政治・経済

甦れ美しい日本

日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

全て表示する >

甦れ美しい日本 第1102号

2011/12/31

□□■平河総合戦略研究所メルマガ■□□(2011年12月31日 NO.1102号 )
                                         
  ☆☆甦れ美しい日本☆☆ 

☆☆怒 り を も っ て 自 分 の 目 標 に 向 か っ て い る 人 間 は し つ こ く て 強 い。☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆ 偽 善 と 欺 瞞 を 憎 む 私 た ち は 書 き た い か ら 書 く の で す。☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆日 本 人 の、 日 本 人 に よ る、 日 本 人 の た め の 政 治 を 取 り 戻 せ!☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★亡国のTPPを粉砕せよ!日本はアメリカの属国か!それとも主権国家か?★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆本年公開映画ベスト10☆

イタリア映画 「やがて来る者へ L'UOMO CHE VERRA」2009 
フランス映画「サラの鍵 Elle s'appelait Sarah/Sarah’s Key」2010 
カナダ映画〜灼熱の魂INCENDIES〜2010 
アメリカ映画「トゥルー・グリット True Grit」2010 
英国映画「英国王のスピーチ THE KING'S SPEECH」2010 
ドイツ映画「パレルモ・シューティングPALERMO SHOOTING
ロシア映画「戦火のナージャBURNT BY THE SUN 2: EXODUS」2010   
アメリカ映画「127時間 127 Hours」2010
デンマーク映画「未来を生きる君たちへ In a Better World」2010 
アメリカ映画「キッズ・オールライト The Kids Are All Right」2010 
奥山篤信

◎西田昌司
【Showyou通信 VOL.231】−2011.12.14−
 ★伝えよう、美しい精神と自然。
  −日本の背骨を取り戻そう−

1.【Showyouビデオレター】
 『普天間解決のためにも今こそ自主防衛の議論を!』
 を新たに追加いたしました。
  http://www.showyou.jp/videoletter/
 ホームページの新着情報よりご覧下さい。

2.【AREAに記事が掲載されます】
  12月26日(月)発売の週刊「AERA」新年合併号に
 取材記事が掲載されます。
 記事が掲載されております。
  http://www.aera-net.jp/

3.【番組出演のお知らせ】
 1月14日(土)から4週連続
 「西部邁ゼミナール〜戦後タブーをけっとばせ〜」
 毎週10:30〜(TOKYO MXTV)に出演します。
  http://www.mxtv.co.jp/nishibe/
 ━━━━━━━━━━━━
◎西村真悟 「最低の内閣」を見くびってはならない 
◎池東旭の賢者に備えあり  既成政党不信が日韓で共振現象
━━━━━━━━━━━━
-------------------------------------
◎西村真悟 「最低の内閣」を見くびってはならない
-------------------------------------  
 惨憺たる総理大臣と政府与党である。我が国憲政史上、この最低レベルで年を越すのは初めてである。
 
 野田内閣誕生の際、
「一見、賢で、その実、アホ」は
「一見、アホで、その実、アホ」より、
 さらにタチが悪い。と述べた。
前者が野田で、後者が菅と鳩山だ。
 初めから終わりまでアホの鳩山と菅の次では、誰でも一見賢く見える。だから期待もする。従って、アホに期待することになる。政治の世界では、是が一番危険なのだ。むしろ、アホを貫いてくれるほうがましなのだ。
 
 つまり、民主党政権は、党首をすげ替える度に、悪化の一途をたどってきた。この次は、日教組と組合官僚にやらすことになるだろう。
 既に、政党でもない。権力の藻場に集まるフナムシの群れだ。
 この藻場が、どろ船だと判れば、離れるフナムシもぽろぽろでてくる。馬糞が川に流れるが如くだ。
 
 民主党は、国の官僚を批判して票を稼いできたが、左翼を支える巨大労働組合組織で生きる組合官僚ほど始末に悪い官僚はないのである。裏でうごめく、左翼組合官僚が本領を発揮する。

 野田は、何処にいるか判らない。外国の首脳と会わないのが国のためだ。会えば、パンダの話しと慰安婦の話しかされない。

 そこで、最後に言っておきたい。
 是こそ、左翼、日教組教育、コミンテルンの戦略が日本で実現しつつある姿なのだと。
 左翼、コミンテルンは、日教組教育で明らかなように、日本弱体化を一貫して目指している。
 その弱体化の最良の方策は、日本国民に最悪の与党を選ばせることだった。
 日本国民は、最悪を選んだ。そして、鳩、菅さらにドジョウで、弱体化は実現しつつある。

 従って、民主党は失敗しているのではない。
 成功しているのだ。
 内部の、日教組、左翼労働組合官僚そして社会党から雪崩れ込んだ書記局員さらに外国人は、念願の日本弱体化という目的が達成されつつあるとほくそ笑んで、こともあろに日本国民の税金から金をもらいながら年を越すであろう。

