甦れ美しい日本

RSS

日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2017-01-20
発行部数:
7072
総発行部数:
10959446
創刊日:
2005-02-04
発行周期:
週間
Score!:
98点

最新のコメント

  1. 「そうだ、法規の最大のもの、GHQの「日本国憲法」を超える決断! 即ち、無効宣言」
    占領憲法破棄後の自主憲法制定までの手順を教えて下さい。
    考えてないわけではないでしょうね。

    笑氏 2016/12/24 このコメントがついた記事>>

  2. 「しかし、後で質問して確認したのだが、内閣総理大臣には、…」
    西村氏は威勢が良すぎる。
    その総理が、大石内蔵助を演じている可能性は無いのだろうか。

    笑氏 2016/12/23 このコメントがついた記事>>

  3. 抗癌剤のルーツは毒ガス兵器である!

    (誰も守らぬ国際禁止条約)

     抗癌剤のルーツは、大量殺戮兵器だった。抗癌剤の正体は、イペリットと言う毒ガス兵器にたどり着く。それは別名「びらんガス」と呼ばれる超猛毒である。これをいったん吸い込むと、器官粘膜を急激に爛れさせ、膨らませ、窒息死させる。この毒ガスは、マスタード(からし)の臭いがすることから、俗にマスタードガスと呼ばれてきた。それは第1次世界大戦中にドイツによって発明され、数千の英兵の命を奪った。この毒ガスは化学兵器の代表格で、その残忍性に1923年、ジュネーブ条約の化学兵器禁止条約でサリン・VXガスと並んで、最も危険な「第1剤化学兵器」に指定され使用禁止となっている。しかし、条約締結した各国は、表向き「禁止規定」に同調した振りを見せながら、裏ではマスタードガスの大量使用を極秘裏に続けていた。

     (ロックフェラーとノーベル医学賞)

     この毒ガス兵器が抗癌剤に化けた。実行に移したのはロックフェラー研究所である。約40〜50倍もの発癌死させる超猛毒を、よりによって癌患者に投与する。まさに狂気の沙汰であり、悪魔の所業である。この研究所で抗癌剤第1号を開発した医師は、ノーベル医学・生理学賞を受賞している。この抗癌剤はアルキル化剤に分類され現在も多用されている。商品名は「シクロホスファミド」などと命名され、抗癌剤市場の約8割を占める。

    (癌を悪性化させるために打つ)

     抗癌剤のルーツは大量虐殺兵器毒ガスである。戦時には兵隊を殺戮し、平時には患者を殺戮する。癌患者の8、9割に毒ガス抗癌剤が投与される。
    40〜50倍も癌死する薬剤をなぜ、初期患者に打つのか? 
    超猛毒発癌性で癌を悪性化させるためである。癌が悪化すれば、さらに抗癌剤、放射線、手術で荒稼ぎできるからである。それを医者に「打ってくれ」と泣いて頼む患者がいる、家族がいる。無知もここまで来ると狂気である。

     「抗癌薬調製マニュアル」(じほう)と言う看護師向けの指導書には、「抗癌剤は命を奪う超猛毒である」とはっきり毒性が解説されている。

    !)変異原性→DNA(遺伝子)を傷つけ異常を起こす。

    !)発癌性→癌患者に投与したら、膀胱癌9倍に激増。

    !)催奇形性→胎児は細胞分裂が盛んで攻撃される。妊娠3か月以内に抗がん剤投与を受けた女性が先天異常児の出産例有。

    !)流産発生→抗癌剤を扱う看護師らにも流産発生。

    !)精子毒性→無精子症、精子運動低下、精子染色体異常を起こす。

    !)皮膚毒性→直接接触により粘膜の刺激作用、潰瘍、組織の壊死を起こす。

    (地下鉄サリン並み重装備を指示)

     「抗癌薬調製マニュアル」は97品目抗癌剤を解説している。「催奇形性」「胎児毒性」は96品目で警告されている。同マニュアルは看護師が抗癌剤を瓶から注射器に移す作業時には重装備するように指導している。手袋、マスクは二重で、まさに地下鉄サリン事件並みである。むろん、これは看護師を守るためであり、患者を守るためではない。看護師は、恐ろしい超猛毒を生身の癌患者に注射で連日、打ち込む。患者は苦悶し、衰弱し、死んでいく。これは治療ではなく殺人である。

    (癌を治せないのは周知の事実)

