メンタルヘルス

楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学

50冊の著書。有名テレビ番組に出演。20数年の実績。不安・恐れ・焦り・うつ気分を吹っ飛ばし自分中心心理学で「楽あれば楽あり」の人生にする。我慢しない。罪悪感もいらない。私を愛し、解放するだけでいい。自分中心で「愛も成功もお金も」勝手に入る。

全て表示する >

楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学■自分の能力を信じていない

2020/01/15

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
                     
  楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学  2020/1/15  
(月3回〜6回 水曜日発行)
     ホームページ:https://www.allisone-jp.com/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

■□ 最新情報!!! □■

★石原加受子推奨CD 第2弾予約受付いたします!
大好評いただきました、
心の奥が感応する「珠玉の対話集」CDの第2弾を発売いたします。
聴くだけで、自分の能力を過小評価しているのだと、納得できるでしょう。
「価値の高い自分」に気づくことができます。
自分を信じても大丈夫だとわかります。

★「願いが叶う心のカラクリ」三笠書房
どうして願いが叶わないのか。読むと納得できます。
人生を変える必読本です。
文庫本なので、安価ですし、持ち歩きできます。
是非、何度も読んでいただいて、「意識の転換」を計っていただきたいと願います。

★「母と娘の「しんどい関係」を変える本 (PHP文庫)
親に同情して自分を犠牲にしてしまう人。
罪悪感が強い人。
どうしても親から離れられない人。
そんな呪縛から解放されましょう。

※上記2冊のどちらかをAmazonでご購入いただいた方に、
石原加受子の音声を無料ダウンロードサービスといたします。
詳細:https://allisone.jp/aio-jp/tokutenn-oto191218/


★(お知らせ) 
本メルマガは、「まぐまぐ!」と「メルマ」で発行しています。
「メルマ」は、2020年1月末を持ってサービスを終了します。
継続をご希望の方は、「まぐまぐ!」登録をお願いいたします。
https://www.mag2.com/m/0000144612.html

https://equol.jp/ エクエル 
連載中です。ごらんになってください。

●マナトピ:あなたは大丈夫?!話題の「マウンティング女子」にならないための心掛け
https://manatopi.u-can.co.jp/break/200115_2454.html


★オールイズワンにてYouTubeのチャンネル開設いたしました!
AIOチャンネル↓
https://www.youtube.com/channel/UCZyCORXGoh8PUn6K2pP8nhw


★石原加受子の実生活に使える「意識の世界」お話
https://www.mag2.com/m/0001684602.html 
大変お待たせいたしました。
これで登録ページにサンプル号とバックナンバー紹介のリンクが再掲出されました。
「バックナンバーを買いたい」という方は、有料メルマガ内で購入できます。

★石原加受子 自分中心心理学読本2「成功とお金の基礎心理理論」: 
「成功とお金と無意識の話」 (オールイズワンEブックス)  Kindle版 
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TRK62MW/


★誰にも言えない「さみしさ」がすっきり消える本 SBクリエイティブ
Amazonリンク:https://amzn.to/2FE0xTT
Amazonにて、この本をご購入いただいた方だけに、
石原加受子の無料音声ダウンロードサービス(約15分)をいたします。
以下にて無料の音声ダウンロードサービスのお申込みができます。
リンク:https://allisone.jp/aio-jp/tokutenn-oto190906/


●すぐ変わる即効性ワーク
(年に3回しか実施されません。貴重です。)
「自分の感じ方」を信じれば、すべてがうまくいきます!
自分の人生の良い方向へとチェンジさせるには、自分中心の生き方が
できるかどうかにかかっています。
これ以外に、方法はない、と言ってもいいぐらいです。
「自分中心心理学」の最も効果的な活用方法を獲得できます。
問題解決するための最短方法で、これ以上短くはできません。
問題解決、願望達成の決定版です。
1月19日 日曜日(1章・2章・3章) 13時〜5時30分
2月16日 日曜日(4章・5章・6章)  13時〜5時30分
お申し込みは  info■allisone-jp.com
※迷惑メール防止のために送信の際は、■を@に変えてください。
[料金] 
会員の方(カウンセリングを受けた方。自分中心セミナーを受けた方)                                      
セミナー料金41,000円+(テキスト代)11,000円  
合計52,000円税別価格

