい(できない)からです。

 だから、ヘルプは、本当に出しにくい。一言言ってくれたら…と思うことはよくあるでしょうが、その一言が出しにくいことに、こちらが気が付いてあげるべきと思います。そんなとき、おしゃべりじゃなくて、ボタンを押すという行為で、それが可能になれば、ハードルは低くなりますから、できるようになるのですね。スイッチで、ヘルプが出せるようになった人は、たくさんおられます。

 また、「いやです」「いりません」「あっちいってください」といった拒否の言葉も、上手に出せない人が多いです。それができないがために、困った行動となって、表れてしまう。そんなとき、ボタンを押して、自分が言う代わりに、伝えてもらえたら。どれだけ、うれしいでしょう。それが伝われば、自分は暴れなくて済むのですから。
 
 欲しいことを、いやなことを、助けを「はっきり言ってごらん」と大人は、無茶を言います。「言うのが、苦手。言うのが、難しい」のが障害なのに。それを補う物として「会話補助装置」は存在します。ビッグマックのようなスイッチ、シンボルを押すVOCA、文字盤を押すキーボードのようなものと同じような使い方をするものとしても、おめめどうの「心伝紙COECA」を誕生させることができて、誇りに思っています。

/////////////////////////////////////////////////////////

心伝紙COECA 
【名刺サイズの紙のレコーダー】(録音再生/上書き防止機能付きカード)
録音時間は、20秒 
連続動作は、約300〜400回(間隔を空けると、1000回も可能)
横9.2cm(突起部1.2cm)×縦5.6cm 重さは、15g 

おしゃべりする紙が、おめめどうオリジナルで発売になります。

特別な装置は、まったくいりません。言葉を録音し、ボタンを押すだけで、再生できます。
柄は、「セリフの吹き出し」。だから、何かを伝えること、おしゃべりすることが、視覚的に、はっきりとわかります。

驚くくらいの扱いやすさなのです。
みなさんが、クレジットカードや、スイカ、イコカなどの電子マネーを手軽に扱っているのと同じように。
落としても割れる心配もない。電池が飛び出すこともなありません。

ボリュームもありませんし、オンオフもないですし。とにかく、楽、軽い。そして、便利。紙ですから、お子さんに合わせて、視覚支援がアレンジできます。

名刺ケースにも、フォルダーにも、お財布にも入ります。首からも提げられ、腰にも付けられます。自由自在。他にはない手軽さです。

PP加工を施しているので、紙と言っても、耐久性もあります。

<こんなときに使ってみては?>
●ジュースの絵を貼り付け、「ジュースください」と録音してみましょう。ボタンが押されたら、ジュースを持ってきてあげてください。さあ、お子さんの言葉ができあがります。
●「手伝って」のマーク。困ったときに、押してもらいましょう。すぐ駆けつけることができます。
●入院中の高齢者に。介護の方に、「ちょっときて」というセリフはどうでしょう。
●歯の治療中、「いたい!」というのは、たいへんです。ボタン1つで、伝えられますよ。
●ドライブ中に「トイレにいきたい」小さな幼児さん。そんなときにも、すぐ、気が付きます。

お子さんの得な場面で、お使いください。すると、大切なものとわかっていきますよ(^^)/

自閉症のお子さんだけでなく、幅広く、お使いいただける「心伝紙COECA」
(有)おめめどうの四周年を記念して、生まれました。

どうぞ、みなさまも、一度、手にとってください。胸ポケットのはいる名刺サイズ。あらゆる場面でお使いいただけます。

心伝紙COECA は、三つのコースで販売します。

◎一枚 1700円(税込み1785円)
◎五枚セット 8000円(税込み8400円)→一枚あたり、1680円
◎三〇枚セット 45900円(税込み48195円)→一枚あたり1607円

ネットショップ、携帯サイトでも、取り扱いしております。
おめめどうショップ→ http://omemedo.ocnk.net/

#########################################

◆サンスターの歯磨き教材も、取り扱い中♪

先日、サンスター歯科保健振興財団が製作された「自閉症の子どもための歯磨き教材」を取り扱わせていただくことになりました。

発売と同時に、爆発的に売れています。びっくり!といっては何ですが、本当に、みなさんにとっては、待ちに待ったという感じだったのでしょうね。

うれしいうれしい悲鳴です。スタッフのお子さんや、お通いになっている保育所にも、さっそく使ってもらっています。子供たちの反応、とてもいいですよ〜。

HPは、こちら → http://www.sunstar-zaidan.org/kyouzai/index.htm

ハンドブック210円(税込み)
DVDセット2100円(税込み)
絵カードセット2100円(税込み)…絵カードは、おめめどうのために、名刺サイズにしていただき、価格も抑えてのご提供です。