     厚労省のk技官に質問した。

    「抗がん剤は毒性があると聞いたのですが?」

    「大変な猛毒物です」

    「ええー。その猛毒を癌患者に打っているのですか?」

    「そうです」

    「では、その毒物で亡くなる患者がいるのではないですか?」

    「大変大勢いらっしゃる」

    「それって、一般に言う毒殺じゃないですか」

    「そういう言い方は適切じゃない」

    「抗癌剤は発癌性があるのですか?」

    「大変な発癌性物質です」

    「えー、癌患者に強い発癌物質を打っている。それでは、別の癌になってしまうのではないですか?」

    「そういう方が大変大勢いらっしゃる」

    「あなたは抗癌剤の責任者ですか?」

    「担当しています」

    *つまり、「厚労省の抗癌剤責任者が抗癌剤は癌を治せない」と明言し、それは常識と断言したのである。政府(厚労省)は、「癌を治せない超猛毒の発癌性物質を癌患者に投与して大量の犠牲者を出している」という事実を認めた。

     思わず、激昂して怒鳴りつけた。「これでは毒殺じゃないですか」 k技官はそれ以降は沈黙するばかりだった。これが政府の本音である。


     2016/12/19 このコメントがついた記事>>

  4. いつも西村真悟氏の評説に勉強させて頂いています。
    佐藤閣下の「大東亜戦争の真実を求めて」も584回を
    迎え、たゆまぬ筆走に感謝します・・・・。

     2016/12/11 このコメントがついた記事>>

  5. 病院出産では脳性マヒの子を産むリスクが高い!

     (酸欠で赤ちゃんが脳性マヒに)

     産科病院で産んではいけない。助産院で産むべきである。その理由は、3つある。

    !)無痛分娩→これは痛みを感じないお産の事である。「産みの苦しみ」とは陣痛の事である。それを麻酔で感じさせなくさせる。それが無痛分娩である。しかし、恐ろしいのが、妊婦に注射される麻酔薬である。麻酔薬を注射すると、約40秒で子宮の胎児に到達する。胎児はへその緒の血管で母体とつながっているので、麻酔薬が届くのは当然である。すると、胎児にも麻酔がかかる。胎児は参道を潜り抜けて、外の世界に出た瞬間に、肺呼吸をしなければならない。ところが胎児は麻酔が効いている。つまり、肺や胸の筋肉も麻痺しているので酸素が肺に入っていかない。当然、酸素が身体に回っていかない。ちょうど、水に溺れた状態と同じになる。最初に酸欠ダメージを受けるのが脳である。少しでも酸素が脳にいかないと脳細胞は酸欠死する。つまり、脳の一部が壊死するのである。これが、無痛分別で産まれた子供が、出産後に脳性マヒや発育障害になるメカニズムである。産婦人科医は、楽なお産として無痛分別をすすめるが、彼らの頭には「麻酔薬が胎児を直撃する」という考えがない。

    !)陣痛促進剤→これは病院側の都合で注射される。休日や夜間に産まれると、看護師の手が足りないという身勝手な理由で、出産日や時間が調整される。陣痛促進剤の添付文書を見て絶句する。重大副作用として「子宮破裂」「胎児仮死」「母子死亡」などの戦慄の副作用が警告されているからである。実は「陣痛促進剤」や「麻酔薬」などが赤ちゃんに脳性マヒが多発することを、産科婦人科学会はとっくに承知していて対策まで講じていた。それは「産科医療補償制度」である。
    →脳性マヒ被害者に支払われる病院側の保険である。これらの事故の77%が促進剤の過剰投与だった。病院側は一切の説明なく、「産道を柔らかくする薬」として騙して投与している。

    !)臍帯早期切除→出産後一定時間はへその緒はつけておくべきであるが、病院側はすぐ切除してしまう。胎盤からの酸素供給が赤ちゃんにとって大切であり、切られてしまうと、酸素が断たれて脳性マヒのリスクが高まる。

    (恐怖の病院出産を証明するサル実験)

     米国ウィリアム・ウィンドル医師の貴重な研究がある。彼は1960年代に「病院出産は脳を傷つける」「酸素欠乏が脳損傷を引き起こす」と警告している。その事実を証明する為、サルを使った実験を行っている。

    A群→自然のままで自然分別させる。

    B群→投薬、麻酔、臍帯早期切除を施す。

    その結果は、次の通りである。

    A群→赤ちゃんは産道から顔を出した瞬間から呼吸ができた。母サルにしがみつき、足で立ち飛び跳ねた。母親はすぐに地上に戻り子ザルを連れて歩く。

    B群→子ザルは呼吸困難で蘇生術が必要だった。母ザルにしがみつけず、手足で立つことが出来ない。母ザルは投薬と陣痛でボーとしている。自然ザルのようになるまで約2〜3週間かかった。

