経営

「問題解決」メルマガセミナー!

企業では日々問題が発生しており、利益を圧迫しています。経営トップをはじめ全社員が「問題解決力」を磨くことが大切です。さまざまな問題解決のノウハウを公開します。

全て表示する >

【問題解決メルマガセミナー】2歳児を降ろし忘れて出勤、置き去り死亡させた父親の人間性!

2016/10/12

               ◆◆「問題解決」メルマガセミナー◆◆

          ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

************************************

<ご挨拶>

問題解決の事例やノウハウを公開してまいります。どうか末永くお付き合いをいただくよう
お願いいたします。

            彩愛コンサルピア代表 下山明央

************************************
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■

      <第336回>「2歳児を降ろし忘れて出勤、置き去り死亡させた父親の人間性!」

===================================

企業は生き物だ。だから毎日のように問題が発生する。それを迅速に解決して再発防止に結び付
けている企業ばかりではない。
未解決の問題が蓄積し、大きなマグマとなり、やがて爆発する。大きな社会問題にまで発展し、
下手をすると廃業や倒産にまで追い込まれる。
本メルマガでは、問題のジャンルは問わず、多くの問題を取り上げ、解決のノウハウを公開する。

===================================

■問題の発生原因には、二つある。一つは「直接原因」で二つ目が「動機的原因」である。この
 二つの切り分けを行い、「動機的原因」を追求して再発防止対策を講じれば、同じ問題・類似
 の問題の発生に歯止めがかかり、問題の発生頻度も激減する。「動機的原因」の追求こそが大
 事なのだ。■

<今回のメニュー>【異業種にこそ、ヒント山積!】
=================================

【1】なぜ父親は2歳児を降ろし忘れて死亡させてしまったのか!
【2】車中置き去り死亡事故を防止するための対策!
【3】今日のポイント
【4】編集後記

=================================


車中置き去り死亡事故は過去にも発生している。親が幼児を車中に置き去りにしてパチンコに興
じる。戻ってみたところ幼児は熱中症でぐったり。病院に搬送されたが死亡したと言うものだ。
パチンコだけではない。スーパーで買い物をするとき幼児を置き去りにする例もよくあることだ。
幼稚園の送迎用マイクロバスの中に置き去りにされた園児が死亡した例さえある。

今回採り上げる事故はありえない話だ。7月29日、栃木県芳賀町芳賀台の駐車場で、停めてあった
軽乗用車内で2歳男児がぐったりしているのを近くの会社に勤めている30歳代の父親が見つけた。
共稼ぎの母親が保育園に迎えに行ったところ、「今日はきていません」と言われて不思議に思い、
夫に電話して父親があわてて駐車場に行ったと言うわけだ。

保育園に送るため後部座席のチャイルドシートに我が子を座らせたが、降ろすのを忘れてそのま
ま出勤したと言うのだ。親としてありえない事件だ。

そこで今回は、「2歳児を降ろし忘れて出勤、置き去り死亡させた父親の人間性!」と言うテー
マを採り上げる。



【1】なぜ父親は2歳児を降ろし忘れて死亡させてしまったのか!

30歳代の父親は今流に言うと「イクメン」に見える。夫婦の愛の結晶である男児を協力し合いな
がら育てていた。7月29日は金曜日。この地区の多くの会社は夏休みが多く、夏休みでない家庭の
ために保育所は特別に営業してくれていた。

普段預けにくる親御さんが預けにこないときは園のほうから「どうかしましたか」と連絡を入れ
るのが通例だが、この日は特別営業日だから特に連絡はしなかったそうだ。

それにして30歳代の父親が我が子を預け忘れてそのまま会社に行くなどありえるのだろうか。チ
ャイルドシートに乗せたのは父親である。駐車場に停めて車を降りる、そのときも我が子の降ろ
し忘れに気付かない。父親に発見されて病院に搬送されたとき、2歳男児は全身やけどの状態だっ
た。この日は33℃。車内は70℃近くまで上昇していたはずだ。


【直接原因】

(1) ひどすぎる健忘症

物忘れの激しい人はいるものだ。こういうタイプの人を「鶏人間」と名付けよう。農家では昔は
どこの家でも鶏を放し飼いにしていた。戸をあけておけば鶏は家の中に入ってくる。追い払って
も鶏は三歩歩けば忘れてしまい、また入ってくる。今回の30歳代の男性は正に「鶏人間」だった。


【動機的原因】

(1)何かで頭が一杯(思考能力喪失)