内容は、
○DVDセットが、ハンドブック+DVD一枚+説明書
○絵カードセットが、ハンドブック+絵カード37枚+説明書

どうぞ、おめめどうにて、御注文ください。他の商品とご一緒に送付いたします。

おめめどうショップ、携帯サイトからもお求めいただけます。
おめめどうショップ→ http://omemedo.ocnk.net/

################################################

◆コミュメモ・ランキング発表!

おめめどうのコミュニケーションメモ帳。全14種類ありますが、みなさんは、どのメモ帳をよくお使いですか?
ずっと、してみたいと思っていた売り上げ状況を調べてみました。

もちろん、発売時期が違いますから、数で言うと、まったく比べることができません。そこで、時期を区切りそこで、御注文があった数から、パーセンテージをはじき出してみました。
想像はしていたけれど、とてもクリアになって、おもしろかったですね。

第一位 みとおしビッグ 

第二位 とけいミニ 

第三位 ○×メモ 

第四位 みとおしメモ 

第五位 とけいメモ 

第六位 おはなしメモ 

第七位 おはなしミニ 

第八位 おはなしツイン 

第九位 TODOメモ 

第十位 えらぶメモ 

第十一位 プチTODO 

第十二位 あいうえおメモ 

第十三位 こたえるメモ 

第十四位 カタカナあいうえお 

ダダが楽しみにしていた英語の授業。どうも、先生が一週間間違って伝えてしまったよう。当日には、外国人の先生がこられません。

なので、おはなしメモ帳で伝えてもらいました。
「ルーカス先生」
http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10103694708.html

もちろん、ダダは納得。おはなしメモは、誰から誰へ伝えたい言葉なのかがはっきりとわかります。だから、目の前にいない人からの言葉も、その人からと伝わっていきます。

また、先日、施設へ、作業実習の挨拶に行きました。でも、挨拶って、とってもファジー。言葉もうまくでませんしね。

だから、おはなしメモ帳に、「16日から20日まで、仕事に来ます。よろしくお願いします」と書いて、それを読み上げました。施設長さんも、にっこり♪

そうして、自分の言葉として、わかって、伝えることができるのです。

また、昔ダダが、脱走してしまったとき、誰かに怒られたかどうか聞きました。
怒られたということなので、その人が、どんな風に言ったかを、おはなしメモに書いてもらうと・・・

「ぼく、いいかげんにしなさいよ、ぼく!」とそのままのセリフを再現してくれました。

三次元の世界を、二次元に置き換える、おはなしメモ帳は、自閉症や発達障害の人だけでなく、多くの皆さんに、優しくわかりやすい商品です。

どうぞ、おめめどうのコミュメモをお求めくださいね〜。

 ############################

◆今月のハルヤンネの講演会・研修会情報

いよいよ、始動と想っていたら、すぐに何件か、ご依頼がありました。昨年から「特別支援教育」もスタートしました。発達障害への関心も高まっています。たくさんの人に、自閉症の話を聞いていただきたいですね。

今年度も、できるだけ、お手伝いさせていただけたらと想っています。
遠方の場合、早くにご依頼いただくと、助かります。

今年は、講師の条件を、講師料ほかを明記しております。
どうぞ、それをご覧いただき、ご検討の上、お申し込みください。

「ハルヤンネの講師依頼のお知らせ」

http://omemedo.tanba-sasayama.com/iraifo-mu.html

さて、6月〜7月のの巡業先です。

●6月21日(土) 13:30-16:30(受付開始13:00)
内容:「自閉症児・者の暮らしのお手伝いとコミュニケーション」
講師:奥平 綾子 氏(@ハルヤンネ ダダ君のお母様
(有)おめめどう-自閉症サポート企画 代表)
会場:千葉県文化会館 小ホール(千葉市中央区市場町11−2)
《お問い合わせ先》 千葉県TEACCHプログラム研究会事務局  TEL 043−227−8557
詳しくは、こちら→
 http://www.interq.or.jp/japan/aschiba/aschiba_pdf/Tken08.doc

●7月5、6日(土、日)
HAPPY★セミナーin大阪 5日 13:00〜5日 13:00
http://omemedo.tanba-sasayama.com/semina.html

