「インプロを通じて学校に笑いやコミュニケーションの楽しさをお届けしたい」という願いからインプロジャパンが、教育関係者の皆様にお送りする季刊のメールマガジンです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



第14回 EDU IMPPRO通信

発行日:12/29

╋━━━━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━╋
┃第14回  ┃E ┃D ┃U ┃I ┃ M┃ P┃ R┃ O┃通┃信┃
╋━━━━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━╋
  編集・発行 インプロジャパン(http://www.improjapan.co.jp

今年も、残り僅かとなりました。
皆さまにとりまして、2008年はどのような一年でしたでしょうか。

インプロジャパンでは、お蔭さまで、今年一年教育分野におきまして、
さまざまな新しい取り組みが行われました。

キッズクラスにつきましては、毎月開催が定例となりました。
レギュラーメンバーも開催するたびに増えていき、
なんと夏休みには念願の発表会がプーク人形劇場で行うことができたのです。
予想をはるかに上回る子ども達の活躍ぶりに、私達スタッフも
とても感動いたしました。

また、4月よりレギュラー化したNHK教育テレビ「シャキーン!」という番組
では、インプロから誕生した「ひらめきリレー」という視聴者参加型コーナーが
人気を博し、弊社代表の池上が番組参加の子ども達に「インプロ」指導をするた
め、全国各地を巡り、延べ650名を超える子ども達と触れ合ってきました。

「インプロ」を通して、多くの子ども達の笑顔と湧き出る活力に出会った今年。
来年はより一層、広くたくさんの子ども達とインプロで新しい世界、
オリジナルの物語を創造していきたいと思います。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(インプロジャパン・峰松佳代)
------------------------------------------
 ≪目次≫
1.ワークショップ情報
2.受講生インタビュー 
    〜Kちゃん(小学3年生)とお母さま〜
3.子ども達の作品集シリーズ2
4.ご案内
-------------------------------------------

1.【インプロジャパン・ワークショップ情報】

インプロジャパンでは、毎月1回、キッズ向けのインプロ・ワークショップを
開催しております。

毎回、子どもならではの想像力を発揮し、オリジナルのストーリーを生み出
し、その物語の独創性は、我々大人をも唸らせるほどです。

来年も引き続き、キッズクラスは行われます。
初めての方でもお気軽にご参加いただけますので、
ご興味がある方は、ぜひ一度ご参加ください。

★ 次回インプロキッズクラスのご案内 ★
日程:2009年1月25日(日)
13:30〜15:00「キッズジュニアクラス」(幼稚園年長〜小学2年生)
15:10〜16:40「キッズシニアクラス」(小学3年生〜小学6年生)
場所:インプロジャパンスタジオ
受講料:1575円

お申込・お問い合わせは、インプロジャパンまで。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#kids


2.【受講生インタビュー】

キッズクラスが始まって、1年半が過ぎました。
今では、毎月定期的に通ってくれているメンバーも増えてきています。

今回は、現在、レギュラーで通ってくれているK.K.ちゃんと彼女のお母さまに
インプロについて、お話を聞いてみました。
抜粋してご紹介いたしましょう。

彼女は、現在小学3年生。
彼女とインプロの出会いは、昨年夏、世田谷で行われたイベントでした。
以来、現在ではほとんど毎回出席、そして、今夏は、プーク人形劇場での発表会
にも出演し、インプロの舞台も体験しました。
また、時々、インプロジャパン主催のインプロ公演NeXT IMPRO THEATREも観に来
てくれる、小さいながら立派なインプロヴァイザーです。

-----------------------------------------------------------------
Q1.Kちゃんにとって、インプロの楽しいところはどこですか?
A1.観ている時は、お客さんの言葉をどんどん入れてお話を創っていくとこ
ろ。他の人が言った言葉で、自分が思っていたのと違う物語ができて面白い。
やっている時は、友達のアイデアがあることで、自分がそれまで思っていたこと
から急に変わって、そのお話に乗っていくのが楽しい。

Q2.Kちゃんにとって、インプロの魅力は?
A2.自分達だけのお話を創れるところ。一人じゃなくて、「インプロ」は皆と
創れるから大好きです。

(EDUブログより抜粋。続きは下記をご覧ください。)
 http://www.impro.jp/edu/
------------------------------------------------------------------
〜 お母さまにも聞いてみました 〜

Q1.なぜ、インプロをやらせようと思ったのですか?
A1.「インプロ」が導き出すものと自分自身が子育ての中で目指しているとこ
ろに合致する点が多かったので。
子どもには、想像の泉を枯らさせず、豊かであり続けて欲しいと願っており、ま
た、表現する喜びを持ち続けてほしいと思っています。
なかなか一人では難しいことでもありますが、その点、「インプロ」は団体の中
でその力を引き出していく可能性があると考えています。
実際参加させてみて、子どもが楽しそうであることと、お互いの想像力が刺激し
あって、こちらも驚くものが誕生しており、びっくりしています。

Q2.お母さまから見て、インプロの魅力はなんですか?
A2.「共に生き、創造する」ところですね。
「インプロ」は一人ではできず、皆と協力して、今あるものを壊さずに、
活かしながら創っていくのだと思います。
インプロをやった後、帰り道の子どもの表情はまったく違っています。
お互いの力を発散しながら、皆で何かを一緒に創る場所があることで、
生き生きとしている子どもの姿を見ることができているのでしょう。
やはり、そこが魅力の一つだと思います。

