住宅・不動産

アパート経営で成功する人・失敗する人

空室でお悩みの大家さんもこれからアパート経営を考えているアナタも必読。儲からない不動産投資をやるのはお待ちなさい。不動産会社も建築会社も教えてくれないアパ・マン経営の秘密を公開するマガジンです。

メルマガ情報

創刊日:2005-01-12  
最終発行日:2017-09-20  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【アパート経営で成功する人・失敗する人】 〜第835号〜

2017/09/20

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   ◇     【まぐまぐ公認 殿堂入りメルマガ】

   ◇    アパート経営で成功する人・失敗する人

   ◇        『空室対策110番』
■        http://www.kuusitsu110.com
   ◇
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
                  2017/9.20 vol.00835




おはようございます。

賃貸経営コンサルタントの竹末(たけすえ)です。

いつもメールマガジンを講読してもらって

どうもありがとうございます。





日本列島を縦断する台風はすごかったですね。

全国でたくさんの被害があったようです。


日本は天災の国、地震や台風のような自然災害が多いので、

常にリスク意識を持っていなければなりません。

他所の国からミサイルさえ飛んできますからね。



コインパーキングの準備を進めています。

『間口の狭い土地(不動産)は買うな! 』

⇒ https://ameblo.jp/seru2093/entry-12311214506.html





さて、、、


最近の30代、40代の住宅取得者は

住宅ローンを組む時、ほとんどの人が

35年の長期ローンを組むといいます。




この35年のローンは、私の記憶では

平成の初めごろから始まったように思います。




それまでは、一般的な住宅ローンは

20年が一般的でした。


「えっ、本当ですか?」


本当ですよ。私はダイワハウス時代

仕事柄、お客さまへの提案は

いつも20年ローンで組んでいました。




それがいつの間にか20年が30年になり

その後、35年ローンが普及すると

消費者はそれに飛びついた。



今では、当たり前のようにローンを

35年で組むようになりました。

(正直、提案する側からいえば

お客さまには勧めやすかったが・・・)


今払っている家賃と同額か

それ以下にするために

20年のような中短期にすると

一般のサラリーマンには

とても払いきれない返済額となります。

そのために長期35年を組んで

返済金を下げるわけです。




確かに、大きな買い物である住宅は

ローンを長期にすればするほど

返済が楽になります。




しかし、この理屈、

それでは、あまりにも

安易すぎるのではないかと思うのです。




よく考えてみてください。

通常、サラリーマンは60歳定年です。

65歳まで企業が引き受けてくれることを

前提にすると4〜5年は勤めることは可能です。




しかし、ご存知のように、給与は

その期間は半額程度までに抑えられます。

これが現実。今までのような

健全な生活スタイルは

難しくなってくるのは自明の理です。




35年ローンで組むと

仮に40歳で住宅を購入しローンの返済が

終わるのが75歳になりますが、

定年の60歳時点でまだ元金のまるまる半分が

残っている計算になります。




果たして企業が永遠に存続できるか

期待できない不透明な時代に

残っている元金をその年齢で

清算できるのか、それは疑問です。


まともな退職金をもらえるでしょうか。

退職金を一括で残債につぎ込むと

手持ち金が無くなり老後が不安です。


また、今後少子高齢化が進み空き家が

増えている状況で、所有する不動産が

購入時の値段で売却できるかどうか




へたをすればその不動産の価値は

さがり、半額程度、いや半額以下になる

可能性だって十分にあり得ます。

(実際に、竹末は3500万で購入したマンションを
泣く泣く700万で売却しました。)・・・(苦




結局、35年住宅ローンは

モノの値段も上がり

給与もどんどん上がっていた

右肩上がりの「高度成長期のモデル」なのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「昭和の遺物」ともいえます。

このことに早く気付かなければいけない。




また、最近は不動産投資で

収益ビルを購入する場合

30年経過した建物でも

さらに35年のローンを組んでくれる

心の優しい金融機関も現れています。




30年+35年=65年で完済ですか?