江坂東急インにて、五回目のHAPPY★セミナーです。とりあえず、今回で、休憩をさせてもらいます。
定員に達していませんので、もし、参加してみようと思われる方は、どうぞ、ご連絡ください。

講師、スタッフ一同、とても楽しみにしています。充実した時間をご提供いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●7月8日(火)10:00〜12:00
TAS-P定例学習会 「自閉症の障害特性3」
場所:丹波市柏原公民館
会費:500円


●7月12日(土)
兵庫県淡路島にて、次回に広報します。


●7月15日(火)13:30
今田ボランティア連絡協議会研修
場所:今田公民館
テーマ:自閉症について


●7月20日(日)10:00〜12:00
大田市・大田市地域自立支援連絡会 発達障害講演会
場所:大田市民会館 中ホール
テーマ:「自閉症文化の愉しみ方」〜ダダくんの暮らしから〜
【お問い合せはこちらまで】
相談支援事業所 清風園(担当 松原・三浦)
TEL.0854-82-5300(代表番号)・0854-82-5308(直通)・<BR>  0854-82-5308(直通)
FAX.0853-43-2256

HPは、→http://www.iwami-wind.org/modules/info1/

思春期の話をメインに話します。

///////////////////

8月は徳島、福井、そして、10月は静岡と・・・遠隔地も入りつつあります。今年も、できるだけの講演会のお手伝いをしていきたいです。どうぞ、早めのご依頼をお願いします。

ハルヤンネ、「地図が読める女」ですので、全国行脚大好きです。旅が好き♪

テーマや日程、その他、条件を打ち合わせしまして、できる限りお話に行か
せて頂きたいと思っております。

<講演会・研修会ご依頼フォーム>
http://omemedo.tanba-sasayama.com/iraifo-mu.html

わかる範囲で、ご記入の上、メールまたはFAXにて、お問い合わせください。

おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
おめめどうのFAX:079?594?4667

######################################

◆おめめどうに寄せられたお便り♪愛をありがとう!

◎養護学校に通う二年生の息子を持つ母親です。
毎朝メルマガを楽しく拝見させていただいてます。
保育園年長の頃から、家で服を着たままうつ伏せになり、おちんちんを床にこすりつける様になりました。学校に行ってからは疲れているのか、ほぼ毎日しています。学校→家→遊ぶ→おちんちんとこんな感じです。違う遊びに誘ったり、『したくなったら、足裏マッサージしてあげる』と言うと『学校帰ってからは足もみもみしておちんちん体操は朝するわ』と言ってます。家だけならよいのか、また違うものに移行できないかと考えています。
お忙しくされてますのに申し訳ないですが、アドバイスよろしくお願い致します。

(携帯メルマガにて、お返事しました)

◎アドバイスありがとうございました。
今日から取り組んでみます。また報告させていただきます。
今後ともよろしくお願い致します。


◎昨日小児神経学会から帰ってきました。
最終日の公開講座で、
発達障害のサポートに、巻物カレンダーの写真が出て紹介されていましたよ。
うれしくなりました。


◎いつでも、ハルネットに相談できる・・・この精神的安定感があってこそ、
毎日平穏に暮らせてるんだなあ、と思っています。


◎巻物カレンダー、毎日大活躍♪です。
お部屋用、息子手持ち移動用、学校へ手持ち用、学校教室用・・・。あちこちで大活躍中♪
で、ですね、巻物カレンダーの中と小の間の大きさを、私が作って息子に持たせています。
中サイズは、大きすぎて、小サイズは、文字がはみ出してしまいます。
で、ですね、みとおしビックを使って、巻物カレンダー、小&中間、を作りました。
幅があると、文字が書きやすいようです。シールも貼れて、絵も描いています。


◎息子は、元気に幼稚園に通っています。
先生も息子が園で過ごしやすいようにと
好きなおもちゃを置いてくれたり、
自立課題も何点か作ってくれたりと
配慮して頂き、今期相談した連絡帳でのやりとりで 
先生の対応も早いです。            
家、園での暮らしの中でスケジュールをたよりに
している様子も見られます。
ハルネットのおかげです。


◎Kが支援級に入級して、もうすぐ2か月になります。
先生に恵まれた事もありますが、今まででは考えられないほど、
 落ち着いた毎日を過ごしています。


◎自分が学ぶため、ヒントをもらうため、一人じゃないことを自覚できるため…などと色々ありますが、一番はやっぱり安心して暮らせるためです。
ハルネットに参加しているといいこと続きで困っちゃう♪ほどです。
イヤーマフ着用も可、支援教室には巻物カレンダーもあり、
えらぶメモ帳、こたえるメモ帳、みとおしメモ帳もあります。
この環境がずっと続きますように……という願いをこめ、
ハルネット・アドバンスを「お守り」にします。