    その後、ウィンドル医師はB群で産まれた子ザルを解剖して驚愕する。

    !)すべての子ザルが、酸欠による酷い大脳損傷を被っていた。

    !)正常に戻るまで飼育し、解剖しても、出産時と同じ脳損傷を確認した。

    !)出生時に負った脳損傷は、長期間経過しても修復不可能だった。

    !)臍帯早期切除のみでも脳は酸欠子ザルと全く同じ傷が確認された。

    !)3〜4歳で死んだ子ザルを解剖しても脳に同じ損傷が残っていた。

    ウィンドル医師は次のように結論している。

    「麻酔がかかった赤ん坊は、自身で呼吸できない。酸素供給は不確かで不十分だ。この時、臍帯を切ってしまうと、決定的な酸素を断ち切った窒息状態となる。それは誤った二重過失である。大脳損傷(脳性マヒ)は、大脳の一部死亡状態である。自然界では、死産児を除いて、呼吸不全に陥ることは決して起きない」

     病院出産で脳性マヒになるのは決定的事実である。ところがほとんどの女性、国民は全く知らない。新聞、テレビも隠蔽しているからである。

    (ワクチンを打ってはいけない)

     ワクチンは生物兵器である。1972年、WHO(世界保健機構)の極秘文書が暴露された。それをすっぱ抜いたのはジャーナリストのパトリック・ジョーダンである。そこにはこう明記されている。「WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発する」

    その作動は三段階で発動する生物兵器だった。

    !)ゼロ歳児に核種ウイルスの種を仕込む。→免疫系が未熟なゼロ歳児に何本も摂取するのはこのためである。

    !)思春期などに他のワクチン接種で兵器をスタンバイする。→子宮頸癌ワクチンは、そのためである。

    !)引き金ワクチンを接種する。→人口ウィルスで世界的大流行を煽り、強制接種で兵器をスイッチオンする。人体は免疫暴走サイトカインストームを起こし、高熱で数日で死亡する。

    そもそも「ワクチンが伝染病を防いだという証拠は一切ない」どころか、医療マフィアが作成した各種人工ウィルスで偽の大流行が次々に仕掛けられている。エイズ、SARS、鳥インフルエンザ、エボラ出血熱など話題の伝染病が人工ウィルスと言う生物兵器であることを知るべきである。さらに、強制接種では、人類管理のためにマイクロチップが注射されているはずである。2010年、オバマケア法で全米国民にチップ埋め込み強制を可決した。つまり、衛星電波でチップを破壊し、封入した青酸カリを放出し、瞬殺することも可能となった。日本のマイナンバー制度もその布石なのである。






     2016/12/8 このコメントがついた記事>>

  6. 統一凶会 
    http://satehate.exblog.jp/22772960/
    http://satehate.exblog.jp/22772961/

     2016/12/8 このコメントがついた記事>>


  7. マスコミが書けない裏話 
    http://plaza.rakuten.co.jp/shoochang2004/9000/

     
    (引用開始) 
    267 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 21:50:39 ID:??? 
    マスコミ関係者の話だ。 
    なかなか盛り上がっているようなんで、みんなに、いくつかネタ(情報という意味)を渡しておくよ。 
     一つ断言しておくけど、統一教会=韓国だよ。そんなのマスコミやってる者には常識。 
     元大統領の金大中は、統一教会の教祖・文鮮明から長年にわたって政治資金を貰ってきた。 
    つまり、文鮮明こそが、キム大統領の昔からのスポンサーなんだよ。 
    だから統一教会による日本女性の人身売買は、完全に黙認状態。 
    というか、政府のお墨付きをもらってるようなもんだ。たちの悪いことに、 
     一般の韓国国民自身も「日本人が被害者? んなもん、どーでもいい」というのが本音。 
    しかも統一教会は前大統領のキム・ヨンサンのスポンサーでもあった。 
     韓国の政界は与野党が激しく対立してるけど、統一教会が政治スポンサーである点はみな同じ。 
    しかもその資金は日本人信者から搾取したもの。 
     統一教会は、すでに2兆円くらい日本人を騙して金を盗んでいるよ。 
     「統一教会≠韓国」という図式は成り立たないし、両者は区別できないね。 

