語学

翻訳探訪

翻訳業務で感じたこと、英語や日本語で勉強になると思ったり、意外だったこと…を思いつくままに書いていきます。また、翻訳という仕事を通して自分なりに学んだと思われる生き方や考え方なども綴っていきます。

全て表示する >

【翻訳探訪】 SWOTって何?

2010/06/08

こんばんは。

もうすぐワールドカップが始まりますね。

日本代表は厳しい批評ばかり
されているようですが、
それでもちょっと楽しみです。

もしかしたら本番では・・・

なんていう期待も込めて

応援しようと思っています。

さて、今日は

“SWOT analysis”

という言葉について
ご紹介したいと思います。

“analysis”は「分析」という意味ですね。

問題は、“SWOT”です。

“SWOT”は
4つの単語の頭文字を
とったものです。

わかる方いますか?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓


正解

“SWOT analysis”は
「SWOT分析」(スウォットブンセキ)
といいます。

これは、企業の戦略を立てるときに
用いられる分析手法の代表格です。

具体的には・・・

内部環境を

「強み(S=strengths)」と
「弱み(W=weaknesses)」に、

外的環境を

「機会(O=opportunities)」
「脅威(T=threats)」

に分けて、それぞれに当てはまる項目を
列挙したうえで、
自社の内外の現状を分析・評価します。

ちなみに、以前にもご紹介した
マーケティングの神様と呼ばれる
フィリップ・コトラーは、

SWOTの順番どおりに

自社の内部環境における強み(S)と弱み(W)を
先に検討すると、

外的環境である機会(O)と脅威(T)については
視点を向ける範囲が限られてしまう

と指摘し、

「SWOT分析ではなくTOWS分析とすべき」

との主張も行っています。




それでは、今日はこの辺で。

また、次回をお楽しみhに!


P.S. ちょっとだけでも英語を
   使った仕事に興味をお持ちの方は
   こちらもご覧ください。
    ↓  ↓  ↓
    http://icatrans.jimdo.com/ 


P.P.S. 翻訳の仕事の流れや、
    翻訳会社スタッフが翻訳を
    依頼したくなる翻訳者像を
    知りたい方はこちらもご覧ください。 
    ↓  ↓  ↓
    http://icatrans.jimdo.com/book/ 


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。