時事・世論

■情報戦略 インテリジェンス■

新たな視点で情報を斬る!調査・リスクの視点から、公の情報に対する観方、捉え方、考え方を角度を変えて発信します。情報戦略を根底から変える。

全て表示する >

■情報戦略 インテリジェンス■

2007/02/05


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
/
/ 2006/02/05 第061号 不定期発行
/ ◆◆◆情報戦略 インテリジェンス ◆◆◆
/ 発行 浅田綜合調査 浅田如風 http://www.asada-ti.com/
/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


■着実な民主党の前進

それにしても強い。小沢一郎という人は。
メール問題当時の民主党からは想像もつかないほど強くなっている。
マスコミは小泉政権時代のサプライズが忘れられず、民主党の党首交代か
らそれがないので不満のようだ。
どうも物事を単調に見る癖が付いてしまっているらしい。
今回の愛知、北九州両選挙の結果は、一政治家の単なる失言が問題なので
はない。
阿部総理自身バランス感覚のある人で、内閣自体が大きな問題を起こして
いるとは言い難い。
以前から良くある小さな問題がポロポロと出てきている程度と思える。
しかし、内閣支持率は低下の一途を辿っている。
その理由を必死に探そうとして、マスコミは粗探しをしているのであろう。

人は何にでも理由を付けたがる。
生きていること、存在、夢、不幸etc・・・・
あらゆるものに理由を求める。
仏陀が最後まで持っていた「何故」という問いの「煩悩」である。
問題と解答の組合せを繰り返すことで、現代人は知識を付けてきた。
そして、その解答が正解か不正解かを出してもらうことによって、知識を
正確なものとして農に刻み込む。
だから、内閣支持率低下(問題)の原因(解答)を探している。
探しているものは明確でわかりやすい解答である。


◆原因は1つではない

1つのリスクが発生するには、300以上の要因がある。
この300以上の要因によって内閣支持率低下という現象が起こっているの
である。
力が作用するのに、なにも支点は1つではないと言うことだ。
これを別の言葉で表すなら「時流」ということになるだろうか。
300以上ある要因の内、50くらいは小沢民主党にあるように感じられる。
残り250以上もの要因を、内閣改造というサプライズで消せるものではな
い。
何故なら、内閣に存在する要因は10か20程度のものであろう。
リスク認知の甘さが現状を生み出しているのは言うまでもない。
そして、現状認識も甘い。
彼を知らず己を知らねば、百戦危うし     孫子




-----------------------------------------------------------
◇◇◇情報戦略 インテリジェンス ◇◇◇  

◇発行者 :浅田綜合調査 浅田如風
◇URL   :http://www.asada-ti.com/
◇ブログ :http://angelheart.cocolog-nifty.com/angel_heart/
◇メール :info@asada-ti.com
◇登録・解除:http://www.asada-ti.com/melmaga.htm

-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。