ビジネス一般

コラム・ザクセス

ほぼ週刊のメルマガ。身近なテーマを基に、忙しい日常のなかで購読者がふと立ち止まって、経営やビジネス、キャリアプランなどを考えるためのコラム・ストーリーを提供。

メルマガ情報

創刊日:2005-01-06  
最終発行日:2007-01-30  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

☆コラム・ザクセス☆
---------------------------------------------------------------------------
ザクセス・コンサルティングが忙しいビジネスパーソンに、ビジネスをうまく実現
していくために役立つストーリー・コラムを提供するメールマガジンです。
周囲の方に回送してビジネスセンス・用語の共有化を進めましょう。
---------------------------------------------------------------------------
メルマガ登録は下記でお願いいたします。
http://www.xuccess.co.jp/main/html/
===========================================================================
競争戦略のテキスト「Causeの経営」好評発売中
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4830110333/xuccess-22
===========================================================================
 
●Making of “ローソン研修”5(コラム:前回の続き)

「勉強になった!」
社長が退出した後、ローソンの幹部達がもらした言葉である。社長の頭の中を
あれほど理路整然と解きほぐした形で聞いたことはなかったのだろう。ローソン
の人は話好きだ。放っておくとずっとしゃべり続けている。そして多くしゃべり
すぎるがゆえにポイントを見失う。社長の言葉を口承伝承していたのでは、組織
の中には浸透できない。しかし直接語っても、意味合いを理解できる人が少ない。
社長の悩みがそこにある。

最後は、70年代の創業以来の事実をケースに落とし込む作業だ。ここでドラフトを
見たローソンさんから横槍が入る。「もっと競合情報を入れて欲しい。」今回の
ケース作成でもっとも困ったのはローソンからの社内情報、競合情報の少なさ
だった。にもかかわらず、そういう情報を入れろという指示が出る。ケース
スタディをクラスでやって耐えうるレベルには作ってあるので、「入れて欲しい
情報を加筆して頂戴。」というと、ケースには加筆せず、競合のアニュアル
レポートを追加で配るという対応になった。しかし、2回目以降はアニュアル
レポートもなくなった。つまり、1回クラスを見たらケースはいかに使われるのか、
そしてこのケースで十分いい議論がなされることを理解してもらったのだった。
研修は難しい。講師・コンテンツ・受講生・スタッフの4身一体ではじめて成功
する。講師・コンテンツは実演してみせなければよさがわからない。社長
セッションのある研修で失敗できない事務局のあせりが過剰Demandになる。
それも仕方がない。でも1回見てもらえればよさはすぐわかる。

1回目は社長のスケジュールと僕のスケジュールの調整ができず、ついに年末に
なった。ケーススタディセッションはうまくいき、後は受講生(ローソンミドル)
が社長の前で社長の戦略を語り、社長の戦略意図がわからないところを受講生が
質問しそれに対して社長がコメントするというセッションだ。

しかし、このセッションがちょっと失敗してしまった。受講生が質問をして相互
理解を促すはずが、社長がしゃべりすぎてしまって、受講生がほとんど質問でき
なかったのだ。社長にしてみれば優秀なミドルを前に自分の思いを語りたかった。
しかし、それはいつもの社内講話と一緒で、受講生には自分達で戦略を考えたから
こそ聞きたいことが一杯あったのだ。社長が帰った後、僕が質問攻めにあい、僕
が社長に代わって説明するという相互理解ではなく、単なる解説編になって
しまった。

これではいけない。そこで、社長セッションのファシリテーションも僕がやる
ことになった。受講生自身の質問や語った戦略について受講生同士で議論させ、
最後に10分程度社長がコメントするというスタイルに変えた。このことによって、
社長の前で議論の中身、受講生のレベルがはっきりわかり、社長もどのポイント
だけしゃべればよいかがわかる。受講生も社長の前でパフォーマンスを見せる
ことができる。こうして、受講生にとっても社長にとっても満足度の高い研修と
なっている。そしてやるごとにレベルがあがっていく。組織の中でこの研修で
やっていることが浸透しつつある結果だ。
役員や経営企画がこの研修のやりとりを見に来る。そして受講生のアウトプット
はすべて記録され、いいものは経営会議でさらに発表している。
ローソンさんが新聞紙面をにぎわす多くの戦略がこの研修を母体にしているのは
間違いない。(終)
---------------------------------------------------------------------------
ご意見ご感想はXuccess Consulting Ltd.まで: info@xuccess.co.jp
---------------------------------------------------------------------------
既発行のコラム等はHPを御覧ください。:http://www.xuccess.co.jp/main/html/
---------------------------------------------------------------------------

最新のコメント

  • コメントはありません。