何かで頭が一杯になり、思考能力ゼロ状態に陥ることがある。放心状態と言うこともあるだろう。
仕事で大きなミスをして上司に叱られたとしてもそう簡単には放心状態にはならないだろう。リ
ストラを宣告されるなど大きな不安を抱えていたのだろうか。それとも不倫をしていた相手の女
性に「奥さんにバラス」と脅されていたのだろうか。こんな状態では交通事故を起こしかねない
だろうに。

(2)送り届け忘れ防止の対策なし(習慣励行の欠如)

ゴルフに行く朝は早い。4時起きする自信はある。でも、もし寝坊すれば他のメンバーに迷惑を掛
ける。そんな思いから目覚まし時計をセットして寝ることにしている。

保育園に確実に我が子を送り届けるために、何らかの忘れを防止対策が必要だったはずだ。

(3)夫婦間の定時連絡ルールの取決めがない(コミュニケーション不足)

夫婦間に定時連絡の取り決めはなかったようだ。例えば奥さんは「保育所に無事に送り届けてく
れましたか」と言う電話をする。あるいは旦那さんの方から「今、無事に送り届けましたよ」と
言う電話をするのもいい。もちろんメールでもかまわない。要はコミュニケーションが取れてい
ないことが問題なのだ。

(4)若年性認知症(発症の兆候に対し無防備)

若くとも認知症の兆候を示す人はよくいるそうだ。今さっき、2歳男児を自分の手で後ろのチャイ
ルドシートに乗せたばかりだ。真っ先に立ち寄るべきは保育園なのにそのまま会社に向かってし
まう。しかも駐車場に車を停めてそのまま気づかず職場に向かい、夕方になってもまだ気づかな
い。明らかに認知症だ。



【2】車中置き去り死亡事故を防止するための対策!

特に「動機的原因」に掲げた内容に対して再発防止のメスを入れることが大切だ。

(1)思考能力ゼロ状態にいち早く気づき保育園送迎を禁止する

何かで頭が一杯だと人間は思考能力ゼロで放心状態に陥る。何を言われても、何を見ても記憶に
ございませんとなってしまう。奥さんがそのような兆候にいち早く気付き、手を打つことだ。奥
さんは会社に遅刻する旨の連絡をし、自ら保育園に送り届けるべきだった。

(2)出発前に保育園をカーナビに入力する

寝坊を防止するなら目覚まし時計を利用するだろう。男児を保育所に送り届けることを忘れない
ためにカーナビを活用するのもいい。男児を乗せて出発するとき保育園をカーナビにセットする
のだ。そうすれば確実に保育園に道案内してくれるわけだ。通い慣れた道は普通カーナビを使わ
ないが、立ち寄り先の忘れ防止にはカーナビが有効だ。

(3)夫婦間の定時連絡のルールを取決めておく

夫婦間で節目、節目での定時連絡をすることを取り決めておき、確実に励行することだ。「無事
に保育所に着き、子供を預けました。これから会社に向かいます」と旦那が奥さんに電話かメー
ルをすることだ。

(4)若年性認知症を疑い旦那による送迎を止める

今回、2歳男児を降ろし忘れた30歳代の男性は、明らかに若年性認知症の疑いがある。男性にも
自覚症状があったはずだ。奥さんも気付いていたかもしれない。認知症は日々少しずつ進行して
いく。若年性認知症の疑いのある旦那に男児の送迎をさせるべきではない。



【3】今日のポイント

(1)旦那の思考能力ゼロ状態に夫婦共々いち早く気づき保育園送迎を禁止すること。

(2)出発前に保育園をカーナビに入力し、送り届け忘れ防止に利用すべきこと。

(3)夫婦間の定時連絡のルールを取決めておくこと。

(4)若年性認知症の疑いのある旦那による保育園への送迎を禁止すること。



【4】編集後記

世の中には事故を装った殺人事件はよくある話だ。子供が邪魔になった父親が白昼の車内に幼児
を置き去りにすれば熱中症で死亡することは容易に想像が付く。「降ろし忘れ」と言えば事故扱
いで済むから殺人罪は免れる。これは筆者の考えすぎかも知れないが推理小説してなら成り立つ。

推理小説の話は別にしてもせっかくこの世に生まれてきた子供だった。あまりにも悲しく、短す
ぎる人生だった。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


次回は、「広島トンネル事故、過労運転を命じた運行管理責任者の人間性!」を解説します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンは「まぐまぐ」と「melma」を通して発行しております。
「まぐまぐ」での登録・退会はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag3.html 
「melma」での登録・退会はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag4.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1−20−304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」好評発売中!詳細はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/book.html

*************************************************************************

メルマガ「仕事のできる人の集団作り戦略」登録はこちら
⇒ http://www.melma.com/mag/81/m00059181/

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」登録はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag2.html

*************************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 87 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。