トップ > マネー・政治・経済 > 経営 > 「問題解決」メルマガセミナー!

企業では日々問題が発生しており、利益を圧迫しています。経営トップをはじめ全社員が「問題解決力」を磨くことが大切です。さまざまな問題解決のノウハウを公開します。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【問題解決メルマガセミナー】警察官が通報先で現金を盗み懲戒免職になった事件を斬る!

発行日:12/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年最後の配信となりました。

来年も皆様にとって良い年になりますようにお祈りいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ◆◆「問題解決」メルマガセミナー◆◆

       ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

************************************

<ご挨拶>

問題解決の事例やノウハウを公開してまいります。どうか末永くお付き合いをいただくよう
お願いいたします。

            彩愛コンサルピア代表 下山明央

************************************
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■


     <第341回>「警察官が通報先で現金を盗み懲戒免職になった事件を斬る!」

===================================

企業は生き物だ。だから毎日のように問題が発生する。それを迅速に解決して再発防止に結び付
けている企業ばかりではない。
未解決の問題が蓄積し、大きなマグマとなり、やがて爆発する。大きな社会問題にまで発展し、
下手をすると廃業や倒産にまで追い込まれる。
本メルマガでは、問題のジャンルは問わず、多くの問題を取り上げ、解決のノウハウを公開する。

===================================

■問題の発生原因には、二つある。一つは「直接原因」で二つ目が「動機的原因」である。この
 二つの切り分けを行い、「動機的原因」を追求して再発防止対策を講じれば、同じ問題・類似
 の問題の発生に歯止めがかかり、問題の発生頻度も激減する。「動機的原因」の追求こそが大
 事なのだ。■

<今回のメニュー>【異業種にこそ、ヒント山積!】
=================================

【1】なぜ警察官は通報先で現金を盗んでしまったのか!
【2】警察官による窃盗事件を未然防止するための方策!
【3】今日のポイント
【4】編集後記

=================================



警察官が関与した不祥事が毎日のように報道されている。国民は困りごとがあれば119番か110番
に電話をする。救急車が直ぐに駆けつけてくれて病人やけが人に応急処置を施し、病院に搬送し
てくれる。パトカーも直ぐに駆けつけてくれて事件や事故の処理に当たってくれる。消防署と警
察署は国民がもっとも信頼する機関なのだ。

警察署内部でのパワハラ事件も頻発していて、部下を自殺に追い込む事件も頻発している。警察
官が飲酒運転で逮捕されるあきれた事件もある。そんな中、職務で訪問した民家でお金を盗み、
窃盗容疑で逮捕された警察官がいたからあきれる。

埼玉県東松山署地域課のI巡査長(30歳)は10月21日付で懲戒免職処分となった。I巡査長は10月3日、
「玄関のカギが抜けなくなった」との通報を受けて訪問した吉見町内の女性(78歳)宅で女性がほ
んのちょっと目を離した隙に、台所にあった現金を盗んだとして逮捕されたのだ。

80歳にならんとする老婆。ボケているから自分がどこから置き忘れたと思うだろうととっさに考
えて犯行に及んだものと思われる。ところがその老婆はしっかり者だった。

そこで今回は、「警察官が通報先で現金を盗み懲戒免職になった事件を斬る!」と言うテーマを
採り上げる。


【1】なぜ警察官は通報先で現金を盗んでしまったのか!

I巡査長は台所に置いてあった小物入れから現金の入った封筒を失敬して自分が乗ってきたミニバ
イクの腰掛を持ち上げてその中に隠した。

老婆:「あなた、この小物入れの中にあったお金の入った封筒知らない?」。
I巡査長:「知りませんよ」。
老婆:「おかしいわね、確かにこの中に入れていたのよ。あなたと私しかいないのだから取ったと
すればあなたしかいないわね」。
I巡査長:「そこまで疑われたんじゃしょうがない。別の警察官を呼んで調べてもらいましょうか」。
老婆:「そうしましょ、呼んでくださいよ」。

と言うわけで別の警察官が駆けつけた。その警察官はピーンと閃いたのだろうか、I巡査長が乗っ
てきたミニバイクの腰掛を持ち上げたところ現金が見つかった。I巡査長の心臓は破裂しそうにな
ったことだろう。


【直接原因】

(1)「ヤッター」と思って盗んだ

一瞬、お金に目がくらんだ。I巡査長だけでなく、誰にでも起こりうることだ。


【動機的原因】

(1)借金地獄状態(日常生活の乱れ)

I巡査長はギャンブル好きだった。そして借金地獄状態だった。借金を返すためにはお金を工面し
なければならない。金、金、金。隙あらばお金を手に入れたいと言う思いが頭から離れない。

80歳近い老婆。きっとボケているだろう。しめた。老婆がカギ業者と話している隙に台所の小物
入れをチェックしたところ現金が入っていた。とっさに何食わぬ顔でバイクの腰掛の中に現金の
入った封筒を隠した。

