小説

【アイ文庫】長編小説「アカシア少女探偵団」

昭和2年、大連。千勢の通う女学校に転校してきた美少女をめぐって、女詐欺師、ロシア人活動家、中国の変な役人、陸軍将校、新聞記者らが入り乱れ大騒動! アイ文庫で配信された長編小説を好評にお応えして再配信。


全て表示する >

[ibunko]アカシア少女探偵団 No.129〈最終回〉

2005/09/16

■アカシア探偵団ブログ■http://blog.melma.com/00134063/
■■あいぶんこブログ■■http://blog.livedoor.jp/ibunko/
┏━━━━━━━━━━━━
┃ 【あいぶんこ長編小説】 
┃ 『アカシア少女探偵団』 
┃                        
┃       大庭花音         
┃  written by Kanon Ohba 
┃       -*-*-*-          
┃   http://ibunko.com    
┃   acacia@ibunko.com    
┗━━━━━━━━━━━━

 すっかり満腹になった一同は、記者の目を避け、裏口に車をまわしてもらって、帰ることになった。
 車を待っている間、劉生は、見送りにでたミスタ・リッジウェイの袖をひっぱって、物陰に誘い、ささやいた。
「手把肉のレシピですが……あれ、メアリ・スーが、北京からもってきたんですか?」
「そうですよ」
 劉生は、さらに声を低くして、
「ぜったい内密にするので、教えてほしいんですが……レシピは皇帝から? あなたは皇帝に仕えていたんですか?」
 ミスタ・リッジウェイは、しばらく劉生の目をのぞきこんでいたが、声を低めて、こたえた。
「そうです。でも、くれぐれもご内密にお願いします。わたしどもが紫禁城を辞すとき、陛下みずからお命じになって、わたしどもがかねてから賞賛していた、手把肉のスープを下賜くださったのです。その後、陛下ご自身も紫禁城を退去されるにあたり、スープは置いてこられたので、世界でただひとり、あのスープをもっているわたしどもに、レシピをお伝えくださったのです」
 劉生は、ミスタ・リッジウェイの手をしっかりと握り、
「打ち明けてくださって、ありがとう。秘密はぜったいに守ります」
 といった。
「劉生さん、いそいで」
 千歳の声に、劉生はミスタに会釈して、離れた。
「どうしたの? なんかとってもうれしそう」
 車に乗りこみながら、千勢がたずねた。
「え? いや。すべてが解決したのが、うれしいんだよ」
 劉生ははれやかにこたえた。
 アカシアの花の甘い香りが、夜のなかを流れてきた。
 大連でいちばん美しい季節があける。

(了)

---------- 
※この小説はフィクションです。団体名などいずれも架空の設定です。 
※ルビは《》で囲っています(青空文庫形式)。
---------- 

 大庭花音『アカシア少女探偵団』は今回で最終回を迎えました。
 ながらくおつきあいくださったみなさま、ありがとうございます。
 ぜひ感想などお寄せください。メールの宛先はacacia@ibunko.comです。
 お待ちしてます!

 アイ文庫では、小説、エッセイや文芸朗読などハイクォリティなコンテンツを無料で配信しています。ぜひご登録ください!

》配信中の小説・エッセイ《
水城雄著・長編小説『桟橋』/書評『近景としての世界文学最前線』/他
配信登録⇒http://ibunko.com/text/index.html

》ネットラジオ局 RadioU(ラジオ・ユー)《
他にはないカルチャー系番組を平日毎日放送!
◆夏目漱石『草枕』/佐々木味津三『右門捕物帖』シリーズ/岡本綺堂『半七捕物帳』シリーズ/他もネットラジオで無料放送中
◆放送局へアクセス⇒http://ibunko.com/media/index.html

★あいぶんこのコンテンツ情報などをお知らせするメルマガ『アイ文庫通信』もご登録ください
☆RadioU番組表も掲載
★登録はこちらから⇒http://ibunko.com/text/mbook/i2.html
☆ブログもあります! 新作のご案内など最新情報はこちらでご覧ください♪
http://blog.livedoor.jp/ibunko/

■解除・登録⇒ http://ibunko.com/text/mbook/acacia.html
□問い合わせ⇒ acacia@ibunko.com
■制作・発行⇒ アイ文庫(有) http://ibunko.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-17  
最終発行日:  
発行周期:平日毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。