◎ところで、先日のメモのランキング、とっても意外でした〜。
 僭越ながら、うちの場合。
 1に えらぶ、2に おはなし、
 ちょっとあいて みとおし、
 はっきりしたい時に、時計、TODO 
 時々 ○、こたえる
 という感じ。
 おかげさまで、
 私は おはなしとしつもん、子どもはえらぶ ・・・で ずいぶん会話風になります。 

 今日は、急にパニックになり、巻き物カレンダーを破ってしまったんですが、
 えらぶ26枚、おはなし10枚で、理由をえらんで、こたえて教えてくれました。 
 5月に、Yさんというヘルパーさんが来られた時に、
 楽しくてテンションが上がりすぎて、急に疲れが襲ってきたようなことがあり、
 「Yさんに帰ってもらう〜」とえらんで伝えてくれたことがあったのです。
 その時のこと(あつい・つかれた)を思い出したのだそうです。
 カレンダーは「また作って欲しい」だそうです。
 下校時に「声がやだった」と、泣いてチックがでていたので、
 学校の疲れかと勝手に思っていたのですが、パニックは別の理由でした・・・。
 先日のキャンプで付き添ってくれた学生さんも、
 「C君が、たくさん伝えてくれて感動しました〜」と
 報告してくれました。
 いつも恥ずかしそうに、書いてくれたメモを ホルダーから外してしまうので、
 あまり内容を見れなかったのですが、
 今回は、「見てください♪」って、ごっそり返してくれました。嬉しかったです。
 昨日は沢山聞いた後、
 「しつもんをよむのはどんなかんじ?」→「うるさい」
 「しつもんがうるさいのは どんなとき?」→「つかれたとき」
 「しつもんおわりにします;」
 ・・・という 話をしました。
 うざい母で・・・(苦笑)
 でも、書き始めると覗き込んでくる子ども。
 しかもこの頃、自分でメモを渡してきて、質問とこたえを両方決めていて、
 その通りに 書いてもらいたがったりします。
 「ミスタードーナツいく?」→「いく」
 「なにたべる?」→「てりやきチキンパイ」
 答えたいから、早く質問書いて、という風です。
 魔法みたいな えらぶ & おなはし メモ・・・
 作ってくださって、本当にありがとうございます。


◎何をしていいのか ちょっと私がいきずまってきたので 行動してみようかなと思いました。楽しく夏休みと二学期が送れるといいなと思います。


◎今年度から普通学級から特別支援学級になりました。昨年高機能と診断を受け、そのうち不登校に。しかし今は短時間の登校に変わりつつあります!
選ぶメモを先生も使って下さるようになりました。パニックで脱走して帰るのもなくなりつつあります。
コミュメモを使ってみてわかりました。それ以前は彼の気持ちを正確に知ることもせずによく彼は周りに合わせてくれてたなと。まさに彼にありがとうです。
彼に対するごめんねの気持ちは生涯心の痛みとして有り続けるでしょうけど、とにかくおめめどう様のお陰で、私の役割が具体的にわかってきました。
家族にも理解が得られにくい障害の特性達、私がおめめどうさんから得た支援を当たり前にやってる姿からいつか感じ取って貰える日がくるかもなぁ期待しないでおこう等々と感じながら毎日過ごしてます。障害の特性からくるマイナスなもの?が見える時だけ、母親の子育てのせいとはっきり伝えられるのは辛いです…
パソコンからもおめめどう様拝見してます。心強い限りです。きっと今後もずっと続けて追っかけていきますので☆


◎やっと旦那の許可がおりましたぁ〜(^^) 内緒で入会するへそくりも無く親の会で相談させていただくなどでしのいできましたが、やっぱりいろんな方のご意見やいろんなアイデアをちょうだいしたいということで、「担任の熱心さに応えなければ!!」という脅し文句でなんとか説得できました。
思春期の入り口・中学校進学・そして発語がチラホラしだし、理解が特に進みつつある今、息子にわかりやすく楽に暮らせる環境を提供するための脳みそ(考え方)とアイデア(実践)をいただきたいと思っています。よろしくお願いいたします(u_u)..


