「マエストロ」の株式デイリーコメント

1日の相場概況をマエストロが解説。相場解説、テクニカル判断からの日経平均株価や個別銘柄の予想。マエストロが提案する楽しみな銘柄など内容盛りだくさんです。読者皆様からの多大なご声援感謝しております。

全て表示する >

「マエストロ」の株式デイリーコメント

2013/10/25

◇ 2013年10月25日(金)発行 ◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■ マエストロの『 一般会員 』新規会員募集中 ■■ 1ヶ月:10,500円
────────────────────────────────────

 シンプルな提案が判り易いと好評。多くの会員様に継続して頂いております。
 ●お得な会員費● 1ヶ月:10,500円 (とにかく割安です)
  ・デイトレード向けの情報『ザラ場の銘柄情報』
  ・明日買う銘柄が判る 1日1銘柄注目銘柄を提案。
  ・提案銘柄は会員WEBページで日々しっかりとフォロー。

 ▼▼会員申込みは下記のページからとなります▼▼
 https://www.maestro-stock.com/regist/index.html
 ▼▼提供する情報についてはこちらから▼▼
 http://www.maestro-stock.com/information/service.html

 最近の注目銘柄のその後の動きをみると、
△187.8%UP△■8月12日日本冶金工業(5480)  139円⇒  400円( 9月24日)
△120.5%UP△■8月30日ナノキャリア(4571)150,800円⇒332,500円(10月 1日)
△119.3%UP△■9月 2日UMNファーマ(4585)2,166円⇒ 4,750円( 9月19日)
△108.1%UP△■9月 5日ラサ工業(4022)    135円⇒  281円( 9月26日)
△ 77.7%UP△■8月 1日ナノキャリア(4571)187,100円⇒332,500円(10月 1日)
△ 65.4%UP△■8月15日CWE(7612)      78円⇒  129円( 9月19日)
△ 64.9%UP△■9月 3日DWTI(4576)     828円⇒ 1,365円(10月 1日)
△ 53.6%UP△■8月 8日CWE(7612)      84円⇒  129円( 9月19日)
△ 53.4%UP△■8月14日アドウェイズ(2489)  682円⇒ 1,046円( 8月21日)
△ 44.0%UP△■9月 6日サンフロンティア(8934)897円⇒ 1,292円( 9月27日)
(※注意:会員の皆様が記載した高値で売却し利益を確定したわけではございません)
────────────────────────────────────
  ■一般会員費 1ヶ月:10,500円(税込)
  ■特別会員費 1ヶ月:21,000円(税込)(定員制)現在は新規募集を停止しております。

  ▼▼「会員申込み」は下記のページからとなります▼▼
  https://www.maestro-stock.com/regist/index.html

  ▼▼「会員コース説明」はこちらから▼▼
  https://www.maestro-stock.com/information/service.html
────────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓ここから本文となります。

 ■□ 本日の株式市場の全般的な動き □■

 10月25日の東京株式市場は、先物主導で売り込まれ日経平均株価は大幅反
落いたしました。
  昨晩の米NY株式市場は反発。DOWは+95ドルの15,509ドル、NASDAQ総合指
数は+21.89ポイントの3,928.96ポイントでした。
  寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況は売り970万株、買い1,290万
株で、差し引き320万株の買い越し。金額ベース(6社)も買い越しでした。

  東京株式市場は、円相場の強含みやアジア株の軟調が重荷となり、輸出関
連株を中心に幅広い銘柄が売られ下落しました。
  日経平均株価は、始値14,439円と前日終値14,486円から47円安くスタート。
円高進行が警戒され幅広い銘柄が売られ下げ幅を拡げ、−398円の14,088円で
本日の取引を終えました。
  東証1部の騰落数は、値上がり186銘柄、値下がり1,501銘柄、変わらずは
69銘柄。東証1部の売買代金は2兆833億円、売買高は24億1,139万株でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※日経平均株価は−398円と14,088円と大幅反落。先物主導で売られる。※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■□ 主力株・1部2部銘柄などの動き □■

 週末金曜日、本日の東京株式市場は主力株を筆頭に幅広い銘柄が売られ全
面安となりました。
  個別では、三菱UFJFG(8306)、みずほFG(8411)、りそなHD(8308)
など大手銀行株や、大和証券グループ本社(8601)、松井証券(8628)、マネッ
クスグループ(8698)など証券株は売られ下落。

  また、三菱地所(8802)、三井不動産(8801)、東京建物(8804)など不動産株
や、第一生命保険(8750)、東京海上HD(8766)、T&DHD(8795)など保険
株、三菱倉庫(9301)、住友倉庫(9303)、三井倉庫(9302)など倉庫株も売られ
下落。
  更に、トヨタ自動車(7203)、マツダ(7261)、ホンダ(7267)など自動車株や、
ブリヂストン(5108)、横浜ゴム(5101)などタイヤ株、新日鐵住金(5401)、神
戸製鋼所(5406)など鉄鋼株、東芝(6502)、パナソニック(6752)、日立製作所
(6501)など電機株も売られ下落しました。