非会員の方(入会金を含む料金です)                             
入会金5,000円
セミナー料金41,000円+(テキスト代)11,000円  
合計57,000円税別価格 

再受講の方 26,000円税別価格

●有料メルマガ
メルマガタイトル 石原加受子の実生活に使える「意識の世界」お話
基本的には月1回の不定期ですが、月に3回は配信したいと思います。
https://www.mag2.com/m/0001684602.html
月々750円(税別)/ 初月無料です。
具体的な実践法をお伝えします。
ご相談・ご感想・ご意見・ご要望等々をお待ちしています。
紙面にて、お答えいたします。(内容によっては、お答えできない場合
もありますので、そのときはご了承ください。)
カウンセリングを受けるのはちょっとまだ、抵抗が。
セミナーを受けたいけれども遠方だから。
CDや本では、いま一つ、個人的な問題の解決方法がわからない。
個人的な問題のヒントがほしい。
こんな希望をお持ちの方、登録お待ちしています。


■WEBセミナーを開催中
WEBセミナーを開催しています。
『「自分中心心理学」研究会』です。
音声でサービスです。ダウンロードできる商品も提供いたします。
将来的には、WEB上でのセミナーも企画中です。

月に最低1回は、無料音声を提供します。
スキルアップしたい人は、料金的にお得です。
時には、CDでは聴けない内容も聞くことが出来ます。
質問していただければ、音声で具体的に答えていきたいと思います。
直接面談に近い効果が得られるでしょう。
詳しくは↓をご覧ください。
https://allisone.jp/aio-jp/info/web-kennkyuusyo/

会員同士の、コミュニティとしても役立ててほしいと思います。
このサイトに入れば、一人じゃない。仲間がいる。
支援者(と呼びます)は 月額3000円です。
カウンセリングを受けるには、どうも、抵抗がある。
本やテキストやでは、今ひとつ、具体的なやり方がわからない。
個人的な問題や経営面での解決方法を知りたい。
どんな高額なセミナーを受けても、「できる気がする」だけで、
なかなか成果を得られない。
そんな人に、最適です。

さまざまな争いから降りたほうが、はるかに運は上昇します。
それは、「自分とも戦わない」ということです。
人生の「ホームドクター」のような存在になっていければと、
願っています。
続ければ、誰でも、必ず人生を変えられます。
その変わるというのは、幸せになるだけではなく、
「願望を叶える。成功する。もっと稼ぐ」
といったものも含めて、です。

自宅で、「自分中心心理学」を学べます。
どんどん質問していただき、人生を上昇させていきましょう。
詳細は、また、後ほど、お伝えします。
詳しくは↓をご覧ください。
https://allisone.jp/aio-jp/info/web-kennkyuusyo/

====================================================================
    ◇不定期便 もっと“自分中心に”メール
           自分の能力を信じていない
====================================================================
テレビで、親が一流だと子供も一流かというようなテーマで、
特集をやっていて、書家の方が親子で出演していました。
天才的な能力を発揮している人たちの中には「親に叱られたことがない。
親に勉強しろと言われたことがない」と答える人たちが少なくありません。

その書家も、だから自分も子供に対して、「ああしろ、こうしろ」
と言わないし、「強制的なことをしない」と。

※続きは、不定期メールにて。(無料です)
オールイズワンHP トップページの不定期便「もっと“自分中心に”
メール」申し込み欄から、登録できます。
https://www.allisone-jp.com/
サイトの一番下にあります。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=24146

