健康・家庭の医学

寝たきりになりたくない

実年齢(暦年齢)よりも20%、たとえば50歳なら40歳、35歳なら28歳に、と見られたらうれしいじゃないですか。92歳で元気に絵筆を動かし、作品を発表している知人の食事を通して、いかに若くいられるかのヒントを伝えようと思っています。

全て表示する >

危険なの?にがりダイエット(続編)

2004/12/17

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 2004年12月18日 土曜日発行
抗加齢栄養研究会メールマガジン  
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 創刊第6号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

▼△▼ 暦年齢(実年齢)より老けて見られたくない方たちへの情報を中心に
◇◆◇ 50歳は40歳に、35歳は28歳に、若く見られるヒントを発信
▲▽▲ 忘年会・クリスマスなどで体脂肪が気になる憂鬱な季節になりましたね

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

創刊第6号の内容は
「過剰摂取で事故発生・危険なの?にがりダイエット」の続編となります

若返りの栄養からは、少し遠い問題ですが
濃度もまちまち、値段もまちまち、それでいてダイエット効果に国の機関が疑問符を
つけたので、今回も「にがり」を考えてみようと思いました

▼▼▽▼▼ 引用させていただく元の記事 ▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼

■独立行政法人 国立栄養・健康研究所のHPから
▼健康食品の安全性・有効性情報(2004/10/13)
▽誤解されている健康情報の事例1(● 「にがり」と「痩身効果」について)

「糖の吸収を遅らせる」「脂肪の吸収をブロックする」「糖質代謝を促進する」
「エネルギー代謝を促進する」といったメカニズムから、ダイエット効果を論証するような
情報がありますが、いずれについても確実な根拠・文献等はありません。

にがりを利用し、その摂取量を間違えて重大な健康被害が出た事例もあります。 

(全文は下記URLでご覧になれます)
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail.php?no=170


■財団法人 ソルト・サイエンス研究財団のHPから
たばこ塩産業新聞 塩事業版 2004年7月25日発行
▼最近の人気商品市販の「にがり」その組成実態を考察する

最近「にがり」が大変な人気商品となっている。このブームに応えて市販されている
にがり商品を綿密に調査した書籍「塩とニガリがよくわかる本」玉井恵著が発行された。
これまでに「にがり」とは言えない商品が販売されていることに気付き
本紙(15年11月25日)で取り上げたことがあるが、
この書籍には多数の商品をデータ付で掲載されており、
データ整理してみると、驚くべき出鱈目さで市販されているにがりの多いことが判った。

市販にがりはほとんど海水蒸発濃縮にがりである。
ミネラル補給の観点からは、カルシウムがあり、ナトリウムが少なく、
カリウムが多いので、イオン交換膜にがりの方が優れている。

(全文は下記URLでご覧になれます)
http://www.saltscience.or.jp/encyclopedia/siohyakka36.htm

△△▲△△ 引用はここまで △△▲△△▲△△▲△△▲△△▲△△▲△△▲△△

引用したものからの結論は次のようになりますね

○ダイエット効果があるような情報に関しての確実な根拠・文献等は無い
○「にがり」とは言えない商品が販売されている
○データを整理してみると、驚くべきデタラメさで市販されているにがりもある
○市販にがりはほとんど海水蒸発濃縮にがり(ナトリウムが多い)である
○ミネラル補給の観点からは、イオン交換膜にがりの方が優れている

以上のようなことから、にがりによるダイエットを続けたときに
にがりの種類によっては

(1)高血圧の原因と言われているナトリウムが多すぎて

(2)高血圧を解消してくれる栄養素のひとつのカリウムが不足して

(3)ネフローゼ(腎臓の機能が低下して、むくみ、むくみのよる体重増加、下痢・腹痛、
呼吸困難などの症状が出ます)、副甲状腺機能亢進(骨からカルシウムをどんどん溶
かし出しすので骨がスカスカになったり、免疫機能が狂うもとになる)、精神障害、
副腎機能低下(ホルモン分泌の異常で心臓の拍動が乱れたり、体内ステロイドホル
モンの必要量を作れなくなる)などを引き起こすマグネシウム過剰症が心配なマグネ
シウムが多すぎて

(4)カルシウムの不足から、全身の組織・細胞に影響を及ぼして、生活習慣病すべて
の原因となり、さらに悪化させます。高血圧・糖尿病・ガンなど、みんなカルシウムの
不足で起こるので重大な問題なんです(医学博士 原 敬二郎氏)

ということも起こるのですね

にがりダイエットで予想されるカルシウムの不足が引き起こすとされる病気は多くの
生活習慣病です

どうしても、にがりダイエットでやるんだ、という方は、カリウム不足とカルシウム不足
にならないようにしましょう


そうそう、最近「腸内の脂肪を包み込んで排出するダイエット商品」も全く効果が無い
というのも発表されましたが、知ってますよね
次回はそれをとりあげましょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このマガジンでは、「病気にならない」「病気になったら早く治る」「人より遅く
歳をとる」「寝たきりにならない」などについての情報を発信していきますが、
その基となる考え方は、米国と日本の抗加齢医学会から発信されるものも含めてい
くつもりです

それでは次回の発行までごきげんよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
抗加齢栄養研究会メールマガジン ( 不定期発行 )
    = 誰でもできる寝たきりにならない未来のからだづくり入門編 =
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 「抗加齢栄養研究会メールマガジン」は、日本抗加齢栄養学会のメンバーが
 ボランティアで発行、運営しております
http://www.wacwac-dokidoki.group-japan.com

お問合せなどがございましたら、[at]を@に書き直して下記までお寄せください
919tra[at]infoseek.jp

◆ 「抗加齢栄養研究会メールマガジン」は「melma!」の配信システムを使ってみな
 さまの元へお届けしています。

◆ このマガジンを、お友達に転送する場合は自由に行っていただいて構いませんが
 引用元のURLの改変を含め、内容は変更しないで行ってください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        (C)2004- 抗加齢栄養研究会 All Rights Reserved.    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-12-04  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。