その他コンピュータ

IT略語で覚える英単語

IT略語と、そのIT略語に用いられている英単語の意味を解説していきます。

メルマガ情報

創刊日:2005-01-19  
最終発行日:2005-02-20  
発行周期:週2回  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

IT略語で覚える英単語(No.0009)

2005/02/20

RAM(Random Access Memory)
〔ラム(ランダム=アクセス=メモリ)〕

<解説>
 パソコンの主記憶装置に用いられている半導体メモリ。データの読み書きが高速に行えるためにCPU(中央処理装置)が直接アクセスして用いられている。アクセス開始から実際の読み書き開始までの時間を表すアクセスタイムによって、性能が表される。電源を切るとデータが消えてしまう。

<追加略語>
□ROM(Read Only Memory)
 〔ロム(リード=オンリー=メモリ)〕
 読み出し専用の半導体メモリ。データを読み込む速度はRAM(ラム)よりも遅い。RAM(ラム)と反対で電源を切ってもデータが消えないので、OS(オペレーティングシステム)を立ち上げるのに必要な、消えては困る情報が入っている。

<英単語>
○random 【形】手当たり次第の、でたらめの
 〔関連〕random-access 【形】任意抽出方式の
○access 【名】[U]接近【他】アクセスする、(情報を)呼び出す
 〔例文〕There is no 〜 to the building from this direction.
《この方向からあの建物へ行く道はない.》
○memory 【名】[U]記憶/思い出
 〔例文〕The exact date escapes my 〜.
《正確な日付けは覚えていない.》
 〔関連〕recollection 【名】思い出すこと
○read 【他】読む
 〔用法〕read A B : AをBに読んで聞かせる (B to A) / 本を読んでAをBにする (B to A)
 〔例文〕The mother 〜 the child to sleep.
《母親は子供に本を読んでやって寝かせた.》
○only 【副】ただ・・・・・だけ

▽復習テスト▽
次の(     )に当てはまる英単語を答えなさい。

・CPU = (     ) (     ) (     )

※ 正解は前回のメールでご確認ください。

最新のコメント

  • コメントはありません。