◎テレビでよく見る社長さん、言葉は乱暴なのですが、奥様への愛♪でいろいろ商品開発をされている社長さんhttp://www.hni.co.jp/ です。
あの、寝返りベットは、夜中に奥様が、二時間おきに寝返りをさせていて、なかなか熟睡ができなくて、社長が四年かけて、「世界初、本人さんが音声で寝返りが出来るベット」を作られた社長さん。 そのおかげで、奥様は、熟睡ができるようになってね。愛♪ですねっ。
ある講演で、介護の時に、「お年寄りに、幼稚園児のような声かけをするなっ!」とキッパリ言う社長さんです。
社長さんは、みなさん 愛♪ があって、すばらしいですねっ、ハルヤンネさん♪



◎いつもお世話になっております。ダダくんの青春だ門が読みたくて、やめられなくなってしまいました。よろしくお願い致します。


◎最近は遊びに行った先のスケジュールを自分で書いてくれるようになり、「遊びにキリをつけられない」ってトラブルがなくなりました。
本人が決めて、しかもムリなときは交渉できるようになりました。
本人が中心にある世界を保証することは周囲も楽になるんだって事を実感する毎日です。
 
◎今期が終了すると、二年間ハルネットで学ばせていただきました。
ハルネットに入っていなかったら、どんな生活をしているのかなぁ〜と思います。
視覚支援やスケジュールは、やっていると思いますが、マイナスからプラスへの気持
ちのもっていきかた・・・、子供自身の立場や、周りの人の立場にたって気持ちを考
えること、子供自身が納得して動けるまで待つこと、子供の希望を出来るだけ叶える
こと・・・、その他たくさんありますが、このような支援以外の
大切なことを、たくさん学ばせてもらったと思います。
特に、子供の気持ちを満たすこと、希望を叶えることは、ハルネットで学んでなけれ
ば、やっていないと思います。今実際に、出来るだけ子供のしたい事を叶えています
が、満たされることで、穏やかな生活ができる事を実感していますし、本当に大切な
ことだなと思います。
私自身も、自分のやりたいこと、希望が叶うと満たされますが、それは、誰にとって
もそうである・・・ということに、気づいていなかったと思います。
来期も、いろいろと教えていただきたいと思います。


///////////////

まだまだ、たくさんのお便りをいただいています。
本当にありがとうございます。

 どうぞ、お気軽に、どしどし、お便りくださいね〜(スタッフも楽しみにしています)

########################################

◆ハルヤンネのブログのご紹介(コラムは、こちらをみてくださいね)

新しいアイデア、企画、発売などなど、おめめどうとハルヤンネは、大忙しの毎日です。
そんな暮らしをもっともっと共有していきたいなと思っています。

「ふたつめの月がまわってくる」は、アメーバーブログ、【本・書評・文学】のジャンルで、ランキング10台をキープ!毎日、1000名以上のアクセスがあります。総アクセス数、なんと!!最大6000!!!

どうぞ、みなさまも、いち早い情報のGETにも、クリックくださいね。

ふたつめの「月がまわってくる」http://ameblo.jp/haruyanne/

ちょい長めの本音トークは、ふたつめの【アメンバー登録】をしてもらうと、読めるようになっています。

おめめどうの社長ブログ
「社長、物書き、主婦の三角定規」http://ameblo.jp/chigauhosi-style/

は、一等最初にメモるホワイトボードのようなところ。今は「コミュメモのある暮らし」

今回のメールマガジンはいかがでしたか?活動ほか、ご意見・ご感想をおめめどうまで
お寄せくださいね。

それらは、次回のメルマガでお知らせすることにします。たくさんの人と、情報を共有しましょう。

感想やお便りは、ハルヤンネの宝物です。
ただし、相談は、★ハルネット★や☆オブザーバー☆でね。

個人的な相談につきましては、個人メールやブログでは、お答え致しかねますので、
ご了承くださいませ。申し訳ありませんが、お返事はいたしません。

有料携帯メルマガに、出来るだけ、テーマだてしていきます。どうぞ、年間購読をご購入ください。

みなさまの「あったらいいなあ…こんなもの!」を、どうぞ教えてくださいな。自由な発想で、やっていきます。

当メールマガジンの「居心地のよい暮らし」の考え方が少しでも広まればと
心から願っています。

どうぞ、ご自由に、ご友人に転送して下さい。

または、登録のご紹介を頂くと嬉しいです。

これからも、よろしくお願い致します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 86 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/06/16

    参考になりました。特にそれぞれのお子さんのことを書かれた保護者の方の文。