トップ > マネー・政治・経済 > 経営 > 「問題解決」メルマガセミナー!

企業では日々問題が発生しており、利益を圧迫しています。経営トップをはじめ全社員が「問題解決力」を磨くことが大切です。さまざまな問題解決のノウハウを公開します。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【問題解決メルマガセミナー】大きな問題解決への対処法!

発行日:1/25


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■

          ◆◆「問題解決」メルマガセミナー◆◆

     ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

************************************

<ご挨拶>

問題解決の事例やノウハウを公開してまいります。どうか末永くお付き合いをいただく
ようお願いいたします。

           彩愛コンサルピア代表 下山明央

************************************
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■

       「問題解決力コンピテンシーを磨く!(その2)」

         <第343回>「大きな問題解決への対処法!」

===================================

企業は生き物だ。だから毎日のように問題が発生する。それを迅速に解決して再発防止
に結び付けている企業ばかりではない。
未解決の問題が蓄積し、大きなマグマとなり、やがて爆発する。大きな社会問題にまで
発展し、下手をすると廃業や倒産にまで追い込まれる。
本メルマガでは、問題のジャンルは問わず、多くの問題を取り上げ、解決のノウハウを
公開する。

===================================

■ビジネスマンの能力を評価するときの一つの指標が「問題解決力」である。会社で仕
 事をしていればさまざまな問題に遭遇する。それらの問題を上手に解決できなければ
 ビジネスマンとしての存在意義はなくない。ぜひとも問題解決力を身に付けてほしい。■

<今回のメニュー>
=================================

【1】売れれば自慢、売れなければ他責化!
【2】「三化三性」でトライする!
【3】掲げた対策の実現性を吟味する!
【4】今日のポイント
【5】編集後記

=================================



会社で発生する問題の中にはかなり大きな問題もある。このような問題はどこから手をつ
けたらよいか困ってしまう。従って根雪のようになってしまい先送りされることが多い。

一人で取り組むには大きすぎるし、一部門だけで取り組んでも関係部門が複雑に絡み合う
ことが多いから調整が難しい。でも大きな問題と言えども何とか解決しなければ改革が進
まなくなってしまう。大きな問題解決に向けて一致団結して活動することは経営革新に繋
がるのである。

そこで今回は、「大きな問題解決への対処法!」について解説することにする。



【1】売れれば自慢、売れなければ他責化!

例えば、「3期連続所期の売上げ目標を達成できない」と言う問題を考えて見よう。それ
を営業の問題と決め付けるのは早計だ。

もしそれが逆の現象だったらどうだろうか。つまり「3期連続所期の売上げ目標達成」だ。
営業部門は「われわれ営業部門が頑張ったお陰」と自慢したがるだろう。開発・設計部門
は「われわれが市場のニーズにマッチしたよい商品を開発したからだ」と自慢したがるだ
ろう。製造部門は「われわれが品質のよい商品をタイムリーに生産して出荷したからだ」
と自慢したがるだろう。全て一理ある。

ところが「3期連続所期の売上げ目標を達成できない」と言うことになると話は別だ。営
業部門は「商品力が弱いから売れない」と言うだろう。開発・設計部門は「営業力が弱す
ぎるからだ」と言うだろう。製造部門は「我々がいくら品質のよい商品を作っても商品力
も営業力も弱いから売れるわけがない」と非難するだろう。つまり他責化に走るのだ。



【2】「三化三性」でトライする!

まず「三化」から説明しよう。3つの「化」とは「問題の共有化」、「問題の細分化」、
「他責化から自責化へ」のことだ。

テレビのワイドショーを賑わせている問題を見てみるがよい。みんな「問題の共有化」が
なされず「他責化」に終始している。しかも「問題の細分化」を図ろうとしないからどこ
から手を着けていいかも分からない。記者会見の言い訳を聞いているとそのことがよく分
かるだろう。

次に3つの「性」について説明しよう。「関与性」、「具体性」、「実現性」のことだ。

私は一切関与していないとしきりに主張する。私は悪くないと言いたいのだろう。再発防
止として説明する文言は「具体性」に乏しい。さらに「具体性」があるように見えるが
「実現性」が疑わしい内容である場合が多い。

例えば「今後教育指導をしっかりやって再発防止を図ります」などと言うが具体性と実現
性は疑わしい。結局また再発するわけだ。



【3】掲げた対策の実現性を吟味する!

例としてネズミの会議を取り上げてみる。

ネズミたちが猫に殺されないようにするための重要な会議を開いた。たくさんの意見が出
されたが、「猫の首に鈴をつけてはどうか」と言う意見が採択された。鈴の音が聞こえた
ら直ぐに逃げればいいと言うことだから具体性がある。

ところが「誰が猫の首に鈴を着けるのか」の議論になったところで暗礁に乗り上げてしま
った。誰一人「私が鈴を着けてきます」と言うはずもない。つまり「実現性」が乏しい対
策なのだ。

倒産した家庭用ミシンの老舗メーカー「R」は「わが社の潜在顧客は18歳以上の全ての女
性」などとバカなことを言っていたらしい。既製服隆盛の時代になり、ミシンは嫁入り道
具のリストから消えたというのにだ。



【4】今日のポイント

(1)売れれば自慢したがるが、売れなければ他責化に走るのが世の常であること。

(2)大きな問題は「三化三性」でトライすること。

(3)掲げた対策の「実現性」を十分吟味すること。



【5】編集後記

「他責化」は見ていても聞いていて見苦しい。「自責化」で物事を考える人は仕事のでき
る人だ。「自分にも責任の一端があるのではないか。いやきっとある」と考えて真剣に対
策に取り組むからみんなの共感を得ることができるのである。


次回は、「問題意識の醸成法!」を解説します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンの登録・退会およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒まぐまぐの場合 http://archives.mag2.com/0000150024/  
⇒melmaの場合 http://melma.com/backnumber_133857/
  
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1−20−304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央


コンピテンシー導入の威力についての解説と著書「中堅・中小企業のためのコン
ピテンシー入門」の紹介はこちら
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html 


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」の登録・解除
およびバックナンバーのチェックはこちら
⇒まぐまぐの場合 http://archives.mag2.com/0000124747/  
⇒melmaの場合 http://melma.com/backnumber_107948/  

*************************************************************************

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    4454人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24279人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 企業のパワーアップ倍増作戦

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    770人

    今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

  4. 社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    5060人

    シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

  5. コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    487人

    人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。

過去の発行記事