語学

翻訳探訪

翻訳業務で感じたこと、英語や日本語で勉強になると思ったり、意外だったこと…を思いつくままに書いていきます。また、翻訳という仕事を通して自分なりに学んだと思われる生き方や考え方なども綴っていきます。

全て表示する >

【翻訳探訪】 翻訳のコツ(時制編)

2010/08/06

こんにちは。くどうです。

突然ですが、問題です。

下の和文は、どう訳すとよいでしょう?

「当社は、貴社の製品に興味をもちました。」

1番: We were interested in your products.

2番: We are interested in your products.

・・・。

1番と2番の違いは、be動詞です。

つまり、過去形と現在形ですね。

で、どちらがベターかというと、

・・・。



なんと、2番なのです!



文法的には、1番が正解なのですが、
1番のように、過去形にしてしまうと、
ネイティブ・スピーカーは、
こう思うそうです。

「ふーん、興味があったっていうのは
わかるけど、今は、興味ないのかな?」

実際には、今も興味があるわけですから、
2番がベターなわけです。

このように、文法通りにきっちり訳すと
かえって意味が正確に伝わらないことが
意外に多いです。

また機会を見て、お伝えしたいと
思います。

ところで、ICAでは、
こうした翻訳のコツなどのさまざまな情報を
翻訳家を目指すあなたに向けて、
発信するメルマガ
【翻訳探訪プレミアム】を
配信しています。

「翻訳家を目指す学習法」

「翻訳力試し」

など盛りだくさんでお届けしてます。

【翻訳探訪プレミアム】だけでしか
無料ダウンロードできない
文法おさらい教材なんかもあります!

よかったら、ぜひ登録してくださいね。

登録は、↓ 下記 ↓ からできます。

  http://bit.ly/aFhrIP

あなたのご登録をお待ちしてます!!

P.S.

翻訳家を本格的に目指したいあなたは、
こちらも要チェック!

→ http://www.ica-net.com/jitsumu13/index2.html 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。