======================================================================

   ◇バッシングされたMさんのコメント

======================================================================

今日も、色んな考え、
色んな気持ちが次々と沸き起こってきます。
やられたらやり返す。
非難されたので、
こちらも応酬したい。

今までは、安全圏で、
自分が絶対的優位に立っていたので、
人に対しても、何も言わなかったが、
言ってみたら、思わぬ反撃を食らった。

僕は、相手の非難に乗らずに、
自分の意見を言い続けただけだが、
僕が思ってることも口には、出してないが、
心の中で、相手のことを非難している。

表面的には、相手の言ってることに乗ってないが、
心の中では、相手に対して、
相手がやってることと
同じことをしようと思っている。

同じ位置に立つと、非難の応酬、
仕返し合戦になる。
そんな感じですかね。

相手に言われたことを思い出す度に、
応酬したくなります。
それが今日の気持ちです。

ネットニュースを見てると、
例えば、浜崎あゆみさんとか、
いつも叩かれています。

浜崎あゆみさんを嫌いな人は、
浜崎あゆみさんが何をやっても、
叩きますね。

ニュース自体は、
浜崎あゆみさんの実母が代理出産じゃなくて、
本人ですと言ったというだけなんですけどね。

そうじゃないと言ったら、
今度は、本人なら、
ハイヒールは、控えるべきだとか、
面倒は、結局、実母がみることになるのかとか、
叩く相手は、材料は、何でもいいんですね。

相手が言ったこと(ニュースで言われてること)を
受け取るんじゃなくて、
受け取らずにそれについて、批判するんです。

僕の時と同じです。
その前に言ったことに対して、
事実と違う、こう言う意味だと言ったら、
こんどは、こういう意味とは、
何なんだとたたき始めるという感じです。

そういう人が一人いました。
僕が相手の領域に
踏み込んでしまったばかりに、
とんだ騒動になってしまいました。

・・・・・・・・・・・
(石原コメント)
誰もが、自分は正論を言っているつもりです。
けれども実際には、正論を主張している訳ではなく、
互いに「争う」のが目的となっています。

今の多くの人たちの意識が、「戦うこと」を目標にするのは
どうしてでしょうか。

今の社会は競争社会だから、
「戦って勝たなければならない」
と思っているからでしょう。

けれども、戦えば、お互いに傷つけ合うだけでなく、
なによりも、自分自身を傷つけます。
仮に、相手に勝ったとしても、傷つくことには、変わりありません。

そのバッシングが、延々と続いたように、相手に勝とうとしても、
それぞれに、相手に認めてもらえずに傷ついているから、
やめることができないでいるだけです。

しかも、相手に勝ったり、相手が凹んだり、相手が降参すれば、
自分が満足できるのだと、勘違いしています。

ここが、ほんとうに「勘違い」なのです。

仮にもし、そんなバッシングの果てに、
「ごめんなさい」と謝ったとしても、それで満足するかというと、
そうではありません。

浜崎さんが何をやっても、彼女を批難するように、
「ごめんなさい」と言えば、
「じゃあ、今まで主張していたことは、何なんだ! 
そんなに簡単に謝れる程度なのに、さも、自分が世界で
一番正しいかのごとくに、主張していたのか」
などと、やっぱり攻撃したくなるでしょう。

というぐらい、世の中の圧倒的多数の人たちが、不毛な
争いをしています。

そうやって自分が主張しようとしているとき、争いになるのは
目に見えているとしたら、そこに気づく必要があります。

「このままやり続けていたら、私自身が、傷つく」
と。

そうなれば、お互いに、衝突することはあっても、
「理解し合うことない」
と、早めに判断する。そして、「降りる」ことなのです。

むしろ自分中心では、
「降りるための言葉をたくさん知っておいたほうが、
自分の心を守ることができますよ」
ということを目指しています。

◆「あの人とうまく話せない」がなくなる本(PHP研究所)
◆やっかいな人から賢く自分を守る技術(三笠書房)文庫本 
◆心理学でわかる 女子の人間関係・感情辞典(朝日新聞社)
◆「何をやっても長続きしない人」の悩みがなくなる本
(イースト・プレス)

