生活の知恵

希望を共に語り、愛をあなたの心に届けます!From kei

人間関係のセンスを磨き、自分を愛し、相手を大切にできる自分らしい人生につなげていただけるメッセージをお届けします!

メルマガ情報

創刊日:2005-01-29  
最終発行日:2018-08-24  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

愛と希望を感謝をお届けします!

2018/08/24

皆様、今年の夏は炎暑で、気温の40度越えが各地で報告され、信じられない進路を取
 る台風に驚き、地球そのものの「変化」を感じる今日この頃です。そんな夏だっただけに、
甲子園の若人の活躍に「勇気」「元気」をもらいました。「朱夏」ですね。

叔父が8月16日に亡くなりました。私の高校の卒業式の記念品の桜の苗を自分の工場の
庭に、大木に育ててくれた叔父でもありました。私は高校の1年間位、叔父の息子たちの家
庭教師をしていました。「指導」・・・現在の仕事のルーツです。私をとても信頼してくれて
いた「証」です。

最近の私は、父、叔母、叔父と別れを重ね、「後悔のない生き方するように!」というメ
ッセージを心に刻めたように感じます。いつこの世に別れを告げるその日が来ても、「もう
思い残すことはない」と言い切れる、潔さに気づき、それを目指して日々を過ごしています。

後期は今年も短大で「しぐさの美学」を担当します。この科目は、今年で3年目になり、
「進化」を実感したく、準備に精を出しています。「しぐさの美学」は、流れとしてマナー
の「心と形の調和」につなげていくのですが、“しぐさ”は、本音であり、心理学の要素を含
みます。

「目は口ほどにものを言う」とか「目は心の鏡」という言葉があります。目や視線は。そ
の人の心理状態をよく表わしていますから、目から相手の心理を読み取り、コミュニケーシ
ョンに活かすことができるのです。

目が左上を向いているのは、過去の体験や前に見た風景を思い出している目の表情なの
です。目が右上を向いているのは、今まで見たことがない光景を想像していたり、ウソをつ
こうとしている目の表情です。

白いキャンパスをイメージしてください。そこに自分に関係する人物を描いてください。
多くの人は、左に過去に出会った人物を描きます。右に行くほど未来に出会いたい人物を描
きます。
 
だれかに「あなたは、今日の朝、何を食べましたか?」と聞いてみてください。答えてい
る人の目が右上を向いていたら「ウソ」かも知れませんよ。過去の質問をしているのに、未
来をイメージしているからです。左上を見ながら考え、答えたらば、「当たり!」。

「しぐさの美学」タイトル「目の動きから分かる話すときの心理」の一部です。視線を下
にそらしているとき、気が弱く、相手を怖がっているときです。視線を右か左にそらしてい
るときは、相手を拒否している、あるいは、好意を持っていないという目の動きです。視線
が左右にキョロキョロ動くとき、落ち着かなかったり、不安感があるなどのときで、色々な
考えをめぐらせているときです。

さて、あなたの視線は、今どんな動きをしていますか?

最新のコメント

  • 名無しさん2012-03-05 12:56:03

    涙が出ました。私の経験と少しだけダブるところがあったものですから・・・