日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



甦れ美しい日本 第1610号

発行日:4/15

□□■平河総合戦略研究所メルマガ■□□(2017年4月15日 第1610号 )

              
  ☆☆甦れ美しい日本☆☆


☆☆怒 り を も っ て 自 分 の 目 標 に 向 か っ て い る 人 間 は し つ こ く て 強 い。☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆偽 善 と 欺 瞞 を 憎 む 私 た ち は 書 き た い か ら 書 く の で す。☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆日 本 人 の、 日 本 人 に よ る、 日 本 人 の た め の 政 治 を 取 り 戻 せ!☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎佐藤守   「大東亜戦争の真実を求めて 600」
________________________________________
結局日米両国は、欧州で起きたヒトラーによる世界大戦を背景に、当時拡大中だったコミンテルンの罠にはまって血みどろの戦いに突き進むことになったというのが、日米開戦に対する私の見解だが、当時の斎藤大使は任地・米国において精力的に開戦を避けようと、涙ぐましい活動を続け、一九三五年三月一二日にはニューヨークの外国特派員協会でも「日本の国際貿易」と題して次のように講演している。
その前に、その講演の背景となる一九三三〜四年に起きた主な出来事を年表から羅列しておこう。
○1933・2=国連で満州国不承認。
○同3・1=米国で金融恐慌起きる
○同3・4=F・D・ルーズベルトが大統領に就任。ニューディル政策開始
○同3・23=ドイツ、ワイマール憲法破棄、ヒトラー独裁承認
○同12・12=ドイツ総選挙、ナチス第1党(支持率92%)
○1934・3・1=満州国帝政実施、執政溥儀の皇帝即位式挙行。
○同4・10=中国共産党が「全国民衆に告げるの書」を発表。反日統一戦線・抗日救国についての「6大綱領」を表明。
○同4・17=日本外務省が対華声明(天羽声明)で列国の対中国共同援助に反対。
○同8・19=ドイツにヒトラー総統が誕生
○同10・15=中国共産軍、瑞金を出て長征(蒋介石軍に追われて逃避)を開始
○同12・8=日米国際無線電話開通(9月に業務開始)
○同12・29=日本政府、米国政府にワシントン海軍軍縮条約廃棄を通告。
他方我が国内では、9月に室戸台風で関西方面が大被害を出し、東北では冷害で大凶作、兵庫県や熊本県など各地で小作人らによる暴動や農民騒擾などが頻発して世相は騒然としていた。
そんな状況を背景に斎藤大使の講演が行われていたのである。
≪世界の経済回復の問題を考える時、我々の思考は当然のことながら、この問題で国際貿易が果たしている非常に重要な役割へ向かう。
 一九二九年、世界経済の崩壊が始まる直前、世界の年間外国貿易高は総計六八〇億ドルの巨額に上った。このような世界貿易全体の量と金額は、それに続く数年間の間に劇的に急速な勢いで縮小した。一九三三年にその金額は240億ドルであったが、これは一九二九年の数字のほとんど三分の一にまで減少したことになる。この現象はもちろん、多くの国々の通貨デフレーションによってある程度まで弾みがついたことは事実である。だが国際貿易で収引きされる商品量もまた、決定的に減少したのである。
 この世界的規模の経済恐慌にはどこか非論理的なもの、どこか不自然なもの、どこか矛盾したもの、どこか誤ったものがあった≫
大使のこの発言は、当時脚光を浴びて出現したマルクスの資本論を意識していたのではなかったのか?と思われる。マルクスが「資本論」で説いた説は「資本主義社会全体の混沌とした表象を念頭におき、分析と総合によって資本概念を確定し、豊かな表象を分析しながら一歩一歩資本概念を豊かにしていくことを通じて、資本主義社会の全体像を概念的に再構成するという、分析と総合を基礎とする弁証法的方法である」とされる。
それまで世界の経済界を“支配”していたのは、アダム・スミスの「国富論」であった。その論旨は「経済は市場に任せ自由にさせておけばいい。政府は余計なことをしないほうがいい。その方が経済は発展していくのだ」という資本主義経済論であったが行き詰っていた。私は経済学には疎いが、マルクスはこの資本主義経済の危険性を指摘したので、当時の経済界に波紋を広げ、学徒たちは、目新しいその理論に夢中になっていた。斎藤大使は続ける。
≪一九三三年、ラムゼイ・マクドナルド氏はグラフを用いて次のように説明している。「全世界の人間生活の活力と世界の国々の繁栄が依存している国際商取引の機構は、着実に衰退してきている。市場は確かに存在する。市場に供給する労働力も確かに存在する。だがしかしその労働力は雇用されず、市場は満たされない。繁栄するための全機構は揃っている。だがそれは衰退しつつあるのだ。それは機能していない」
 この原因は一体何だったのであろうか? 最も重要な原因は多くの国々が採用している経済ナショナリズム政策であった。一九二九年末以降世界を急に襲った経済的混乱に直面して、世界の国々はまるで亀のように、頭や尻尾や手足を国家という殼の中に引っ込めてしまった。この恐慌以前の時代に着実に発展しつつあったこれらの国々の問の経済相互依存システムは、突如として完全に混乱してしまったのである≫
大使が、不況の原因は「経済ナショナリズム政策」にあるとした経済分析は正しいであろう。しかし「資本主義経済が次第に陳腐化し自ら社会主義革命の条件を準備するという歴史の弁証法を採用する」とするマルクスの資本論は(今では概ね否定されているが)当時アダム・スミスの国富論に行き詰まり、他の道を探りつつあった政治家や学者や教師も、その教えを受ける立場にある青年たちにも、「救世主的な新鮮な考え方」だと受け止められた。こうしてマルクスの「資本論」は、まるで“麻疹”のように世界の経済界に蔓延していき、その結果政治的に利用された。
そんな時期だったから、斎藤大使が言った疑問点などは、聴衆には理解されなかったのではなかろうか? ましてや経済的不安が気になる日米の国民は、それどころじゃない…というのが本音だったろう。  (元空将)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マガ解除や登録メルマガの検索はこちら!
 ┗ http://melma.com/contents/taikai/?
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
─────────────────────────────