  そのなか目立った銘柄では、LINEが東京証券取引所に上場する方針を
固めたと報道が好感され携帯向けに電子書籍やコンテンツ・アプリなどを展
開するネオス(3627)が+256円の1,760円と大幅高となり東証1部上昇率ランキ
ングトップに君臨。業績上方修正が引き続き好感された加賀電子(8154)が+
86円の1,128円と買われ同ランキング2位にランクイン。
  その他、アイスタイル(3660)、富士通ゼネラル(6755)、SMK(6798)、日
本アジア投資(8518)、日立キャピタル(8586)、大豊建設(1822)、サニックス(
4651)なども買われ目立った上昇となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※ネオス(3627)が+256円の1,760円と大幅高。LINE関連として買われる。※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■□ 新興市場銘柄の動きと投資戦略 □■

 本日の新興市場は、日経平均株価の大幅安に歩調を合わせ軟調な銘柄が散
見されます。
  主力株では、一建設(3268)、デジタルガレージ(4819)、ファンコミュニケ
ーションズ(2461)、タカラバイオ(4974)などは上昇いたしましたが、ガンホ
ーオンライン(3765)、いちごグループ(2337)、JTEC(7774)、リプロセル
(4978)、レーサム(8890)、サイバーエージェント(4751)、ユーグレナ(2931)
などは売り物に押され下落しました。

  新興市場指数は、JASDAQ平均は反落、マザーズ指数は小幅続伸となってお
ります。
  目立った銘柄では、ハイパー(3054)、東京一番フーズ(3067)、アルファグ
ループ(3322)、ワイエスフード(3358)、ネットイヤーグループ(3622)、シス
テム情報(3677)、フライトホールディングス(3753)、メディア工房(3815)、
フリービット(3843)、Jストリーム(4308)などがストップ高となっておりま
す。

  さて東京株式市場ですが、昨日は下値抵抗を見せ反発したのですが、今日
は全面安で日経平均株価は398円安と売り崩されました。ソフトバンク(9984)
が−370円の7,400円と売られたことも相場を冷やしております。
  ただその中、熊谷組(1861)は続伸。LINE関連銘柄が一斉高となるなど、材
料株物色は続いております。来週もこのような流れが続くと思われますので、
材料株を個別重視で見ていきましょう。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※メディア工房(3815)、フリービット(3843)、Jストリーム(4308)S高に。※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■□ 日経平均株価の動向と予想 □■

 本日の日経平均株価は−398円と14,088円と大幅反落。TOPIXも-25.07の1,1
78.28ポイントと反落いたしました。
  昨晩の米NY株式市場は反発。経済指標で連邦準備理事会(FRB)が量的緩
和を維持するとの見方が強まったほか、好調な企業決算も支援材料となりまし
た。米住宅建設第大手パルトグループは、決算発表の際に新規受注の減速が
「短期的にとどまる」との見通しを示したことから7%上昇。通期業績の予想
を上方修正したフォード・モーターも1.4%の上昇となりました。

  東京株式市場は、米NY株式市場は上昇しましたが、シカゴ平均株価先物は
安く為替の円高進行への懸念なども弱気材料となり、売り優勢で取引が始まり
ました。
  日経平均株価は−47円の14,439円と安い位置でスタートいたしました。寄
付き後も軟調な動きが続き−173円の14,312円で前場の取引を終えました。後
場に入ると先物主導で下げは加速。結局−398円の14,088円まで下落し本日の
取引を終えました。安値引けです。

  日経平均株価の中期基調は上向きからフラットに。短期基調はフラットか
ら下向きに転換。日経平均株価のサイコロは○○○○○○●○○●○●「9勝
3敗」。日足は窓を開け幅のある陰線を形成しました。
  市場では「ドル安/円高進行を警戒して先物主導で値を下げている。オー
バーナイトでポジションを持たない短期筋の需給動向に左右される格好」「中
国の銀行間金利が上昇しており、今年6月のような中国での金融システムの混
乱を招くのではとの懸念が強まった」などと指摘されております。

  マエストロでは、『調整入り』を先日お伝えいたしました。調整といって
も大きく下落する「価格の調整」と、ダラダラともみ合う「時間の調整」があ
り、今回はそれほど下落しない後者となりそうだと予想しておりました。
  しかし、本日398円安と予想以上に下げてきました。来週は10月8日安値の
13,748円を割り込まずに反転し、引き続き三角保ち合いを煮詰めていく動きを
予想しておりますが、10月8日安値の13,748円を割り込んでくると、調整期間
・価格ともに広がることとなりそうです。
  いずれにしても日経平均株価は綺麗に三角保ち合いを形成しております。
この三角保ち合いも徐々に上下振幅が狭まり煮詰まり感が出てくるでしょう。
その後『上放れ』に至れば、いよいよアベノミクス上昇第2波動入りとなりま
す。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-02  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土・日・祝祭日を除く)  
Score!: 78 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。