●読者セミナー  月2回開催 第一木曜日午後7時。
               第三土曜日午後2時30分

●「自分中心セミナー」毎月開催中。
個人セッション、電話での通信講座も行っています。
厳しい環境の中でも、楽に生きることができます。
ずっと、苦しいままで、その苦しみをやり過ごして生きるのか。
未来に向けて確実に変わっていく自分を喜べる自分になるのか。
決めるのは、あなた自身です。
じっと動かずに待っていて得られるものではありません。
あなたが、自分で得る能力をつけるものです。
お申し込みは  info■allisone-jp.com
※迷惑メール防止のために送信の際は、■を@に変えてください。
『“自分中心セミナー”グループセッション』(初級)
開催日時 毎月・第一日曜日 13:00〜17:30(午後1:00〜午後5:30)
プログラム構成・全11章 各3章ずつ実施
4回セッション・4カ月で修了 
入会金     5,000円
セミナー料金 55,000円 
テキスト料金 17,000円 
合計77,000円(税別)


■石原加受子の「光と波のきろく」 好評ブログ
https://aio-jp.com/


★石原加受子の著作一覧
https://allisone.jp/honn1/ishihara-honn.html
(これまでに発刊された本は、100冊以上。)


★新しいホームページ作成中(随時更新中)です。
↓自分中心心理学・6年周期リズム診断最新情報
https://allisone.jp/aio-jp/
ぜひ一度ご覧ください!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
カウンセリング https://www.allisone-jp.com/counseling.html  
読者セミナー・自分中心感覚セッション
https://www.allisone-jp.com/immediate_effect_work.html
自分中心セミナー 
https://www.allisone-jp.com/self_centredness.html 
すぐ変る即効性ワーク
https://www.allisone-jp.com/immediate_effect_work.html 
6年周期リズム https://allisone.jp/uranai.php.6nen/ 
6年周期診断 
https://www.allisone-jp.com/6_year_cycle_based_reading.html 
受講者・読者の声 https://www.allisone-jp.com/voice.html  

==============================================================

         ◇【自分中心心理学】 実践記事 

   風邪を引いて気づいたこと(1) 記:西岡利晃

==============================================================

私事になりますが、昨年末から少しずつ、

体調が下り坂に入っているように感じていました。

年末年始は、実家に帰省していたのですが、年明けに東京に戻り、

その下り坂がさらに急になって、

先週の火曜日辺りから、本格的な風邪の症状が出てきました。

こんなに本格的に風邪を引いたのは、何年かぶりです。

英語では、「I catch a cold」(Googleの機械翻訳です)
と言うようですが、

なるほど、何か「キャッチした」感じもします。

世間一般では、この時期に風邪を引くことは、
誰にでもありがちなことで、

さほどに取り上げて話題にすることもないでしょうね。

ただ、心理面や、意識の法則。

また、6年周期リズム診断から見れば、

そこには、何らかの意味があると見えてきます。

さらに無意識の視点から見ることができれば、
そこにあぶり出される自分自身の何かが、顕れてくるでしょう。

今回の、この風邪を引いたことの意識の内側に何があるか?