65年経った建物がどうなるのか

予想もできません。




金融機関の消費者への安易な歩み寄りが

ローン被害者を増大させるようになるのです。




ここで、声を大にして言いたい!


「国の持家推進、住宅政策に乗ってはいけません。」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

いずれ、何十年か後に悲劇が起こります。




結局、最後は自己責任だと思えます。






それでは、

またメールしますね。







         竹末

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ※メルマガ号外広告はじめました!

    広告掲載依頼はコチラから
 http://www.kuusitsu110.com/adv.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ※セミナー・講演のご依頼はコチラです。

    http://www.kuusitsu110.com/syuzai.htm

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       《このメルマガのミッション》
 空室で困っているオーナーの賃貸住宅(眠っている不動産)
を蘇生させ、有効活用し、満室経営を実現させることにより
賃貸住宅の活性化を目指します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【講師経験歴10年:竹末治生(たけすえはるお)のプロフィール】
1952年生れ 広島県出身 賃貸経営コンサルタント(空室対策コンサルタント)
レンタル収納ビジネス経営コンサルタント(不動産再生ビジネスコンサルタント)
/一級建築士・宅地建物取引士/有限会社セル企画コンサルタント 一級建築
 士事務所 代表取締役 /空室対策研究会主宰/中国電力・九州電力・四国電力
 社員研修講師/中国電力オーナーズクラブアドバイザー/日本セルフストレージ
協会正会員

まぐまぐ公認『殿堂入り』メールマガジン「アパート経営で成功する人・失敗す
 る人」 総読者数8500名
 全国大学卒業設計日本建築学会賞受賞・大学卒業後、建築会社、建築設計事務
 所を経て,大和ハウス工業株式会社にて企画営業コンサルティング業務に従事。
19年間に245棟1,149戸、合計100億以上の賃貸アパート、マンションの企画販
 売をし、トップセールスとなる。全国でも希少なアパート、マンション経営専
 門の空室対策の専門家。全国の大家さんをサポートし成功事例、失敗事例を検
 証。マーケティングの応用による空室対策実践には定評がある。現在は、空室
で困っている大家さんを支援するため、セミナー、相談会、執筆、メールマガ
 ジン、など全国で日々幅広い活動をしている。10年間の講演会を受講した
大家さんは全国で延べ6300人を超える超人気セミナー。
2011年より東京でレンタル収納ビジネス経営ノウハウマスター講座を開講。
 現在までに11期210名の研修生が卒業。自らもレンタル収納店舗・バイク駐車場
 4店舗168室を経営しており、実践的な指導には定評がある。
 研修生の店舗は自社店舗を含め全国で60店舗がオープン稼働。
レンタル収納ビジネスの普及を目指し東奔西走する毎日。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★ご意見・感想・仕事の依頼などメール下さい!
 時間が掛かる場合もありますが、必ずお返事は書きます。
    また、取り上げて欲しい話題などもお待ちしております。
メルマガ読者の皆様にとって有益な内容の場合は、
    了解なしに掲載させていただくことがあります。
     もちろん匿名にさせていただきます。
    → mailto:info@kuusitsu110.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  *空室対策コンサルタント
 *発行人: 竹末 治生
  *東京オフィス
 *〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町37-2-6F
 * TEL 03-5298-1650 FAX 03-5298-1655
 *広島オフィス
 *〒730-0805 広島県広島市中区十日市町2-4‐8
 *TEL 082-503-2090 FAX 082-503-2093
 *空室対策研究会/有限会社セル企画コンサルタント
                 一級建築士事務所
  * http://www.kuusitsu110.com

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ●メルマガ広告掲載依頼はコチラから
 http://www.kuusitsu110.com/adv.html

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■このメールマガジンの全コンテンツは、著作権により
 保護されていますが、あなたの賃貸経営のお役に立て
 るのであれば、商用の場合を除きご自由に転送・転載
    していただけます。
    ただ、その場合にはかならず「竹末治生氏によれば〜」
    と出典を明らかにして下さい。
    引用の際にはURL:http://www.kuusitsu110.com を併記
    して頂ければ幸いです。
                   (C) Copyright 2017
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最新のコメント

  • コメントはありません。