語学

翻訳探訪

翻訳業務で感じたこと、英語や日本語で勉強になると思ったり、意外だったこと…を思いつくままに書いていきます。また、翻訳という仕事を通して自分なりに学んだと思われる生き方や考え方なども綴っていきます。

全て表示する >

【翻訳探訪】merger(s) と acquisition(s) →みなさんよくご存知の・・・

2010/04/16

======================
無料で自分の翻訳力を判定できる
「無料翻訳力診断」実施中!

 ↓ 課題文はこちら ↓

https://ssl.formman.com/form/pc/KJK0W795Ww6ASPrY/ 

課題は、「初級」「ビジネス上級」「医学」から選べます! 
======================

みなさん、こんにちは。

早速ですが、タイトルの
“merger(s)”と“acquisition(s)”って
何を表すかご存知ですか?

“merger(s) and acquisition(s)”
として、この略語を考えてみると
みなさんもよく聞いた言葉になりますよ。

   ↓




   ↓




   ↓




   ↓




正解は、「M&A」(企業の合併・買収)です!


翻訳するときは「M&A」とだけするときもあれば、
わかりやすいように「M&A」(企業の合併・買収)
と書くときもあります。


数年前、新聞やニュースで毎日のように
とりあげられていた言葉なので、
みなさんもご存知ですよね。

“merger” には、「合併」、「吸収」、
“acquisition”には「買収」といった意味があります。

つまりM&Aは、
複数の企業が合併したり、
ある企業が別の企業を買収することを指します。
合併は、複数の企業が、ひとつの法人格となること、
買収は、ひとつの企業が、別の企業の全部
または一部を買取ることです。


M&Aと聞いて思い出される企業の一つに
ライブドアがありますが、
最近、韓国企業の日本法人がライブドアを買収する
というニュースがでていました。

M&Aする側から、される側となったライブドア、
これから一体どうなるんでしょうね?


それでは、今回はこのへんで。

また次回をお楽しみに!

======================

医学翻訳者ってどんなイメージがありますか?

  ↓  詳しくはこちら  ↓
http://www.ica-net.com/medical-translation/index.html 

======================


======================
無料で自分の翻訳力を判定できる
「無料翻訳力診断」実施中!

 ↓ 課題文はこちら ↓

https://ssl.formman.com/form/pc/KJK0W795Ww6ASPrY/ 

課題は、「初級」「ビジネス上級」「医学」から選べます!
======================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。