語学

翻訳探訪

翻訳業務で感じたこと、英語や日本語で勉強になると思ったり、意外だったこと…を思いつくままに書いていきます。また、翻訳という仕事を通して自分なりに学んだと思われる生き方や考え方なども綴っていきます。

全て表示する >

【翻訳探訪】 直訳文を読みやすい文章にするには?

2010/05/21

こんばんは。

ICAでは、日ごろいろんな翻訳の仕事を
受けているので、訳文のチェックを
しなければいけないことも多いです。

そこでいつも感心するのが
上司のチェックした文章です。

訳文の中には
間違ってはいないけど、
ちょっと読みにく文章になっている
ものもあります。

一応意味はわかるけど、
スッーと次の文章に読み進めずに、
一度立ち止まって意味を
理解しなおすような文章です。

こういった文章を
上司は読みやすくガラっと
変身させてしまいます。

どうしたらこの訳が導きだせるのか
といつも不思議に思っていました。

なので、ある日聞いてみました。

「どうしたら直訳じゃない
読みやすい文章に訳せるのですか?」と。

感覚的な部分もあるので、
説明するのも難しいようでしたが、
英語を日本語にする前に
意味の世界に落とし込むことが
ポイントだと教えてくれました。

どういうことかというと、
まず、全くの第3者がその訳文を読んだときに
つっかからずに読めるかどうか
を考えます。

実際に誰かに読んでもらっても
もちろんOKです。

その時に、すらすらと理解して
読み進められればOK。

そうでなければ改善の余地が
あります。

改善するために必要なことが、
意味の世界に落とし込むことです。

意味の世界に落とし込むことは、
「要するに、その文章が何をいいたいのか」を
頭のなかで解釈することです。

例えば、私が今
「意味の世界」を説明するために
「要するに〜〜〜ということです」
といったように、
文章の要点をとらえて
「要するに〜〜〜〜っていうことね」
と理解しなおすのです。

きちんと理解できたら、
それを日本語の文章に書き出します。

文章を書くには日本語力も要求されますから、
日本語をたくさん読んでおくことも必要ですね。

これができるようになるには、
実際に訳して訓練するしかありません。

でも、このコツがつかめれば
訳文のレベルが格段に上がることは
間違いありません!


もっと、翻訳のコツや学習のヒントが
ほしい方はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.ica-net.com/cd/index2.html 

P.S.【無料レポート】
「翻訳業界まるわかりBOOK」は、
こちら↓からGETできます。
http://icatrans.jimdo.com/ 

P.P.S.英語を使えるお仕事に興味のある方は
こちらもチェックしてください。
↓ ↓ ↓
http://www.ica-net.com/business-translation/index.html 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。