映画

シネマコリア News

シネマコリアが提供する韓国映画に関するニュース。シネマコリア(韓国映画祭)開催情報のほか、新作劇場公開情報、映画祭情報、韓国の興行成績など。ここでしか読めない記事が満載!

全て表示する >

シネマコリア News 2009年9月16日号

2009/09/16

∽∽∽∽∽∽ HEADLINE ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 01 アジアンクィア映画祭2009開催!
 02 今後の劇場公開作品リスト
 03 編集後記 〜シネマコリア2009速報!

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃01┃アジアンクィア映画祭2009開催!                  ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                         Text by iri(AQFF代表)

★アジアンクィア映画祭(AQFF)とは
 AQFFは、アジアのクィア映画、とりわけインディペンデント映画を発掘し、日本
ならびに世界へ紹介することを目的として、2007年に誕生した映画祭です。開催ペ
ースは隔年を目指しています。AQFFでは、「クィア」という言葉をレズビアン、ゲ
イ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを中心とする性的少数者(セクシュア
ル・マイノリティ)の総称として使用しています。

★AQFF2009と韓国作品
 9/19(土)〜9/23(水・祝)の大型連休5日間に、第2回目となるAQFF2009が開催
されます。韓国作品は上映作品の中で最も多く、32作品中9作品! そのすべてが
日本初公開となります!
 日本・韓国で爆発的大ヒットを記録した「朱蒙」の続編に当たる大人気連続ドラ
マ「風の国」で、ヨジン役を演じたキム・ヘソンが主演を務めた短編映画『少年、
少年に会う』(英題:Boy meets Boy)を始め、第9回ソウル国際映画祭のインター
ナショナルコンペティションでベスト・ショート・アワードを受賞した『蛍の光』
(英題:Auld Lang Syne)など、必見の作品が勢揃いです!

★韓国作品が含まれるプログラム
・韓国プログラム
 インディーズ作家が躍進する韓国映画界からバラエティに富んだ作品が集結!
・新鋭ゲイ作家プログラム
 豊かな感性と確かな実力でクィア映画の未来を担う、新世代のゲイ作家たちの短
 編を集めた珠玉の作品集!
・ガールズプログラム
 惹き込まれるような美しい映像でワタシとアナタの物語を綴った作品集!

 その他にも、日本、韓国、香港、シンガポール、タイ、インド、イスラエル、イ
ンドネシア、フィリピンなど、世界10ヶ国以上から集めたアジアのクィア映画30作
品以上を上映致します! 各国の映画祭で高い評価を獲得した新作長編作品から、
クィアのインディーズ作家たちが手掛けた短編作品まで、AQFFでしか観られない、
極めて貴重な作品の数々をお楽しみいただけます!

★アジアンクィア映画祭2009概要
□期間:2009年9月19日(土)〜9月23日(水・祝)
□会場:KINEATTIC(原宿) http://www.kineattic.com/
□チケット:当日1回券1,300円/当日1日券6,000円(5プログラム分)
 ※ 当日1日券は各日、先着5名様限定販売となります。
□AQFF公式サイト:http://aqff.jp/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃02┃今後の劇場公開作品リスト                     ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 すっかり秋めいてきましたが、劇場公開予定は既に年末・年始まで決まり始めて
います。

 注目株は、今年、韓国で奇跡の大ヒットとなったドキュメンタリー『牛の鈴音』
でしょうか。ミニシアター系で公開されるドキュメンタリーとしては異例の銀座・
渋谷・新宿3館体制での興行が決まっています。先日、この作品のプロデューサー
と話をする機会がありましたが、日本配給については複数の会社からオファーが
ある中、「ドキュメンタリーの配給に定評のある信頼できる会社に任せた」との
こと。さっそくその効果が出ているのでしょうか?


『妻が結婚した』
 9/26(土)より、新宿バルト9ほか全国順次公開
 http://www.mnetjapan.com/married-lost/

『あいつはカッコよかった』
 9/26(土)より、シネマート六本木、シネマート心斎橋ほかロードショー
 http://aitsu.ponycanyon.co.jp/
 http://www.cinemart.co.jp/aitsu/

『空気人形』 ※ ペ・ドゥナが主演する日本映画
 9/26(土)より、シネマライズ、新宿バルト9他全国ロードショー
 http://www.kuuki-ningyo.com/

『キッチン 〜3人のレシピ〜』
 10/3(土)より、シネカノン有楽町1丁目、新宿武蔵野館、
  ヒューマントラストシネマ文化村通りほか全国順次ロードショー
 http://www.kitchen-movie.com/

『甘いウソ』
 10/10(土)より、新宿バルト9ほか全国順次公開
 http://www.mnetjapan.com/married-lost/

『アバンチュールはパリで』
 10/17(土)より、シネカノン有楽町2丁目ほか全国順次ロードショー
 http://www.bitters.co.jp/paris/

『母なる証明』
 10月より、シネマライズ、シネスイッチ銀座、新宿バルト9ほか
  全国ロードショー
 http://www.hahanaru.jp/

『きみに微笑む雨』
 11/14(土)より、新宿シネマスクエアとうきゅう他全国順次ロードショー
 http://www.kimiame.com/

韓流シネマフェスティバル2009〜約束〜
 11/21(土)よりシネマート六本木、12月よりシネマート心斎橋にて開催
 『ロマンチック・アイランド』『ビースティ・ボーイズ』
 『あなたは遠いところに』『最後の贈り物』『赤ちゃんと僕』
 『少年は泣かない』『マイ・ファーザー』『ガールスカウト』
 『Sダイアリー』『ナンパの定石』『情熱のステップ』
 『霜花店(サンファジョム)−運命、その愛』『作戦−The Scam』
 『悲しみよりもっと悲しい物語』
 http://www.cinemart.co.jp/hanfes2009/

『牛の鈴音』
 12月より、シネマライズ、銀座シネパトス、新宿バルト9ほか
  全国ロードショー

『ソフィーの復讐』
 1/9(土)より、新宿ピカデリー他にて公開
 http://www.sophie-movie.jp/

『クロッシング 祈りの大地』
 公開予定
 http://www.crossing-movie.net/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃03┃編集後記 〜シネマコリア2009速報!                ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 昨年、お休みをいただいたシネマコリアですが、下記要領にて開催が決定しまし
た!

★シネマコリア2009 〜韓国古典アニメ特集〜
 11/7(土)@愛知芸術文化センター
 <上映作品>
 『少年勇者ギルドン』(1967年)
 『ロボット・テコンV』(1976年)
 <ゲスト>
 シン・ドンホン(『少年勇者ギルドン』監督)
 キム・チョンギ(『ロボット・テコンV』監督)

 今回は韓国の古典アニメ特集です。記念すべき韓国初の長編劇場アニメ『少年勇
者ギルドン』と、今も国民的人気を誇るロボット・アニメ『ロボット・テコンV』
を上映。監督を招聘して、草創期の韓国アニメのお話しを伺う、という企画です。
『少年勇者ギルドン』のシン・ドンホン監督は、手塚治虫とも交友があったそうで
日韓アニメ黎明期の知られざる事実が明らかにされるかも知れません。

 詳細は以下の公式サイトまで。

http://cinemakorea.org/filmfes/

 ブログ「ソチョンのひとりごと」でも、今回の企画についてちょこちょこ書いて
ます。

http://seochon.exblog.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-01-23  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。