(2)上司も組織もノーマーク(前提条件の欠如)

I巡査長の日ごろの生活態度、生活ぶりを上司も組織も把握していなかった。国民の公僕としての
仕事を任せられる警察官かどうかを把握すべきなのにノーマークだった。酒好き、酒癖、ギャン
ブル好き、女好き、風俗店への出入りなど不祥事予備軍の警察官は多いのだ。

(3)「2:6:2の法則」を認識していない(予兆調査の欠如)

組織があれば必ず「2:6:2の法則」が成り立つ。最初の2は1を教えれば10を知るほど優秀でか
つ仕事のできる人間であり、真ん中の6は極普通の人間であり、最後の2は仕事のできない人間で
ある。仕事ができないばかりか組織の足を引っ張ったりもする。

今回のI巡査長は最後の2であり、しかも組織の足を引っ張る最低の警察官だった。星の数ほど居
る警察官の中には今回のI巡査長のような輩は少なくとも5%前後はいる。

(4)職務倫理教育不在(個人カルテ未活用)

警察官の不祥事が起こるたびに「今後、指導の徹底を図る」と異口同音に言う。しかし、どの程
度きめ細かな指導が行われたのかは全くの闇だ。パフォーマンスだけで実際は指導の徹底など疑
わしいと言わざるを得ない。



【2】警察官による窃盗事件を未然防止するための方策!

特に「動機的原因」に掲げた内容に対して再発防止のメスを入れることが大切だ。

(1)問題児警察官を事前に把握し、対処すべき

一人ひとりの警察官の個人情報をしっかり把握することが重要だ。同僚や近隣住民、家族などが
有力な情報源になるだろう。恋愛問題で悩んでいたり、借金地獄で窮地に立たされていることな
どは興信所を使うまでもなく把握できるはずだ。

今回のI巡査長は借金地獄で苦しんでいるから強盗や窃盗を起こす可能性が高い。このような問
題児警察官は先手を打って解雇すべきなのだ。

(2)警察組織として所轄警察官の生活態度を把握する

上司も警察署としての組織も所轄警察官の生活態度をしっかり把握しておかなければならない。
問題を起こす予兆のある警察官は事前に個人面談などを通じて生活態度を改めさせることだ。改
まらない場合は解雇もありうることを通告しておくことだ。

例えばギャンブル好き、女好き、過度な飲酒・風俗店通いなどを把握し、不祥事の予防に生かす
ことが大事だ。

(3)「2:6:2の法則」を知ってマネジメントに生かす

組織があれば「2:6:2の法則」が成り立つことを知るべきだ。特に最後の2は仕事のできない
問題児集団だ。しかもこの集団の中には仕事ができないだけでなく組織の足を引っ張る者もいる。
そのことを知った上で上司はマネジメントに生かさなければならない。

(4)職務倫理教育を実施し、個人カルテを残す

一人ひとりの警察官に対する教育カルテを発行しておく必要がある。採用以降どんな教育を受け
させたのかを記録紙、本人の理解度も記入させるとよい。技術的な教育も理論的教育も体力強化
の教育も重要だ。だが倫理教育は重視されにくいようだ。



【3】今日のポイント

(1)一人ひとりの警察官の個人情報をしっかり把握すること。問題児警察官は先手を打って、
   場合によっては解雇すべきこと。

(2)警察組織として所轄警察官の生活態度を把握すること。問題を起こす予兆のある警察官は
   事前に個人面談などを通じて生活態度を改めさせること

(3)組織があれば「2:6:2の法則」が成り立つことを知るべきこと。この法則を知った上
   で上司はマネジメントに生かすべきこと。

(4)一人ひとりの警察官に対する教育カルテを発行しておく必要があること。採用以降どんな
   教育を受けさせたのかを記録紙、本人の理解度も記入させること。



【4】編集後記

埼玉県には約12500人の警察官がいると言う。「2:6:2の法則」によれば約2500人はできの悪
い警察官と言うことになる。そして625人は組織の足を引っ張るような問題児警察官なのだ。必ず
組織の足を引っ張るような不祥事を起こすとは限らないが、その可能性があると言うことだ。

組織があれば「2:6:2の法則」が成り立つことを知った上でマネジメントしてほしい。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


次回は、「趣向を変えて新シリーズ」を解説します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンは「まぐまぐ」と「melma」を通して発行しております。
「まぐまぐ」での登録・退会およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000150024/ 
「melma」での登録・退会およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_133857/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1−20−304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」好評発売中!ご注文は
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp

*************************************************************************

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」登録はこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000124747/

*************************************************************************

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    4462人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/19
    読者数:
    24227人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 企業のパワーアップ倍増作戦

    最終発行日:
    2017/04/11
    読者数:
    771人

    今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

  4. 社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    5059人

    シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

  5. コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    486人

    人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。