(EDUブログより抜粋。続きは下記をご覧ください。)
http://www.impro.jp/edu/
--------------------------------------------------------------

3.【子ども達の作品集シリーズ2】
今年一年、キッズクラスでは、子ども達が協力してたくさんの物語を
創ってくれました。

今年最後の作品となった、こちらをご紹介しましょう。
この物語は、インプロのゲームを基に作られたのではなく、全くのフリーで創られました。
少しだけ私がお手伝いしましたが、登場人物の選択も関わりも、もちろん台詞も、
生まれてきたものは全て子ども達からの発想です。
子どもとは思えない単語なども出てきて、社会派を感じさせるファンタジー
ストーリーとなりました。
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃チーター王国・シリーズ1┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
ここは、人間によって壊されたジャングル。
元々動物のものであったこの地域を占領した人間達は、ここで内戦を繰り返し、
荒れ果てたこの土地は、結果、誰も住むことができなくなってしまった。

誰もいなくなったこのジャングルに、昔住んでいたチーター達が戻ってきまし
た。彼らは、人間達に追いやられ、ひっそりと穴倉で暮らしていたのでした。

彼らチーター達は、ジャングルをこんな悲惨な状態にしてしまった人間達が
許せませんでした。
そして、もう2度と人間達にこのジャングルを荒らさせたくないと考えた彼ら
は、ここにチーター王国を作ることを決めました。
そして、ジャングルを人間から守るため、世界に散らばった特殊な能力を持つ
チーター達をかき集めたのでした。

〜つづく〜

残念ながら、ここでタイムアップ。
さまざまな能力を集めてきたチーター扮する子ども達は、
その能力を考え生み出したことがとても楽しかったようです。
次回は、このチーター達が、どのように活躍するか見たいものです。

さて、今年キッズクラスの受講者は、延べ100名を超えました。
本年最後の受講者だったこの子ども達に、「インプロってなぁに?」と質問を
してみました。

・台本がない。だから、友達の意見を受け入れることが大切。(小3)
・協力して、アイコンタクトすることが大事。(小3)
・他の人の意見を大切にして創っていくお芝居。(小3)
・皆と創るリズムが大事。(小2)
・生まれたアイデアを大切にする。(小3)
・題名は違う人が考えて、中身は自分達で自由に考えて創る演劇。(小4)
・集中力が大切。(小4)

お友達と楽しく遊びながら、「インプロ」を通して大事にしてもらいたいことが
伝わっているようです。

来年はどんな物語が誕生するか、どんなメンバーが新たに加わるか楽しみです。


 4.【ご案内】
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃出張「インプロ・ワークショップ」┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
インプロジャパンでは、全国どこでも公認講師を派遣しております。
 ■ 学童保育クラブ、NPO団体の方々はじめ、お子様達に「インプロ」を
    やらせてみたいという方、お気軽にご相談ください。
 ■ 教職員の皆様の研修会及び勉強会など、教員や指導者の方が15名
    以上集まる機会があったらインプロをやってみましょう!

ご興味ある方、まずは、info@improjapan.co.jp まで・・・

また、インプロジャパンでは、随時クラスも開講しております。
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.improjapan.co.jp/company/class_c1.html#try

 ┏━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 学校で「インプロ」! ┃
 ┗━━━━━━━━━━━┛
「子ども達にインプロをやらせてみたい」とお考えの先生方、
「子ども達にインプロを観せたい」とお考えの先生方、
 さぁ、今すぐアクションを起こしましょう!
 子ども達の笑顔を求めて、私達は動きます。
 鑑賞会として「インプロ」を学校に呼びませんか?
 お気軽に info@improjapan.co.jp まで。


★インプロに関する詳しい情報は・・
  インプロジャパンのホームページをご覧下さい。

★このメールは過去にお問い合わせをいただいた方やお話をさせて
  頂いた方、ワークショップを受講いただいた方、等にお送りしています。
  配信を希望されない方はお手数ですが、このメールをそのまま送り
  返して下されば、今後の配信を停止させていただきます。

★本メールは転送フリーです。ただし、内容の無断転載はご遠慮下さい。

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/23
    読者数:
    13257人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. ☆逸品倶楽部

    最終発行日:
    2017/02/02
    読者数:
    2350人

    日本全国よりこれぞっ!逸品というショップを集めたサイト。お得なセール情報やプレゼント情報など満載。

  3. NIT通信

    最終発行日:
    2016/11/06
    読者数:
    122人

    インプロシアター(即興劇)公演予定をほぼ隔週でご案内。

  4. 月刊インプロ

    最終発行日:
    2017/03/08
    読者数:
    173人

    即興演劇、即興音楽等、「インプロ」の情報をお届けします。

  5. インプロ大好き!即興マガジン

    最終発行日:
    2017/03/01
    読者数:
    521人

    プロ・インプロバイザー(即興表現者)の絹川友梨がお届けする、国際的・元気マガジン

発行者プロフィール

過去の発行記事