それは一つのことではなく、複合的な要素があると思います。

もちろん、風邪に限らず、いろんな出来事は、
複合的な意識の要素でできあがっていると思います。

また、そこに関係する複数の人々の意識の総和があるとも言えます。

今回の風邪のことも、内在するその一つ一つをテーマにすれば、
5本くらいメルマガが書けそうです。

もちろん、それぞれのテーマの中でも、
やはり一番大きいと思われるメインテーマがあるでしょう。

今回は、いくつかあった気づきの一つから、書きたいと思います。

風邪の症状が出てきて、単純に思ったのは、
まず、身体がしんどい、つらい、ということです。

いろんなことを、負担に感じやすくなりました。

身体がしんどいと、
普段はなにごともなくやっていることも、苦痛に感じる。

それは肉体的な五感のレベルでもそうですが、
精神的なところでも同じことが起きることに気がつきました。

(2)へつづく

記:オールイズワン認定ライフ・クリエーター西岡利晃

==============================================================
 
    ◇ オールイズワンJPからのおすすめ情報

==============================================================

■□ 石原加受子推奨CD 第2弾予約受付中です。

大好評いただきました、
心の奥が感応する「珠玉の対話集」CDの第2弾を発売いたします。

第1弾をご購入いただいた方から、
是非、第2弾を作ってほしい。

次々に深い内容が引き出されるこの対談を、もっと聞きたい。

シリーズ化してほしい、等々。

たくさんの反響をいただきました。

今回、収録し未公開だった対話音声を、
新たにCD3枚分程度を選定いたしました。

第1弾同様に、
とても、とても深い内容が語られています。

音声の詳しい内容は順次メルマガやWEBにてお知らせしていきます。

【CD2より】
意識の力はすごい
ネガティブに特化している情報化社会での対処方法
自分の心に豊かさがあれば、救われる
あらゆることで、自分の心を整えておくほうがいい
他者の人生を侵し合っている
NOを言う言い方でも人に侵入している
どれだけ自分が心で、相手に干渉しているか自覚すること
急ぎながら結論を出そうとしない
石原の話、記憶の中に残る1個をしっかりやる
人の心が荒れると、機械が故障する
考えないほうが閃きが入ってくる
愛情深いコミュニケーションできたらいいな!
感情脳を遮断している人が多い
情報を適切に精査する能力は思考ではない、感じる力だ
戦いたい人同士がつぶし合っていく、その中に入らない自分でいるためには?
自分の間違った思い込みは、出来事が起きてわかる…ほか

初版【限定】30セット ☆特典付です。
心の奥が感応する「珠玉の対話集2」CD3枚組
一般通常価格:36,182円【税抜】(税込39,800円)

●予約限定特別価格:27,091円【税抜】(税込29,800円)
●WEBフォーラム会員価格:21,637円【税抜】(税込23,800円)

※特典品の内容は後日発表いたします。

先行予約受付専用フォーム↓初版【限定】30セット
↓発売日は1月20日ごろ(予定)です。
フォーム:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=apcJqOii
よろしくお願いいたします。

---

◆心の奥が感応する「珠玉の対話集」CD(こちらは第1弾です)
ページ:https://allisone.jp/aio-jp/taiwa1/

◆「これから時代、どう生きるか!」CD(特別価格延長しました!)
ページ:https://allisone.jp/aio-jp/douikirukacd1/

◆石原加受子の本紹介
ページ:https://allisone.jp/honn1/ishihara-honn.html

◆オールイズワンにてYouTubeのAIOチャンネル開設しました!
ページ:https://www.youtube.com/channel/UCZyCORXGoh8PUn6K2pP8nhw

◆「自分中心心理学」研究所オールイズワンWEBフォーラム
ページ:https://allisone.jp/aio-jp/info/web-kennkyuusyo/

◆ 6年周期リズム診断(個別診断レポート他)
ページ:https://allisone.jp//6mini/minisinndann.html

◆ 自分中心体験の談話会(参加無料):毎月第3土曜日13時〜
ページ:https://allisone.jp/aio-jpshouhinn/index.html#自分中心体験談話会

◆ 6年周期リズム実現法!メルマガ登録お願いします。(まぐまぐ)
ページ:https://www.mag2.com/m/0000259036.html

★★★∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<石原加受子のオーディオセミナー ラインナップ>
http://www.selfstudy.biz/ishiharakazuko/
1. 自分自身を基準にして楽になれる「自分中心」発想法
2. 弱い自分を克服する方法 など全30シリーズ。
 → http://www.selfstudy.biz/ishiharakazuko/
iTunes Storeでも配信されています。

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□

メールマガジンの購読・解除は、下記のURLからお願いします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ご返信いただいても解除はできません。
まぐまぐ   : https://www.mag2.com/m/0000144612. html

◎楽に生きる!石原加受子の「自分中心」心理学
  のバックナンバー・配信停止はこちら
https://mypage.mag2.com/subscribe/UnSubscribeMagazineInit.do

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-23  
最終発行日:  
発行周期:月3回  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。