この観点から観れば、何故、野田が増税に執着しているのか判るであろう。日本経済を潰す為だ。また、TPPを何故野田が受け入れようとしているのか。「日本」を亡くす為だ。
 さらに来年、イタチの最後っぺということもある。
 即ち、民主党内閣は、人権擁護法案、外国人参政権付与法案、を成立させようとしてくる。
 まさに、来年は、左翼・反日勢力との勝負の時だ。 
  ------------------------------------- 
◎池東旭の賢者に備えあり  既成政党不信が日韓で共振現象
------------------------------------- 
◇韓国の既成政党は存亡の瀬戸際にある
 十月のソウル市長補欠選挙で無党派の市民運動家・朴元淳が当選した。既成政党は与野党共に一大ショックだ。二〇一二年四月は総選挙、十二月は大統領選挙だ。
 マスコミは次期大統領選挙のダークホースとして政界と無縁の安哲秀(アンチョルス)教授(四九=ソウル大学融合科学大学院長)に焦点を当てている。安教授はコンピューター・ウイルスのワクチンを開発して巨富を築き、大学教授に招聘された。若い世代はコリア・ドリームの主人公である彼に高い期待を寄せる。最近、彼は私財一千五百億?(約百三億円)を社会に寄付すると発表して、人気はうなぎ上りだ。
 安教授はまだ党籍を持たず、大統領選挙に立候補する意思も表明していない。だが、直近の世論調査で彼の支持率は五〇%に達した。大統領候補の支持率調査で長年トップを独走した朴槿恵・ハンナラ党元代表(故朴正熙大統領の長女)の三八・四%をはるかに上回る。
 パニックに陥った与野党は進路をめぐり分裂、解党の可能性すらある。野党は安哲秀教授に秋波を送っているが、彼が既成政党に入る可能性はない。だが、安教授の資質は未検証だ。彼のポピュリスト的言動を批判して、その高い支持率はバブルとみる向きもある。
◇深刻な既成政党不信
 しかし有権者の政党離れは深刻だ。人々は既成政党に愛想をつかした。国会議員に対し「契約更新(再選)の保証がない期限四年の臨時職で、国家百年の大計より目先のポストに血まなこの輩」と唾棄する。選良を自負する議員らは不正腐敗に染まり、追及されても厚顔無恥、開き直る。国会も自浄能力を失った。国会本会議場で米韓FTA(自由貿易協定)反対の議員が催涙弾を持ち込み、ガスをばらまいた。それでも次期選挙を控え浮き足立っている国会は、懲罰を棚上げしてウヤムヤにした。世論調査は次の総選挙で有権者の三六%は新人を選ぶと回答、現役の再選支持は二〇%にすぎない。ほかの四〇%は誰がなっても同じだとサジを投げている。それほど既成政党に絶望、政治を不信している。
 これまで選挙を左右したのは候補本人の力量もさることながら、マスコミの影響力が絶大だった。特に一般大衆の投票性向はテレビで左右された。それが変わった。IT大国・韓国では、インターネットで情報交換するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)が投票を左右する要因となった。YouTubeをはじめとしてブログ、ツイッター、フェイスブックなど、ネットサイトの電子掲示板や書き込みが政治に無関心だったヤング世代を投票場に駆り立てる。
◇マスコミよりSNSの影響力増大
 二〇〇二年の大統領選挙でマイナー候補・廬武鉉を当選させたのは変化を求める若い世代のネットサイトによる支持だった。十月のソウル市長選挙でも無所属候補・朴元淳の当選はSNSを通じて支持を呼びかけたネット世代の投票がものを言った。 政府は選挙におけるマスコミ、中でもテレビの威力を知悉する。一九八一年、軍事政権は民間テレビ、ラジオ放送三社を公営に強制転換して政権広報の先兵として活用した。金大中、廬武鉉の左派政権も同様だ。野党が次期大統領選挙向けの策略だと非難する中、李明博政権は保守系大新聞四社に総合番組編成のケーブル・テレビ・チャンネルの新規免許を発給して、十二月から放映が始まった。このテレビ乱立は有権者のテレビ不信を深めSNSの効用を相対的に高める逆効果を生んだ。いまや有権者の投票性向を決定するファクターは新聞、テレビよりSNSにウエイトが移っている。
 政治をはじめ、あらゆる分野で日韓両国は時差をおいて共振現象を起こす。日本でも既成政党不信は深刻だ。名古屋や大阪市長選挙でそれが示された。SNSに時差はない。無党派の新人や市民運動家が台頭する韓国政治の向背は、閉塞感が漂う日本政治に地殻変動をもたらす予兆になるかもしれない。
(国際ジャーナリスト=ソウル在住)
情報感度を研ぎ澄ます!ビジネス情報誌「エルネオス」
2012年1月号
URL:http://www.elneos.co.jp/
巻頭言より
 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 □このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら!
 ┗ http://www.melma.com/backnumber_133212/ 
 □その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら!
 ┗ http://melma.com/contents/taikai/ 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━





































































規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-04  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。