トップ > ライフスタイル > 生活の知恵 > 希望を共に語り、愛をあなたの心に届けます!From kei

希望を共に語り、愛をあなたの心に届けます!From kei

RSS

人間関係のセンスを磨き、自分を愛し、相手を大切にできる自分らしい人生につなげていただけるメッセージをお届けします!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-02-14
発行部数:
45
総発行部数:
6736
創刊日:
2005-01-29
発行周期:
不定期
Score!:
非表示

愛と希望を感謝をお届けします!

発行日: 02/14

「仕事のマナーBOOK」を12月から書き始め、2月14日、冊子になってデビュします。
いろいろなマナーブックがありますが、「心」を大事に書きました。「心」は、生き方、働
き自分の人生を大事にするということは、「こんな自分になりたい」という夢、希望です。
自分の仕事を大事にするということは、「こんな風に喜んでほしい」という夢、希望です。
そして、いろいろな人と出会いながら夢を膨らまし、希望を語る・・・心を形の調和です。
「心」がなく、形だけを届けられても、悲しいだけですね。「なぜなのかな?」と私なり
に考えます。その人にないものに気づくことはできないのかなと考えます。自分の中にない
ことは気づけないのですね。「配慮」は「心を配る」ということです。ないものを配れない
ですね。
「夢」を追いかけていても直ぐに手に入りません。ぶつかり、ふっ飛ばされ、叩きのめさ
れる。でもそこを乗り越える希望があるから、またチャレンジできます。
父の具合が悪いので、ある勉強会を欠席することにしました。普通ならプライベートは伝
えないのですが、私と父のゆかりのある勉強会だったので、少し父の近況報告も記しました。
感情的になって勉強するのも憚りましたので。
「次回は参加してもらえれば幸いです」と全く父のことは触れない形だけのメールを目
にして心が凍りました。私の宛てた人からでもなく、担当者からの「心配しています」とい
う一言もないメールでした。
 「心」を開いて空振りするということは多々あることです。私だって知らず知らずに同じ
ことをしているかも知れないと気づきました。すると心が穏やかになり、傷ついた心が回復
しました。1日くらい時間はかかりましたが、「許せる自分になりたい」「人間として優しく
なりたい」とまた強く思いました。
 「心」を感じないマナーは、慇懃無礼になります。「心」を「形」で届けるマナーを私の
BOOKで学んでほしいです。

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. おばあちゃんの知恵

    最終発行日:
    2017/02/22
    読者数:
    953人

    昔ながらのおばあちゃんの知恵(日常生活で役立つと思う知恵)をご紹介したいと思います。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/02/22
    読者数:
    23943人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/02/23
    読者数:
    5528人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

    最終発行日:
    2017/02/17
    読者数:
    1628人

    歴史の試練に耐え民衆の支持を受け続ける先達の言葉に耳を傾けてみよう。金言や格言とは凝縮された言葉の中に隠された真理を通して、私たちに気付きや勇気を与えてくれる。悲しい時、寂しい時、辛い時、嬉しい時、その一言が私達を勇気づけてくれるのだ。

  5. 「心理を知って 自分を磨こう!」〜交流分析の薦め〜

    最終発行日:
    2016/12/14
    読者数:
    133人

    「子育て、仕事、家庭、恋愛に役に立つ人間関係の心理学」です。悩み安い人、己啓発に興味のある人、カウンセラーを目指す人、そんな人にはバッチリのメルマガです。

発行者プロフィール

kei Asakura

kei Asakura

http://www.maru-aka.to

「共に希望を語り、真理を心に刻む」をモットーに、昨日の私より今日の私、今日の私より明日の私に期待して、日々進化している自分でありたいと鼓舞しています。「この人に会ってよかった」と感じていただける出会いになりますように・・・愛と希望と感謝を届けます。