    マスコミも所詮サラリーマンなんだよ(笑)。わが身が可愛いわけ。 
     「ルーシー・ブラックマンさんレイプ殺人事件の犯人が元在日で、女性をナンパするのに 
    都合がいいから日本国籍を取得した」なんて記事にしようものなら、社内に死人が出るよ(笑)。 
    やつの家族は今でも全員在日籍のままで、被害者に謝罪すらしていない。オウム真理教にしても、 
     創価学会にしても、統一教会と同様、事実上は在日韓国朝鮮人のダミー団体みたいなもんだが、 
    そんな事実は怖くて書けない。とにかく彼らのことは「タブー」なんだよ。 
     上司は「朝鮮総連」と聞いただけで顔を引きつらせるよ。「触らぬ在日にたたりなし」だな。 
     「2ちゃんねる」だけじゃないの? 本当のことが書けるのは。 

    268 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 21:52:51 ID:??? 
    マスコミやってると、様々な裏情報に接するが、日本が半ば在日に乗っ取られているのは間違いないよ。 
     犯罪界、宗教界、政界、芸能界(笑)と至るところ在日が主導権を握っている。 
     在日が裏で操っている創価学会=公明党だけには、絶対に投票したり献金したりすべきではないね。 
    でも、政治家の秘書として統一教会信者が百人以上も入り込み、 
    さらに朝鮮総連からも賄賂がいってるんで、政治家がこの問題で動くこともないだろう。 

     我々の間には、経営陣が在日暴力団や在日偽装右翼に弱みを握られてるんじゃないかという噂まである。 
    ちなみに暴力団員の半数は正真正銘の在日だ(笑)。 
     戦後の日本で異常なほど覚醒剤が蔓延したのも、韓国で製造したブツを在日がフェリーを使って日本に大量に持ちこみ、売りさばいたというのが真相。 
    かつて山口組が「麻薬撲滅運動」を始めたのも、実は麻薬売買で在日の犯罪組織が力をつけつつあるのに危機感を抱いたからだよ。 

     連中が今、目をつけてるのが、映画産業だね。 
    パチンコ漬けにした日本人から巻き上げた金で、映画のスポンサーをやる。 
     最近、やたら韓国ものの題材が多いだろう。これは日本人の潜在意識に訴えかけるためさ。 
     例えば、『親分はイエス様』とかいうゴミ以下のクソ映画。 
    あれはさしずめ「韓国人は善良な人々だ」とでも言いたいんだろう。 
    それから『GO』とかいう青春映画。あれは大方「韓国人はカッコイイ」というメッセージだろう。 
    だいたい原作の小説はどう読んでも3流作品だが、裏で直木賞選考の文藝春秋社と在日社会との間で密約があったのかもしれんという噂がある。 
    なにしろ今まで両者は対立していたからな。 
    それから高倉健主演の、朝鮮人が特攻で戦死したとかしなかったとかいう映画。題名は忘れた(笑)。 
    あれはお馴染み「韓国人は日帝の被害者」とでも主張して、日本人に贖罪意識を植え付けようとしてるんだろう。ま、いつもの手口だ。 
     要するに、かつて在米のユダヤ人が映画産業を通してある種の心理操作をしたように、在日の組織も同じことを日本人に対してやっているというわけだ。 
    テレビ・映画・マスコミ報道・・・こういったものは、もはや韓国と韓国人がいかに素晴らしいか、ということしか伝えないだろう。 

    269 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 21:53:33 ID:??? 
    いわゆる「朝鮮高校」は、そういった在日暴力団の人材供給所だね。 
     民団は統一とは組織的な関係ない。ただし個々のレベルではわからないが。 
     総連は完全に癒着してるよ。なにしろトップの文と金日成はトモダチだったからな。 

    まったく「在日は差別されてる可哀想な少数民族だ」なんて、トンデモねえ(笑)。 
    これは連中が広めた最大の嘘だ。日本最大の産業は年間30兆円を売り上げるパチンコ産業だが、その8割を在日が握っている。 
     連中は税金もほとんど払っていない。 
    おそらく、国民のたった0・5%に過ぎない在日韓国朝鮮人たちが年間で手にする金は、表も裏(笑)も含めて40兆円に達するだろうというのが我々の見方だ。 
     在日は疑いもなく「世界一リッチなマイノリティー」というのが真実だよ。 
    そして有り余った金を政界にばら撒いている。 
     自民党や社民党の大半の議員は、完全に連中の賄賂で拘束されているよ。 
    だから不正融資で潰れかけた朝鮮銀行に国民の税金1兆円を平気でつぎ込んじゃうんだ。 
     彼らは韓国や北朝鮮に対して土下座外交するしかないんだよ。 
     哀しいかな、今の世の中、金を持ってるやつが一番強いんだな。 