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 【併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達】 
    1 朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心掛けること。 
    2 朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。 
    3 朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、決して情を移さぬこと。 
    4 裕福温厚なる態度を示してはならない。 与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖あり。 
    5 朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること実に多し。 殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。 
    6 朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。 公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。 
    7 朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。 
    8 盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。 
    9 職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せてはいけない。食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。 
    10 遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。 些細な法規違反でも見逃さず取り締まること。 
    11 朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。 勝利感を持つと傲岸不遜となるので決して賞賛せぬこと。 
    12 朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。 
    13 朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。 危険を感じたる場合、即座に通報すること。 
    14 朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。 武術等の心得ある者を最低二名から数名は随伴すべし。 婦女子が単身及び少人数で会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての脅迫を受け、隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。 武術心得あるか、大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。 
    15 争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。 権威称号を称する同道者については、関係各所への身元照会を行うこと。 
    16 朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。 子女の独り歩きは厳に戒めて禁ずべし。 交渉に先立ち人質を取る習癖あり。 仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。 
    17 不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。 特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。 
    18 不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。 隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるることなきようにせよ。 
    19 差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。 証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。 
    20 無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、日本人十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。 
    21 排便してはならない場所をよく教えること。 
    22 排便、汚物取扱後は手を洗浄することをよく教え、かつ毎回確認すること。 
    23 食物と汚物の区別をよく教えること。 一旦床に落ちた食物は既に汚物であることを十分認識せしめるように。 
    24 塵芥(じんがい。主に生ゴミのこと)の廃棄に関する規則を遵守するよう折に触れて繰り返し強く命じること。 
    25 朝鮮漬の製作は厳に戒めて禁じること。 
    26 調理器具と掃除道具の区別をよく教えること。 
    27 食器と洗面器の区別をよく教えること。 
    28 毎日入浴する習慣をよく教えること。

     2017/4/16

  2. 佐藤守氏の「大東亜戦争の真実を求めて」に大変注目しております。

     2017/4/15

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13253人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17040人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/19
    読者数:
    24228人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/25
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    2880人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

過去の発行記事