     相続税?おれは税金の専門家じゃないから、それについては知らないねえ。 
    ただ、朝鮮総連と現財務省の間で密約がずいぶん前に交わされたのは知ってるよ。 
     要するに、おれたちは税金払いたくないから認めてくれ、って要請が認められたわけ。 
    パチンコなんて、脱税してない業者はいないだろ? 
    プリペイドカードを導入しようとしたのも脱税を防ぐためだが、 
     闇の組織に偽カード作られて失敗したな 



    以下、上記を裏付ける「在日」と思われるものの2ch書き込み 

    在日の精神 :04/10/15 00:17:33 ID:9ms9OmQd 
    http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1089668616/ 
    税金が無税の宗教ビジネスも、30兆円産業のパチンコ産業も 
    消費社金融も、ラブホテルや風俗産業も我々在日がほとんど握っている。 
     日本全国の駅前のその多くの土地は、在日が握っている。 
     宗教やパチンコ産業でもう得た金で、駅前の土地を買い、これからも制覇する。 
    いずれは、外国人参政権を絶対に達成するためにいろいろ工作するよ。 
     地方自治体は条例が作れるからね。いろいろできる。 
    これからは、日教祖の上層部は、在日で制覇する。 
     歴史も我々の意向によって、変えていく。 
     日本海も東海に変える。靖国問題も我々の意向にそって 
    徹底的に子供たちに教える。日本の永住権取得を大幅に緩和させて、 
     将来は、移民を大量に受け入れさせて、日本人は30パ−セントぐらいする。 
     反対すらなら、差別、差別とキャンペ―ンをする。 
     我々の在日の息のかかったエヌジ―オ-団体が活動する。 
     今や、戦争などで領土を侵略するの時代ではない。合法的にね。合法的に。 
     芸能プロダクションもその多くが在日プロダクションだ。あるテレビ局も我々の支配下にある。 
     左翼系テレビ局だの保守系テレビ局だの関係ない。 
     問題は在日の意向どうりに報道するかどうかだ。 
     芸能会でも入信しないと、テレビの仕事がもらえないからね。 
    すべては、金であり、政治も、テレビ等の芸能界もね。 
    これからも、在日芸能人をいっぱい日本のテレビにプロデュースしていく。 
     日本人はオカマの芸能人ね。 
     日本は最高だよな、税金のかからない宗教ビジネスとパチコ産業があるからな。 
     日本人の多くはこれらのことを知らないからね。 
     日本の右翼だって、40パ―セント近くは、在日だ。 
     言っておくけど、我々は日本のために死なないよ。絶対に。 
    その多くは、政治や大企業への影響力と、在日企業を守るため。 
    そのためなら、右翼でも何にでもなる。 
    まぁほとんどの日本人は、我々が日本人だと思ってるけどね。政治家も。 
    これらことを知っても、どうにでもできないでしょ。 
    (引用終了)

     2016/11/21 このコメントがついた記事>>

  8. 心が通じるおじぎ
    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/2c/fa675888799a49df9d21533182664fc9.jpg

     2016/11/16 このコメントがついた記事>>

  9. 「言われなき宣伝に対する反論」の重要さは身に染みて理解できます。
    が、佐藤守閣下御自身も、空自時代にはきちんとマスコミに対して反論してこなかったのではありませんでしたか。
    閣下御自身の意志に反して、であったでしょうことは分かりますが…。
    職を失する覚悟をもって、中国漁船衝突時の動画を公開した海保職員のような方がもっと多くいたら良かったものを。

     2016/11/11 このコメントがついた記事>>

  10. 西村眞悟氏の仰る通りだと思います。
    昭和24年生ですが小学生当時我が家にはテレビがありましたがライフルマン、ララミー牧場、ボナンザ、名犬リンチンチン、ローンレンジャー、駅馬車etc.西部劇のテレビ映画で洗脳されていたことを思い出します。
    アメリカこそ悪の権化であると思うこの頃です。

     2016/11/7 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/01/22
    読者数:
    13269人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/01/19
    読者数:
    17064人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/01/22
    読者数:
    23895人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/01/22
    読者数:
    5519人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/01/01
    読者数:
    2888人

    日本のように君主制を採用する国は世界的に少なくありませんが、神話の世界につながるほど古い歴史を持ち、国の歴史とともに、1つの王朝が連綿と続いているのは日本の天皇しかありません。しばしばテレビのニュースなどに登場する天皇は、本当は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部、斎藤吉久が事実に基づいて、できるだけ分かりやすくお話します。

発行者プロフィール

過去の発行記事